2019年11月02日

終わってしまった、、、

2019年日本ラグビーワールドカップは、
南アフリカ共和国32 - 12イングランドで
南アフリカ共和国がイングランドを破り、
優勝し、すべての試合が終わりました。

いやあ、それにしてもラグビーは激しい

44日間という長期間とはいえ、
この間に超真剣勝負の肉弾戦を、
7試合も戦い続けてきた両雄には、
心から尊敬の念を持ちます。

さすがに特にイングランドチームは
後半足が止まってしまったところは
ありましたが、やむを得ないでしょう。

前回の記事で紹介しましたが、
ラグビーワールドカップの公式SNSでは
決勝戦の舞台裏を含め、本当にほろりとする
シーンが詰まっていて、
ラグビーの素晴らしさと、
我が国の素晴らしさが伝わってきます。
これを見ているだけで心が温まります。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

ちなみに?南アフリカ共和国が勝ってくれたので、
その南アフリカ共和国に負けてしまった
我が国としても、ちょっと嬉しい気持ちになりますね(笑)
ちょっと負け惜しみっぽいところがありますが(笑)

そういえば、この大会の中で、
その南アフリカ共和国に勝った唯一のチームが
あのオールブラックスのニュージーランド
というのも、なんとなく出来過ぎ?な
気もしますね(笑)
posted by まろん at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかすべてが詰まっている気がする、、、

前回の記事で書いたとおり、今日11/2が
長期間に及ぶ2019年日本ラグビーワールドカープの
最終戦である決勝戦が行われます

この期間中よく見ているとSNSのサイトが
こちらなのですが、
ラグビーが紳士のスポーツであるという
ラグビーの素晴らしさ、良さが詰まっている気がします

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

そして、選手の皆さんが我が国を満喫し、
堪能していただいていることも同時に
実感として感じることができます

この期間には、天皇陛下即位礼正殿の儀も
執り行われましたので、我が国の伝統や
文化の素晴らしさ、
世界で唯一無二の偉大な国家であることも
合わせて感じていただけたのではないかと
思います。


それにしても真剣勝負の戦いが終わった後に
フィールドに子供たちを招き入れ、
フィールドを一緒に歩んだり、
昨日は3位のゴールドメダルを受け取る
シーンというのは、なんとも感動的で、
ほろりとしてしまいます。
posted by まろん at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ決勝戦、、、

我が国で行われている
2019年日本ラグビーワールドカップも
残すところあと1試合、決勝戦だけとなりました。

対戦カードは、あのラグビーの象徴とも言える
ニュージーランド、オールブラックスに
勝ちきったイングランドと、
準々決勝で我が国の夢を砕いた古豪の
南アフリカ共和国

わくわくするような顔合わせです
まあ、我が国の国民の一人としては、
当然のことながら?南アフリカ共和国に
勝ってもらいたいところですが、
イングランドの巧みさも素晴らしいので、
いずれにせよ好勝負になることでしょう。


ちなみに今日11/1に3位決定戦が行われ、
ニュージーランドが、ウェールズを圧倒し、
ニュージーランド40 - 17ウェールズ
でニュージーランドが勝ちました

手に汗握るような、命を賭けているかのような
真剣勝負、死闘の中には、
ちょっとしたことでチームのバランスが
崩れて力の差以上の大差がつくこともあれば、
トライが全くでないスクラムやモールでの
肉弾戦による均衡による僅差による勝利など
まさに勝負の醍醐味が詰まっています。

そして、起死回生のタックル、
信じられないようなお手玉(ノックオン)、
隙を突いた飛び込んでのトライ、
わずかな隙間をスピードで抜ききった劇的なトライなど、
歴史的なシーンも数多く見ることができました。

これほどの真剣勝負が繰り広げられ、
それが国内で生で観れるということになれば、
ラグビーファンも増えるわけです

まろんも故平尾誠二氏が現役の時には、
大学ラグビーや社会人ラグビーを
よく観ていましたが、久しぶりにわくわくするような
ラグビーの魅力のとりこになっています(笑)
posted by まろん at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする