2019年02月17日

広島好き、、、

昨年7月に発生した平成30年7月豪雨により
四国、中国地方を中心に、東日本大震災の
大津波の被害に匹敵するような大水害が
引き起こされ、未だ鉄道網が復旧していない
ぐらいの大規模な被害がもたらされました。

いつもであれば、まろんブログの方針?
として、できる限り早い段階で現地に
現場を訪れて、現場を観て、聴いて、
匂って、感じて、触って、現場の状況を
ブログの記事を書くとともに、
まろんのわずかばかりの経済活動を
するところですが、
昨年は4回転職をしたことで、
タイミングがあわなかったことや、
天候事情、金欠などの事情により、
現場を訪れることができませんでした。

特にまろんのLINE友達の素敵すぎる女性の
親族が広島に住んでいることや、
数年前にまろんのご近所さんで、
何度も食事会や準女子会を楽しんで
まろんブログにも何度も登場した女性の
出身地が広島なので、
現場の様子が気になって仕方がなかったため、
昨年は本当に心の底から忸怩たる思いに
駆られた半年だったといえます

そんな状況で被災地の支援のために
できることといえば、経済的な支援しかありません。

幸いにも東京という我が国で最も人口が多く、
経済の中心地ともなっている街に住んでいると、
各地のほとんどのアンテナショップが
東京にあるため、土日祝日で時間があるときは、
瀬戸内とか、広島とかのアンテナショップを
訪れて、色々と買ったりするようにしています。
北海道とかもたまに行ったりしています。

ちなみにしばしば自家製のレモンシロップを
作っていますが、そのレモンは広島の
アンテナショップの広島産のレモンを
使っています。

ということで、今日も銀座にある広島の
アンテナショップに行き、
レモンシロップ用のレモンと、
あとこんなお菓子を買ってしまいました

P_20190217_183918.jpg

P_20190217_183846.jpg

ちなみにイカ天はLINE友達の素敵すぎる女性
から教えてもらったお菓子で、これは
病みつきになるタイプの、
一番あかんやつ、になってしまう可能性が
高いお菓子です(笑)

そういえばレモンシロップも彼女に
教えてもらったので、やっぱり
まろんにものすごく影響を与えてくれる
素敵すぎる女性なのです(笑)
posted by まろん at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | 平成30年7月豪雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

どんどん復旧していく、、、

今月はじめに発生した目を覆いたくなるような
まるで大津波の襲来のような豪雨と、
それに伴う河川の氾濫、
土砂崩れ

200人以上の多くの犠牲者と行方不明者
そして未だ元の生活に戻れない多くの被災者

誰もがその記憶に残る東日本大震災の再来
のようにも感じました。

その平成30年7月豪雨によって、
交通網も寸断され、地域の足でもあった
鉄道網もあちこちで寸断されました。

JR西日本の広島、岡山を中心とした鉄路は、
当初見込みでは復旧まで1年以上かかるという
発表がされるほどに、
その範囲も規模も、甚大なものでした。

それから1ヶ月弱が経過しましたが、
こんな感じでまだまだ復旧できていない
区間がありますが、それでも福山-三原間、
岡山-総社間などなど、相当数の区間が
日々復旧を遂げていて、被災地の方々の
足として、支えになっています。

ちなみに平成30年7月豪雨によるJR西日本の
被害状況はこんな感じです

まろんは旅好きですが、その足はほとんどが
鉄道なので、正直なところ、こういう災害で
鉄路が寸断されると、相当心が痛むのですが、
こうやって復旧していくのを見ていると、
少しずつ心やすらぐ感じになります。

まだまだ先は長いとは思いますが、
前倒しで復旧する区間もあるとの情報もあり、
心から被災地の復旧、復興を祈念致します。
posted by まろん at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | 平成30年7月豪雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

酷暑の一日、、、

7/14
今日は本当に暑かった、、、
蒸しっとした最近の我が国の夏特有の
熱帯のような暑さ、、、

しかしまろんはほとんど冷房が効いた室内、
車内にいたため、暑さを実感したのは
ほんの1時間もなかったかもしれません。

そんなまろんが気にかけるのは、本当に
気が引けるのですが、
平成30年7月豪雨の被災地では、
ボランティアの方々の協力を得て、
この酷暑の中、土ぼこりがたちこめる現場で、
がれきの片付けなどに取り組まれ、
JRなどの不通になっているところでは、
作業員の方々が復旧作業に尽力され、
自衛隊、警察、消防、役所の方々は
人命救助、捜索、必要な事務作業などなどに
尽力されています。

こんな大変なときに、そんなに暑くならなくても、
いいじゃないか!!!
と心の底から思いますが、
東日本大震災のときは雪が降る酷寒の3月に
大津波が押し寄せて、海水にぬれた寒い身体を
震わせながら、避難された多くの被災者が
いたということで、自然の力、容赦なさに、
人智の無力さを痛感してしまいます。

ただ、現在の危機管理に強い政府が、東日本大震災、
熊本・大分地震、鳥取地震、大阪北部地震などの、
様々な危機を経験したことで学んだ支援の手法として
プッシュ型の支援をしていることもあって、
被災地にはスポットクーラーが配備されたり、
食料の供給も様々なニーズに合わせて
実施されていたり、
早々に激震災害指定の手続きが進められたり、
といったフォローが迅速にされているようです。

また一方でボランティアの方々がこの連休に
多く支援に訪れているということで、
被災者の方々の支援、フォローが、
かなり行われているのは、
無力感がいっぱいのまろんにとっては、
一筋の安心になっています。

この酷暑がまだ続くということですが、
無理することなく、休みながら、
今は後ろ向きになっても、後ずさっても良いので、
わずかづつでも、少しづつでいいので、
前に向かって進むことができるよう、
遠く東京から祈念しています。

被害者の方々、そして被災者の方々に
心の底からご冥福と、お見舞いを
申し上げます。
posted by まろん at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | 平成30年7月豪雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする