2019年05月17日

3年ぶりの3冠誕生!

先日の記事で書きました
今月は先月から引き続き、将棋界の8大タイトルの
名人戦と叡王戦が行われていました

先日対戦が終わった叡王戦は、0勝4敗で
叡王が破れ、永瀬新叡王が誕生しました。

そして本日名人戦の対戦が終わり、
こちらも0勝4敗で名人が破れ、
豊島新名人が誕生しました

佐藤前名人はここ3年安定した強さで
3連覇をしていたのですが、
まさかの0勝4敗のストレート負け

名人戦初挑戦の豊島新名人に名人の
タイトルを奪取されてしまいました

これにより豊島新名人は、棋聖、王位の
3つのタイトルを独占することになり、
豊島三冠として数ある強豪棋士の中から
抜け出したことになります。

ちなみに3冠は2016年の羽生王位・王座・棋聖以来です。

ただし、前回の記事でも書きましたが、
来月からはじまる棋聖戦では、
豊島棋聖が、棋王と王将のタイトルを
保持する渡辺二冠の挑戦を受けて
激突することが決まっており、
棋聖戦のタイトルを取った方が
3冠になるというなんとも面白い戦いになります。

常にがけっぷちに晒される中で、
繰り広げられる魅力満載の戦いは、
真剣勝負だからこその面白さを体現してくれています
ラベル:ひとりごと 将棋
posted by まろん at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください