2019年11月02日

終わってしまった、、、

2019年日本ラグビーワールドカップは、
南アフリカ共和国32 - 12イングランドで
南アフリカ共和国がイングランドを破り、
優勝し、すべての試合が終わりました。

いやあ、それにしてもラグビーは激しい

44日間という長期間とはいえ、
この間に超真剣勝負の肉弾戦を、
7試合も戦い続けてきた両雄には、
心から尊敬の念を持ちます。

さすがに特にイングランドチームは
後半足が止まってしまったところは
ありましたが、やむを得ないでしょう。

前回の記事で紹介しましたが、
ラグビーワールドカップの公式SNSでは
決勝戦の舞台裏を含め、本当にほろりとする
シーンが詰まっていて、
ラグビーの素晴らしさと、
我が国の素晴らしさが伝わってきます。
これを見ているだけで心が温まります。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

ちなみに?南アフリカ共和国が勝ってくれたので、
その南アフリカ共和国に負けてしまった
我が国としても、ちょっと嬉しい気持ちになりますね(笑)
ちょっと負け惜しみっぽいところがありますが(笑)

そういえば、この大会の中で、
その南アフリカ共和国に勝った唯一のチームが
あのオールブラックスのニュージーランド
というのも、なんとなく出来過ぎ?な
気もしますね(笑)
posted by まろん at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください