2019年10月21日

作戦に嵌ってしまった気がする、、、でも素晴らしかった、、、

今日2019JAPANワールドカップラグビーの
準々決勝最終戦の
日本-南アフリカ共和国戦が行われ、
日本3-南アフリカ共和国26
で日本が敗れました

序盤日本のポゼッション(ボール占有率)が
80%程度あるということで、
一瞬日本が押してる?と思ったものの、
前半と後半の南アフリカ共和国の動きの違い
など細かいところを見ていると、
まろんの勝手な想像ですが、
前回大会の雪辱を、国家のプライドをかけて
晴らしにかかってきている
南アフリカ共和国の周到な作戦だったのは、
間違いないでしょう。

南アフリカ共和国ぐらいの強国、
tier1というランクに入るプライド高い強国であれば、
いつもどおりの戦い方だろうと、
日本を打ち破る力を持っているはずにもかかわらず、
ここまで周到な作戦を仕組んでくるというのは、
ワールドカップラグビー優勝というプライド
が何よりも重要であるということであり、
そして我が国のラグビーが彼の国に
認められたということに他なりません。

初のベスト8に至るまでに、とんでもないほどの
練習を積んできたらしですが、
それでも超えられない大きい壁

それを乗り越えて、ベスト4、決勝戦、優勝へと
進んでいくために、次に何を積み重ねていくか、
そのことに非常に興味があります。

何はともあれ、選手の皆さん
本当にお疲れ様でした
しばしの休息を満喫してください
そしてありがとうございました!
posted by まろん at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください