2018年07月05日

この素晴らしい才能に惚れ惚れしますね!

さて、これはなんでしょうか?
色違いのきのこの造作物?

IMG_2450.JPG

いえいえ、これはこんなに素敵な茶碗蒸し器なのです

IMG_2451.JPG

まろんは44年強生きてきていますが、
こんな綺麗な、色合い、彩の器を
過去に見たことがありません。

特にこの紫地の色合いは、神がかっているのか?
と思ってしまうぐらいの美しさ、素晴らしさです。

では、いったいこれは誰が作ったものなのか?

察しの良い方はおわかりかもしれませんが、
そうなんです。
いつもの酒豪の女性の、まろんのご主人様なのです。

お酒を飲むと、怖い?恐ろしい?ご主人様なのですが、
陶芸とか、お花とか、芸術、美術的なセンスは
抜群で、そういう世界に造詣があるとはいえない
まろんも本能的に素晴らしいと感じてしまう
素晴らしい才能を持っているのです。

ちなみに、まろんの自宅にある食器類は、
ほとんどがご主人様が作ってくれたか、
プレゼントにもらったもので、
埋め尽くされています。
まさにペット冥利につきるというものです。

やはり酒豪という、まろんには怖い怖い
マイナスの面?を持っているその反動?(笑)が
こういう素敵な才能になっているのかもしれません。
その才能にはつくづく惚れ惚れしてしまいます

ちなみにこの器、少し大きめなので、
例えば焼酎を飲んだりするのにも使えそうだし、
小皿とかにもできそうだし、
色々と使い勝手も良さそうです。
とはいえ、まずは人生はじめての茶碗蒸しを
作ります。
なんかわくわく、どきどきしてきます。
posted by まろん at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | 女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください