2019年10月21日

現在進行形のこの凄絶な「真実」に向き合えるか、、、

我が国の敗戦で終結した74年前の第二次世界大戦

その第二次世界大戦で歴史上最も残忍な、
凄絶な人権蹂躙、人権弾圧、
虐殺-ジェノサイドを実行した
ドイツの国民によって支持されたナチスドイツ

ユダヤ人に対して実行した人権侵害は、
苛烈を極めるもので、
今でも人権侵害が行われると、
ナチスドイツの名前が真っ先に我々の脳裏に
浮かぶほどの歴史的な出来事になっています。

しかし、我々は今、現在、まさに現在進行形で、
実行されている人権蹂躙、人権弾圧、
虐殺-ジェノサイドのことを、
ほとんどの人が知りません

それはその第二次世界大戦直後から周到に、
戦略的に行われ、今に至っています。

その現在進行形で実行されている人権蹂躙、
人権弾圧、虐殺-ジェノサイドの実行者は
中国共産党

そして蹂躙され、弾圧され、虐殺されているのは、
チベット人、南モンゴルの人々、
そしてウイグル人です。

その証拠となる動画はこちらです
https://www.youtube.com/watch?v=wxPfdJCKOok

いつもであれば、埋め込み動画にするところですが、
あまりにも無残、残酷極まる動画であるため、
埋め込みすることが憚れたため、
URLを掲載するのみとしました。

この動画は多少古い動画なのですが、
これほどのことが、過去の歴史の1ページではなく、
今現在、まさに今このときにも起こっていることを
我々は認識しなければならないのだと
まろんは思っています。

ちなみに関連動画は、随時アップロードされ、
我々の白日の下にさらされています。

ただ、それを認識したことで、我々が
それを解決するためにできることというのは、、、
まさにその無力さに苛まれてしまいます。

なお、第二次世界大戦後、国連で拒否権を持ち、
世界を支配する地位を獲得した5か国のうち
共産主義の代表格でもある当時のソ連においても、
2000万人ともいわれている自国民への
虐殺-ジェノサイドがあったとされており、
これは共産主義が虐殺国家であることの
証左ともいえます。

当然のことながら我々の祖先が、ソ連の
シベリアの地で、凄惨極まる仕打ちを
受けたことも「真実」の歴史です。
posted by まろん at 21:50| 東京 ☔| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください