2019年11月06日

2泊3日北海道・東北旅行~帰路編Part2~

※この記事は「2泊3日北海道・東北旅行~帰路編Part1~」の続編です

浪江から代行バスでの富岡までの間は、
東日本大震災によって引き起こされた大津波で
東日本壊滅の危機をもたらした
あの福島第一原子力発電所に近い区間で、
未だに帰還困難区域に指定されているところを
通過します。

この区間を代行バスで通過するのは
5回目?になりますが、回を積み重ねるごとに、
代行バスに乗車する区間は短くなってきて、
確か最初は竜田-原ノ町間でしたが、
富岡-原ノ町、富岡-浪江といった具合に、
常磐線の復旧に合わせて、短くなっているのです

ちなみに、浪江-富岡間は今年度末、
具体的には2020年3月末までに復旧する
予定になっており、これにより
東日本大震災によって不通となった
JR東日本の区間はすべて復旧となります。

浪江から富岡間の代行バスの車窓から
眺める街は、いつ観ても心打たれるものがあり、
2011年3月11日14時46分に発生した
東日本大震災から今日までのことが、
思い巡ってきます。

どこにでもある普通の街が、
まるでもぬけの殻のように
生活感を残したまま誰一人いなくなるという
映画の世界の中のようなことが、
窓の外に広がっているのです

それと同時に長期間復旧、復興できないために、
自然による風化も進みつつあり、
建物の劣化や、地震の影響と思われる
損壊などもあちこちに見られます。

ただ、以前通過したときにはなかったことですが、
浪江近くなど、1、2名程度ですが、
人の姿があったり、新しくできたであろう
コンビニエンスストアがあったり、
本当の生活感がわずかでも見えたのは、
帰還困難地域から解除された街には、
人が戻りはじめた証左でもあり、
希望が見えたようにも感じました。

しかし、まだまだこれからであって、
ある意味ではこれからが大事にもなるように思います。

富岡に着いたら、JRに乗り換えて
富岡⇒いわき
いわきで乗り換えて
いわき⇒水戸
水戸からは今回の旅行最後を締めくくるため?(笑)
特急ひたち号に乗車し、
水戸⇒柏
柏で乗り換えて
柏⇒新松戸
新松戸で乗り換えて
新松戸⇒西船橋

西船橋で東西線に乗り換えて
西船橋⇒葛西
ということで、8/30に北海道に着陸してから、
陸路でつないできた旅路は
9/2の夜に終わりを告げたのでした。

1年半ぶりの泊まり込みの2泊3日旅行は
色々なことがあり、充実した日々でした
posted by まろん at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

2泊3日北海道・東北旅行~帰路編Part1~

※この記事は「2泊3日北海道・東北旅行~陸前高田編~」の続編です

前回の記事のあと、あまりにも書きたい記事が
多くなりすぎたために、続編が2か月も経過した
今日になってしまいました、、、(笑)

柳津に到着したら、今度はJRに乗り換えて、
柳津⇒前谷地

ちなみに柳津のBRTの乗り場は、以前は、
柳津駅の改札を出たすぐのトイレの近くに
あったのですが、この日BRTの柳津駅で
バスから下車すると、柳津駅とつなぐ通路が
できていて、非常に便利に乗り換えが
できるようになっていました。

BRTは実質的にバス、という柔軟性を生かし、
住民の利便性を向上させており、
新しい駅ができたり、進化を続けているようです
これは鉄路ということにこだわり過ぎないことによる
多いなるアドバンテージといえます

前谷地で小牛田行きに乗り換えて、
前谷地⇒小牛田
小牛田で再び乗り換えて
小牛田⇒仙台

北海道に着陸してはじまった今回の旅も、
ついに仙台まで南下してきたことになります

仙台ではちょうど昼食の時間だったため、
いつもの?寿司屋さんで食事をしようと
思いましたが、この日はどの店も
行列ができるほどの人込みだったため、
入ることができず、結局地下の郷土料理の
お店で本まぐろ丼を食べることにしました。

今回の旅行で青森に泊まったときのことを
記事に書きました
が、そのとき
過去に本まぐろを食べて、衝撃を受けたことを
記したのですが、その本まぐろと比べると、
かなり味、質ともに落ちますが、
美味しかったです。
まあ、比べるのが野暮というものです(笑)

今回の旅行の最後の食事を頼んだら、
最後のひと踏ん張りということで、
まずは仙台から常磐線を経由して
仙台⇒原ノ町
原ノ町で乗り換えて
原ノ町⇒浪江

浪江からは東日本大震災の甚大な被害によって、
JR東日本管轄で唯一不通となっている区間
となっているため、代行バスにより
浪江⇒富岡
~続く~
posted by まろん at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

外房線⇒内房線で房総半島一周、、、

10/20
久しぶりの仕事のない日曜日

先月3連休を活用して千葉に行く予定に
していましたが、土曜日と祝日出勤などにより、
結局行くことができなかった千葉県に、
今日日帰りで行ってきました

先月東京と千葉中心に、特に暴風の猛威を
振るった台風15号の爪痕が残る千葉県は、
先週の先々週の台風19号の暴風雨にも
晒されました。

その二つの台風によって被害を受けた
被災地の状況を現場で、実際に観て、
聴いて、触って、匂って、感じてくることが、
重要なことです。

ただし、今回は全体像をつかむ意味からも、
まずは電車で周って、車窓から全体的な様子を
とらえておこうと考え、
特に被害が大きかった安房鴨川、館山などを
広く見れるJRの外房線と内房線を使って
ぐるっと1周することにしました

車窓から眺める房総半島は、海が見えて、
まろん好みで、ついついそちらに目が
奪われてしまいますが、
街中にブルーシートが点在する様子が
垣間見え、結構しっかりした家屋で
あるように見えるところも、
ぼろぼろと壊れているところもありました。

特に安房鴨川から館山あたりについては、
被害状況も大きいように見えました。

ただ、率直なところ車窓から見える範囲では、
台風15号からでいえば、1か月以上経過しているため、
かなり復旧が進んでいるようにも見え、
象徴的なブルーシートを除くと、
被災状況がわかりづらく、なっていました。

やはりもう少し深く入っていかないと、
現場を知ることは難しそうですが、
次の目的地はだいたい固まりました。

ちなみに、ちょっとやってしまった話としては、
もう季節は冬に近づき、驚くほどに
日の入りが早くなっていて、
17時を過ぎると、ほとんど車窓から、
何も見えなくなってしまうというのは、
少々計算外でした

まあ、もうすぐ11月にもなろうとしているので、
当然なのですが、日常生活を送っているだけだと、
なかなか認識しづらいことなのかもしれません。

千葉については、トクトクきっぷを活用して、
一泊で改めていく予定にしていますので、
詳細は改めて書くことにします。
posted by まろん at 22:32| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする