2008年02月24日

「想い出」

人が人生を歩む中で、大切なこと、大切なものはたくさんありますが、
その中でもまろんが最近特に大切だと思っているのが
今回の記事のタイトルにした「想い出」です。

「想い出」・・・・「過去」にあった出来事や体験を心に浮かべること。
        またはその内容。追憶。追想。

まろんブログでも、以下のタイトルで様々なまろんの「想い出」を
紹介してきましたが、「想い出」は時には甘酸っぱく、時には苦く、
時には苦しく・悲しく、時にはすがすがしく、時には美しく、
時には心癒されるものでもあります。

「想い出を探して」
「素敵な女性との想い出」
「九州旅行の甘い想い出」

人は様々な人と出会い、様々な人と接しながら、様々な人の助けを
得ながら、様々な人とつながりを持ち、様々な人の影響を受け続けて、
その人生を歩む生き物です。
そして、その「過程」の中で、人は他の誰もが経験することが
できないその人だけの、この世で唯一無二の人生を歩むことが
できるのです。
そして、その人生の中で得ることができる、その人だけが
経験してきたその「過程」こそが、「想い出」なのです。

この世の中には逃れようのない「運命」により、
短命な人生しか送ることができない人、
悲しく苦しい人生に翻弄されてしまう人、
大切な人と絶望的な別れを迎えた人、
戦火の真っ只中で常に死と隣りあわせで人生を送っている人
本来最も自分を愛してくれるであろう両親から凄惨な虐待を受けている人など
この世には生きている人の数だけ様々な人生があります。

しかし、そんな過酷な「運命」にあっても、自分の「運命」
受け入れ、俄かには想像もできない「強さ」と「たくましさ」を
持って生き続け、そして周りの多くの人々に多大な影響を
与え続けている多くの人たちがいます。

余命が残り少なくても、自分なりの正義感や達成感や充実感、
「信念」理念、理想、「夢」を持ち、生き続けるその姿を目の当たりにして、
人は自らの「弱さ」を恥じ、そしてそれを克服しようと努力し、
「強さ」や「たくましさ」を身につけていくものです。

そういう意味では人は生きている限り、他の人の「想い出」となり、
逆に人は他の人のことを「想い出」として、生きているといえます。


人が人として生きる中で最も悲しい、悲劇的なことは、
もしかしたら他の誰の「想い出」になれないこと。
誰に知られることもなく生き続けること。
そして、「想い出」がない人生を送ることなのかもしれません。

でも、そんな人はこの世には存在しません。
どれだけ少なくても、どれだけその範囲が狭くても、
もしかしたらそれが自分を生んだ母親だけの「想い出」であっても、
人は「想い出」を与え、「想い出」を得ながら生きているのです。
そしてそれは人であることの最も素晴らしい、美しいことでは
ないかと思うまろんなのです。

このことはまろんが大好きな言葉「承継」にも共通するところがあるかもしれません。
【関連する記事】
posted by まろん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック