2020年02月19日

武漢肺炎についてのまろんのはじめての見解②

前回の記事で昨年12月から発生している
武漢肺炎について、はじめての見解を
書きました
が、今日はその続き
ということで、政策論の話を書くことにします。

政策論、というと難しい話のようですが、
最近まろんが最も信頼している論客でもあり、
情報史学のスペシャリストの
江崎道朗氏がネット番組で紹介していたことを
書くことによって、今回の武漢肺炎に対する
政府の対応の問題、課題と、
今後の対策、対応について書きます。

これは政府に限らず、会社や組織でも、
基本的にすべて当てはまることだと
思いますが、政策というものが実際に
実行に移されるまでの間には、
以下の6つの過程、プロセスを踏む必要があります。

1.意思、意志、目標設定
2.情報の収集
3.情報の分析
4.情報の評価
5.政策の立案
6.政策の実施計画

この6つの過程、プロセスを経ることで、
最終的に政策の実行が実現できるわけです

こうやって書いてみると、おそらくすべての人が、
何らかの行動を実行に移すまでにこれらの
過程、プロセスを経由していることに
気づかれるのではないでしょうか?

もちろん仕事をしている人、
仕事で特に管理者の役割を担う人、
経営の立場に立っている人は、
常にこれを実施しているでしょうし、
この過程、プロセスのどれが未熟であっても、
最終的に政策の実行へとつながらないばかりか、
仮に政策を実行しても、望んでいた結果に
ならないという悲劇的なことになります。

さて、ここで武漢肺炎の話に戻りますが、
今回の武漢肺炎のきっかけは昨年の
令和元年12月頃

危機管理の一部の人は、そのことに気づいていた
形跡はあるようですが、ほとんどの人は
それに気づかず、普通の生活を送っていました

それから1か月が経過し、事態がどんどんと
悪化し、もはや武漢ないしは中国でも
それを隠し切れないという段階になり、
現在のような状態へと進んできたわけですが、
政府が政策を実行に移すためには、
先述の1.~6.の過程、プロセスが必要不可欠で
あるにもかかわらず、
感染病、そして発生場所が中国、ということで、
徹底的に、明らかに不足していたのが、
2.の情報の収集です

そして江崎道朗氏が最も指摘されていたのが、
戦後、敗戦国のレッテルを貼られ、
手かせ足かせをはめられてしまった
我が国に最も不足している能力が情報収集であり、
それを司る機関、人員がいないということなのです

戦前の我が国には、戦後の米国をはじめとした
多くの国が模範とするような情報機関があり、
情報収集については、秀でた能力を堅持していました。

しかし、戦後、敗戦国となった我が国は、
そのような機関も、人材も亡きものとされ、
他国の情報に頼らざるを得ない状況に
陥ってしまいました。

今回の武漢肺炎、新しい伝染病という事態に
対峙するために、最も必要とされる情報の収集が
欠如したことが、その後対応の遅れを
導いたというのは、明らかに事実であろうと
まろんは考えています。

もちろん東日本大震災という、ほとんどの国民が
その必要性を目の当たりにしたにもかかわらず
緊急事態における非常措置を取ることができる
憲法改正を含めた法律の整備ができていない
というのも、この事態に拍車をかけたのは
間違いありません。


ちなみに3.の情報の分析、4.の分析の評価、
という点については、危機管理に強い現政権により、
国家安全保障会議(NSC)が創立されたことで、
一定程度実現できているといえます

ただし、今回の武漢肺炎については、2.の
情報の収集が不十分過ぎたことで、
NSCの開催自体が行われていないようで、
まさに絵に描いた餅になってしまっています。

もしかしたら、感染力が強いものの、
致死率が低すぎることで、身に迫るような
危機感が醸成しずらいということも
あったのかもしれませんが、
今後どうなるかわかりませんが、
次により深刻な感染病が発生した場合に、
着実に対峙できる体制の整備が求められているのは
間違いありません。
posted by まろん at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください