2021年07月22日

三陸復興国立公園岩井崎にて

陸前階上の三陸復興国立公園岩井崎に着いたら、曇り空の中ぶらぶら歩きながら
美しい三陸の海を観て、波の音を聴いて、さわやかな海風を感じ、潮の香りを楽しみました

海岸線のリアス式海岸ならではの荒々しい岩場を歩き、岩の隙間から潮が噴き出す
珍しい自然の営みを撮影したり、大防潮堤を歩いたり、大好きな海を満喫しました
それにしても曇り空で良かったと心の底から思ったひとときでした(笑)

ちなみにこれは岩井崎にある東日本大震災で生き残った松の木で、その姿が
まるで龍の形をしているため龍の松と呼ばれています
819BF4CE-D247-4157-A370-EE5C29E0E6A6.jpeg
posted by まろん at 14:05| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください