2008年02月11日

『夢』~後編~

『夢』~前編~を読んでいただいた方の中には、
『夢』は「目的」の一部ではなくて、
「目的」が『夢』の一部でもいいんじゃない?
と思われた方もおられるかもしれませんし、
私もその方が『夢』があるとは思いますが、
個人的には違うと思っています。

それは『夢』は、あくまでも希望・願望に過ぎないからです。

私が『夢』として抱いていた弁護士、裁判官。
仮にそれが達成できたとして、それだけで立派にその職務を
遂行できるいうわけではもちろんありません。
プロ野球選手になれて、それだけですぐに人に『夢』を
与えることができるプレーができるわけではありません。
「結婚」したからそれですぐに幸せという「目的」を
達成できるわけではありません。
東京大学に入って・・・・・・

逆に明確な「目的」を持つことなく、親のすすめなどで、
意図しない『夢』をもち、それをかなえて弁護士や裁判官に
なった人やプロ野球選手になった人、医師になった人などが、
思いがけない苦難の道を辿り、日々苦悩していることも
多々あるようです。
ただし、結果的にその苦難や苦悩の中で、本来持つべき「目的」を
見つける人も多いようですが、、、、、


私が仕事に求めている「目的」は・・・・・・・・・・・・・なのですが、
それを達成するために抱いた『夢』は結果としては達成できませんでした。
しかし、今までに経験してきた仕事では、私が抱いた『夢』とは
まったく異なるものではありますが、『夢』を追い求めた「過程」の
中で得た様々な経験や知識、スキルをそのまま生かし、
その『夢』を追い求めたという「過程」がなければ、決して達成
できなかった様々なよりよい結果を導き出すこともできました。
そして、何よりも、私が気づかないうちに、仕事に求めていた
「目的」そのものが、実は多く達成されていたのです。

人生は本当に不思議なものです。


『夢』

それは人が生きていくために必要な「目的」を見つけるひとつのきっかけ!
大切なことは『夢』をかなえることだけではなく、それを追い求め続ける「過程」!
そして『夢』をかなえることで、またはそれをかなえられなくても、
その「過程」をやり遂げることで、成し遂げることができる
生きていくための「目的」を果たすことではないかとまろんは思います。
【関連する記事】
posted by まろん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック