2019年10月14日

台風19号明けの日曜日出勤顛末、、、

我が国に甚大な被害をもたらした台風19号

我が国の各地の幾多の河川を氾濫させ、
少なくない人々の命を奪い、
多くの被災者を生み出し、
甚大な損壊をもたらした災厄の源は、
既に太平洋の彼方に消え去り、
もはやこの世には存在しません

我々は長きにわたり、その災厄に苦しめられ、
そのたびごとに復旧、復興を繰り返すものの、
またその災厄が訪れ、ぶち壊されるという
繰り返しの時代を積み重ねてきました。

その中で我々は自然とその災厄を受け入れ、
どのように向き合っていくか、
どのように対処するかということを
自然と身につけてきたといっても過言ではありません。

ただ、未だこれだけの被害になるということは
経済面などの様々な事情があるにせよ
我々はまだ自然に向き合い、
対処しきれていない、ということもいえます

この災厄さえもきっと乗り越え、
克服できる日が来ることを願わずにはいられません。


さて、その災厄が去った10/13
この日は今月2回目の日曜日出勤の日

昨晩23時頃には台風19号はまろんが住む葛西を通り過ぎ
北東に抜けていたため、その段階で、
雲一つない天気になっていたため、
朝目覚めて、交通情報を見てみると、
まろんが利用する東西線も、
都営大江戸線も復旧しているようでした

そのため、今日は自宅ではなく会社に出社して、
行うことにしました。

おそらくは夜通しで東京メトロの方々が、
復旧活動をされていたこともあるのでしょうが、
最寄り駅の葛西駅に着いたら、
多少遅れはあったようですが、
いつものとおり東西線はもりもりと走っていました

門前仲町から都営大江戸線に乗り換える際、
15分ほど待ちましたが、それでも、
普通に会社のある大門・浜松町に着きました

大門・浜松町で降りて、会社に向かっていると、
既に平常ダイヤで運行をはじめたらしい
東海道新幹線がいつものとおり
美しい車体を輝かせて走り去りました。
そして、その上空には雲がほとんどない
青空が輝いていました

まさに台風一過、という心地よい快晴でした。

さて、JR浜松町駅のガードレールを通り過ぎ、
会社のビルに向かいましたが、
いつもアイスコーヒーのペットボトルを買う
コンビニがこの台風で閉まっていることに気づき、
一旦大門駅前のコンビニ戻りましたが、
こちらも当然のことながら閉店
まじ?

昼ごはん買うとこある?
・・・ない!
そうか、そういうことになるのか、、、
これがコンビニ依存の現代人?(笑)の
弱点なのかもしれませんね

ちなみに、この日は既に買っておいた
ペットボトルを持っていくはずだったのですが、
カバンに入れ忘れたということで、
ある意味で二重のショックでした(笑)

ということで、この日は11時半頃から
仕事をはじめましたが、
19時半に仕事が終わるまで、
昼食らしき昼食は食べることができず、
会社内にあるお菓子売り場の
ポテトチップとシフォンケーキのような
ものだけで乗り切るという結果になりました

ちなみに仕事が終わって、帰り際に
自宅近くのコンビニに行きましたが、
台風19号の影響で物流が止まり、
品薄状態が続いているようで、
何も置いていないお店がほとんどでした。

台風19号によってもたらされた被害は、
より深く、広く及んでいるのかもしれません
posted by まろん at 01:19| 東京 ☁| Comment(0) | 令和元年台風19号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください