2020年01月17日

常に先を先を見越して、、、

圧倒的な転職回数と、
圧倒的な職務経験、
豊富なマネージメント経験、
大阪人気質を生かしたコミュニケーション能力
などなど、通算31社もの会社を転々として、
身につけたものは、非常に有意義であり、
非常に稀有な貴重なかけがえのない経験の
積み重ねの結果であると考えています

そして、このような結果を生み出した
その大元となったものは、
今回の記事のタイトルのとおり、
常に先を先を見越して、考え、試行錯誤し、
行動してきたことであろうと
最近特に思い至ります。

ただし、ここで書いておかなければならないのは、
この常に先を先を見越して、考えたり、試行錯誤したり、
行動することができたのは、
まろんが独身であり、我が身以外のことを
ほとんど考える必要がなかっただけであって、
まろんと同年代の女性も男も、
普通?であれば、結婚して、
恵まれることがあれば、子供が持ち、
ペットを飼い、自分以外のことも
我がごとのように真剣に考え、悩み、苦しみ、
日常生活をより安心して暮らせるように
生活していて、先を先を見越すという
余裕など本来はありません。

そういう意味では、まろんは楽をしているとも言えますし、
自分勝手に生きてきた、とも言えるでしょう。

とはいえ、そういう生き方を選択した以上は
それに相応した日々刃の上を歩くかのような
リスクのある生活さえ覚悟しなければなりません

そして、そのリスクを覚悟しているからこそ、
先を先を見越すことが、
我が身を置く刃に、我が身を切り割かれることなく
次の刃の上に渡るための唯一無二の方法となってくるのです

だからこそ、まろんの先を先を見越すことは、
ここここに至るまで研ぎ澄まされてきたとも言えます。

さて、ということで、今後のことについても、
先を先を見越して、考えておく必要があります

今の通算31社目の会社の契約期間は
再来月の3月末までとなっていますが、
今の会社内における関係性を考えると、
おそらく更新の打診をいただけるものと
考えていますが、もちろんそれは絶対
ではありません。

特にまろんの場合は待遇が高くなっていますので、
会社都合ということもありえるでしょう。

次にそもそも4月以降にまろんが携わる
仕事、プロジェクトがあるかというと、
そこが少々怪しいことがある程度見越せています

そうなると仕事がなくて、という飼殺し的な
感じになる、ということにもありえます。

また、昨年10月に引き上げられてしまった
世紀の大失政の消費税増税によって、
我が国の経済は相当悪化していくことが
見越せる上に、
中東、中国、英国など世界情勢も悪化しつつあり、
今後の仕事探しにも支障が生じる可能性が
見越せます。

ただ、今年は東京五輪があるため、
五輪が終わるまでは、経済情勢は維持される
可能性があることと、
経済情勢が雇用に影響を及ぼすのは、
遅延して生じるため、
今のうちに動いておくことは、
タイミングとしては最適で、場合によっては
史上最高の待遇を更新できる可能性もあります。

というようなことを考えながら、4月以降の
身の振り方と、それまでに何をして、
何を手配して、根回しをして、ということを
しているのが、今のまろんの状況です

まだ2か月以上も先の話ですが、
常に先を先を見越しておくことは、
大事なことです
posted by まろん at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください