2020年06月28日

まろんが生まれた年の映画、、、

とある漫才師、噺家の影響で(笑)、
とある動画サイトで鑑賞してしまった?映画
「砂の器」

この映画はまろんが生まれた年の1974年に
公開された映画で、原作は松本清張さん

とはいえ、まろんは原作は読んだことはなく、
今回映画だけをはじめて鑑賞したのですが、
なんとも味わい深い、奥のある、
そして人間というものを、
そして人間に課せられた「宿命」と
いうものを痛切に感じざるをえませんでした。

そして、映画における音楽が、映画を凌ぐほどの
素晴らしい効果と、感動を呼び起こすもので
あるということを痛感しました。


今やその話題自体を扱うことが自制されている
ハンセン病(映画内ではらい病と呼称)と
ハンセン病にまつわる差別

人間社会には必ず存在する凄惨ないじめ、
そしてそのような背景で起こっている
壮絶、凄惨な人生を歩まざるを得ない人々の存在

戦後の我が国は経済成長を遂げ、
またハンセン病自体への偏見も解消され、
この映画で語られているような時代背景は
今の時代には適さないところは
多分にあります

しかし、そのような時代を超えてきたからこそ
今の時代がある、ということと共に、
経済成長した我が国において、
この映画で語られていることがないのかといえば、
決してそんなことはなく、
今も変わらず存在し続けているのです

その明確な一端として表に情報が現れるのが、
児童虐待や、通り魔犯行などの
普通の理解では考えられない事件なのです

何故そんなことが、今の時代に存在するのか?
と思う人々がほとんどなのかもしれませんが、
それは単に、彼ら彼女らが、
まさに偶然、一定レベルの生活を確保でき、
一定のレベルの人間関係を構築できたからに
他なりませんし、
明日の我が身になることもありえることなのです

我々人間は「宿命」に左右されるとは言いますが、
まさにそういうことです

ただし、その「宿命」に左右されることなく、
「宿命」に向き合い、対峙し、その「宿命」を
乗り越えることができる、
それも我々人間の「宿命」とも言えます
posted by まろん at 12:59| 東京 ☔| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

転職を重ねた本当の理由とは、、、

さて、今回書く記事は、まろんブログを
長くご覧になられている方ほど、
不可解に思われていたことについて、
書いてみることにします。

なぜまろんは31回も転職を積み重ねてきたのか?
我が国にはそんなにダメな会社が多いのか?
それともまろんがこだわりすぎなのか?
まろんが我慢を知らず、理想ばかり追い求め過ぎではないのか?

なんてことは、よく言われますし、
確かに当たっていることも多々あります

しかし、まろんが転職を重ねてきた本当の理由、
その根本的なものは、、、報酬です
つまり、お金のお話です

まろんが生まれた昭和49年、西暦1974年の
世代の人々は、未だ終身雇用、年功序列の時代で、
新卒で公務員、大企業に入った人と、
そうではなかった人の人生の歩みは、
非常に大きな時代でもありました。

その上まろんは2年浪人して大学に入り、
1年留年して大学を卒業し、
その上2年ほど司法試験を受験し、
新卒ではなかった、ということもあって、
正社員には程遠く、最初は時給待遇で
仕事をはじめるような状況でした

そんなはじまりではありましたが、
ベンチャー企業でもまれ続けたおかげで、
極稀な有意義な経験と知識と、スキルを
身につけつつ、ステップアップをしてきました

しかし、元々の出だしが良くなかった
まろんの前には、それほど良い会社は現れず、
その上待遇にも恵まれず、
結果どんどん転職を重ねることになりました

それとともに転職活動期間の金銭を賄うための
借金も増え続けて、
入社したものの金銭的な部分で折り合わず、
再び転職するということになったこともありました

そういうある意味では泥沼?のような
状況から脱しはじめたのが、6年前の西暦2014年に、
通算3回目の東京進出を果たした時でした

しかし、そこでも想定したよりも残業が
少なすぎたり、やるべき業務がなかったり、
ということもあって、転職を繰り返したわけですが、
決定的にこの流れから脱したのが、
前職の通算31社目と、32社目で、
やっと本来あるべきと思っていた報酬を
手にすることができるようになったのです。

大学卒業から20年を経過し、まさに借金を
返すためだけに、やにくもに働いていた時期も
ありましたが、やっと辿り着くことが
できた場所とも言えます。


ただ、まろんの人生は残り14年とは言え、
まだまだ先に辿り着かなければならない
到達点がありますし、そこのつながる
まろん道、は切れることなく続いています

もはや転職をする意味も、理由もありませんし、
今のまま継続して働くことが、まろんの既得権を
守ることにもなりますし、保身にもなります

しかし前回の記事で書いたとおり
まろんは再び転職活動をはじめました。

つまり転職を重ねた本当の理由というのは、
根本は報酬であり、お金であったのは
間違いありませんが、
それ以前のこととして、突き動かしているものがあるのです

それは仕事へのプロフェッショナル意識であり、プライドです

それがまろんの中になければ、たとえお金のためとはいえ、
どうしようもない会社や、
明日にでも辞めたいと思うような会社においても、
質の高い仕事をやり尽くすことはできるわけがありません
posted by まろん at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

今月4回目の出勤、、、

先月5/25に緊急事態宣言が解除され、
まろんの会社では、当日の出勤者が
50%以内に収まることが条件で、
6/1から出勤が解禁され、まろんも
ほぼ週1回か2回のペースで
出勤を開始しています

今の会社に入社した4月1日の段階では
既にリモートワークに入っていた人が
ほとんどで、なおかつまろん自身も
翌週からリモートワークになったため、
まろんが参画しているプロジェクトの
他の人たちとは、まったく顔を合わすこともなく
Web会議で議論をしたり、
個別にWeb電話で会話をしたりという状態が続いていました

まあ、当然のことながら、すべてがはじめての
経験でもあったわけですが、
なんとも不思議な状態でした。

そんな状態から、今月に入り出勤が解禁されたことで、
まろんが担当しているチームの古株で
よくWeb電話で話をしていた人と挨拶をかわし、
その後徐々に挨拶をする人が増えていき、
相当数の人と顔と名前が合った普通の状態に
なってきました(笑)

まろんの年齢だと、顔と名前、その人の雰囲気などを
総合的に観たり、聴いたりしながら、
仕事を進めるのが普通、
というかそれは年齢に限らず普通なのかもしれませんが、
先月まではある意味で目隠しをされながら仕事を
しているような感じでもありました。

ただ、今後は、社会の変化や技術の発展によって、
先月までの状態が主、となる可能性もあるのかな、
と思うこともあります

ある意味で人間的な個性に限定されず、
仕事中心、で様々な人が集まり、
仕事を遂げて、
また別の仕事があれば、様々な人が集まり、
仕事を遂げて、
というのが当たり前になるのかもしれません。

そういう時代になったとしても、柔軟かつ
臨機応変に対応できるか、
その中で実績を残すことができるのか、
ということが問われる時代が、
やってくるのかもしれないですね

まあ、そんな時代になったとしても、
まろん道を歩み続けるまろんであれば、
しっかりと対応できるのだろうと、
なんとなく?(笑)思う今日この頃です
posted by まろん at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする