2018年06月26日

香水男子がいっぱい

まろんが高校生のときからずっと香水を
つけていることは、まろんブログが
はじまった12年前の記事で書いたことが
あるのですが、今まで生きてきた中で、
香水をつけている男の知り合いというのは、
おそらく一人か二人ぐらいだと思います。

また、今までの27社の会社においても、
同僚の男で香水をつけているというのは
ほとんど記憶にありません。

しかし、今の28社目の会社では、
汐留という土地柄もあるのか、
香水をつけている男の同僚がかなりいます。

捨て目捨て耳が習性として
備わっているまろんは、実は捨て鼻でもあり、
汗臭かったり、不快なにおいを拡散する男が
いるのは、それだけでかなり嫌悪感を抱いて
しまうのですが、香水をつけて清潔感を
感じさせるだけで、好感をもてますし、
安心感はありますし、仕事にも集中できます。

まあ、香水がきつすぎるというのも逆効果
ではありますが、まあ不快なにおいよりも
幾分かはましということでしょうか。

ちなみにまろんが仕事をしている部署には、
女性が全くおらず、後3日弱で今の会社は
終了となりますが、今の会社で仕事上
女性と話をしたことは一切ないという
ある意味で貴重な経験をすることに、、、
と、そういえば27社目でも仕事で女性と
一切話していなかったようです。

汐留での27社目、28社目は結局仕事で
女性と一切話をしなかった、
という記憶だけが残る残念な結果になるようです。
おそらくは26社目で話をしすぎた反動かも?(笑)
posted by まろん at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

香水

私は何故か高校生ぐらいのときから「香水」をつけています。
きっかけはなんだったかといえば、確か母親がパートで
働いていたスーパーの化粧品売り場のお姉さまが、
香水を勧めてくれたのがきっかけだったように思います。
それにその当時は、ぴちぴち?のサッカー少年だったので、
泥や汗にまみれて、においに敏感だったんですね。

ちなみに、最初につけていた香水は、資生堂の「Wing」
という香水で、フローラルシトラスの香りがなんともいえず
よかったんですよね。
でもそれが販売停止になり、その後は色々と変遷して、今は
ブルガリブラックとキューアイオムのオードパルファームというのを
日によって付け分けています。
強すぎず、弱すぎず、ほんのりと香るのがなんともいいんですよね。
(まあ、勝手にそう思っているだけですが。。。。。。)

ちなみに、女性の香水やシャンプーの香りも大好きです。
強すぎず、弱すぎない程度であれば。

香りで惹かれるということもあるような気がします。ちょっと危険です。。。
posted by まろん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする