2019年11月02日

いよいよ決勝戦、、、

我が国で行われている
2019年日本ラグビーワールドカップも
残すところあと1試合、決勝戦だけとなりました。

対戦カードは、あのラグビーの象徴とも言える
ニュージーランド、オールブラックスに
勝ちきったイングランドと、
準々決勝で我が国の夢を砕いた古豪の
南アフリカ共和国

わくわくするような顔合わせです
まあ、我が国の国民の一人としては、
当然のことながら?南アフリカ共和国に
勝ってもらいたいところですが、
イングランドの巧みさも素晴らしいので、
いずれにせよ好勝負になることでしょう。


ちなみに今日11/1に3位決定戦が行われ、
ニュージーランドが、ウェールズを圧倒し、
ニュージーランド40 - 17ウェールズ
でニュージーランドが勝ちました

手に汗握るような、命を賭けているかのような
真剣勝負、死闘の中には、
ちょっとしたことでチームのバランスが
崩れて力の差以上の大差がつくこともあれば、
トライが全くでないスクラムやモールでの
肉弾戦による均衡による僅差による勝利など
まさに勝負の醍醐味が詰まっています。

そして、起死回生のタックル、
信じられないようなお手玉(ノックオン)、
隙を突いた飛び込んでのトライ、
わずかな隙間をスピードで抜ききった劇的なトライなど、
歴史的なシーンも数多く見ることができました。

これほどの真剣勝負が繰り広げられ、
それが国内で生で観れるということになれば、
ラグビーファンも増えるわけです

まろんも故平尾誠二氏が現役の時には、
大学ラグビーや社会人ラグビーを
よく観ていましたが、久しぶりにわくわくするような
ラグビーの魅力のとりこになっています(笑)
posted by まろん at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください