2018年04月24日

幸せな44歳の誕生日

昨日の記事でも書きましたが、今日4/24は
まろんの44歳の誕生日

もう44年も生きてきたのかという気持ちと
まだあと16年も生きなければならないという気持ちが
交錯するそんな1日でした(笑)


さて、この日は嬉しいことに、
誕生日のお祝いメッセージが3件もあって、
1件のまろん母を除いて、
素敵過ぎる、まろんにはもったいなさ過ぎるLINE友達の女性と
いつもの酒豪の女性達の中の丸顔の可愛い女性から、
祝ってもらえるという幸せすぎるひとコマもありました。

ちなみに、この日も仕事は2時間20分ほどの残業で、
その上そろそろプロジェクトの受注の可否も決まりそうで、
はてさて本当にGWの休みが取れるのかも、
ちょっと気になってきました(笑)


44歳を迎えても、まろんの人生はこれまでも、
そして、これからも
素敵な女性に恵まれ過ぎてきたとはいえ、
まずは基本中の基本、基盤となるのは仕事になります。
その仕事を堅実に、誠実に、着実に、柔軟に、

臨機応変に、楽しく、明るく、本質に忠実に
やりこなすことがまろんの道の
揺るぐことのない王道です。

その王道に連れ添ってくれる、
強さを持った優しさのある女性に
44歳を迎えて出会うことができるか、
こればかりはまさに神のみぞ知る、ということでしょう、、、
posted by まろん at 23:36| 東京 🌁| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

43歳最後の日、、、

明日4/24はまろんの44歳の誕生日
ということで、今日4/23はまろんの43歳最後の日

今の28社目の会社に入社当時から、想定していたとおり
プロジェクトを受注するかどうか、という流れの中で、
だんだんと残業が増えてきており、
先週に続いて、この日も月曜日から2時間15分程度の
残業となりました。

仮にプロジェクトが受注になったら、おそらくは
1年程度まろんの身分は安泰なものとなることが
想定できますが、その代わりかなりハードな
残業の嵐になる可能性もあります。

26社目の会社で本格的なプロジェクトに携わっていた
そのときのような状態が続くものと想定されます。

土日祝日とハードなトレーニングを重ねているとはいえ、
44歳の身体でどこまで持ちこたえることができるかと
いう疑念はなくはありませんが、(笑)
そこは経験と、技術力、スキル、知識でカバーして、
より良い仕事を、着実にやり遂げることが、
まろん道において、変わることのない、揺ぎのない
鉄則です。

ちなみに今日もまろん恋焦がれる女性に
会うことができました。
周りに人が多かったため、何も話すことはなかったですが、
癒されたひとときでした。
posted by まろん at 23:40| 東京 ☁| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

親戚の女の子に遊んでもらって人生を学ぶ?

12/16
実家で迎えたこの日
朝9時頃起床し、久しぶりのまろん母の手作りの
朝ごはんを食べたら、親戚の8歳の女の子に
遊んでもらうために、まろん母と一緒に
自宅を出発しました。

途中百貨店でランチになりそうなものや、
クリスマスも近いので?ケーキなどを
購入したら、11時半ぐらいに親戚の家に
到着しました。

そしたらいましたいました
可愛い可愛い親戚の8歳の女の子

0歳の頃ぐらいから子守りをしたり、
遊んでもらったりしてきたのですが、
8歳になりますし、学校にも行っているので、
そろそろ遊んでもらえなくなるかなあと、
思いつつ、この年齢まで変わりなく
やってきましたが、ある意味では奇跡?とも
いえるかもしれませんし、
時代背景があるのかもしれません。

さて、いつもならすぐにでも公園に行って、
鉄棒などで遊ぶところなのですが、
なんと、寒いから外にはいかない、とのこと。

まさに驚愕のひとことが飛び出しました。
どれだけ寒くても、老体のまろんの身体が
凍えるような寒さであっても、必ず外に
行くといっていたのに、やはりこれは年齢を
重ねてきたということなのかもしれません。

ということで、今回は外出はなく、室内で
ピアノを聴かせてもらったり、
すごろくをしたり、
オセロをしたり、
ブロックスというゲームをしたり、
そして人生ゲームをしたりして、
遊んでもらいました。

彼女は学校以外にも、音楽やそろばんやら体操やら
色んなことにポジティブに、嫌がらずに、
取り組んでいるようで、一人っ子なので、
甘えん坊なところはありますが、
このまましっかりと育っていけば、
社会のために活躍してくれる素質をすごく感じました

特にそろばんは、まろんの経験からしても、
社会人となってもスキルの基盤として活かせる
かなり重要な素養を作ってくれますし、
彼女の計算の早さなどは相当目を見張るものがあります。

身内びいきではなく、まろんのいつもの冷酷なほどの
客観的な視点から見ても、楽しみな人財であるのは
間違いなさそうです。

ということで、親戚の女の子に遊んでもらって、
色々と人生を学ぶことができた一日でした。

ちなみに、親戚の家から実家に戻ったら、
美味しい晩御飯や、帰り際に買ったケーキも食べず、
疲れ?のために、泥のように眠ってしまった
まろんなのでした。。。
posted by まろん at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする