2016年07月14日

2泊3日熊本・大分旅行~佐世保・博多編~

※この記事は「2泊3日熊本・大分旅行~大分・小倉・別府編~」の続編です

7/10
なんとなく7時半頃目が覚めたまろんは、顔を洗って、
身支度を整えたら、もはや当然となったホテルの
朝食を食べるために、ホテルの1階のレストランまで
降りていきました。

前日のホテルのバイキングに比較して、見た目で
グレードが高いことが明らかにわかる感じで、
大分産の鳥天や、鳥の唐揚、ソーセージ、サラダ、
ご飯は麦ご飯があったり、味噌汁、クロワッサン、
魚コロッケ、さばなどなど盛りだくさんで、どれもこれも
美味しく、大満足の朝食でした。

お腹いっぱいになったまろんは、ホテルの部屋に
戻って、しばしくつろいだら、身支度を整えて、
いつものとおり元気いっぱいをホテルを出発するのでした。

別府駅まで徒歩で向かい、、、
それにしても、お土産や洗濯物などの荷物を宅配で
自宅に送ったので、荷物も劇的に少なくなり、
身が軽くなって、本当に快適になりました。

別府駅に到着したら、土産物店を見ていましたが、
まろんの琴線に触れるようなものはなかったので、
博多までの特急券を購入して、青いソニック号で
別府⇒博多

この区間は小倉までは進行方向右側に海が見えるので、
まろん好みの車窓を楽しむことが出来る区間ですが、
何よりも青いソニック号の最高速度130kmの快適な
乗り心地がなんともいえず、最高です。
本当に九州の特急列車、新幹線は快適です。

博多に到着したら、荷物をロッカーに預けようと
思いましたが、山笠祭りの影響なのか、ロッカーが
全く空いておらず、仕方がないので、荷物を持ったまま
駅のホームで駅弁と特急券を購入して、
白いかもめ号に乗車し、
博多⇒長崎

白いかもめ号は、まろんが最も好きな列車の一つで、
青いソニック号と同様最高速度130kmでびゅんびゅんと
飛ばし、車両によっては革張りシートで、乗り心地も
最高な特急列車です。
その上、進行方向左側にはまろんが好きな海、
有明海が見えるのもポイントが高いです。

長崎に到着したら、駅に降りるまもなく、佐世保行き
シーサイドライナーに乗車し、
長崎⇒佐世保

この区間は、途中有名なハウステンボスなどがあり、
また進行方向左側に大村湾を観ながら進行するので、
車窓は最高です。
ただ、雨の影響なのか、あまり綺麗な海ではないのが、
若干ポイントが下がりましたが、、、(笑)

佐世保に到着したら、ロッカーに荷物を預けて、
佐世保の街を散策することにしました。

佐世保といえば、アメリカ軍の基地と自衛隊の基地が
あるので、とりあえずその付近をうろうろとして、
停留しているイージス艦?を遠めに観たり、
佐世保湾を見たり、佐世保といえば、佐世保バーガー
ということで、駅近くのお店で佐世保バーガーを
食べたりしました。

ちなみに、佐世保に来るのは、おそらく4回目ですが、
昼間にきたことはないので、佐世保湾を見ることも
今回はじめてなのです。
これだけ九州にきているのにある意味でびっくりです(笑)

佐世保の街を堪能したら、ロッカーから荷物を取り出し、
普通列車に乗って、
佐世保⇒備前山口

JR九州の場合は、普通列車といっても、快適な乗り心地で
普通列車らしくないのが、なんともありがたいのですが、
そのまま博多まで行こうかと思ったものの、
備前山口で再び白いかもめ号に乗り換えて、
備前山口⇒博多

今回のJR九州の列車に乗るのは、これが最後なので、
最後に白いかもめ号に乗れたのは、締めにしては
最高だったかもしれません。

博多に到着したら、駅ビル内にあるラーメン店が
集まった区画で、2回ほど食べたことがある
鹿児島ラーメンのお店で、つけ麺を食べたら、
コンビニで買出しをして、ホテルに向かいました。

そうなんです。
翌日が九州出張なので、博多泊なのです。
というよりは、翌日出張で九州出勤なので、
この日佐世保に行くことができた、というのが、
適切な表現かもしれません。

熊本の惨状を観て、心沈む出だしではありましたが、
素敵な女性に何人も出会って、心癒され、
そして九州特有の素晴らしく美味しい料理に
身体の底から元気を与えてもらって、、、
今回は、そんな2泊3日の九州旅行でした。

おそらく熊本、大分をメインに、10月頃に、
再び九州に訪れることになると思いますが、
それまでも、東京からまろんができることは
やっていきます。
九州に引っ越して、就職するなんていうのも
いいかもしれませんね(笑)
posted by まろん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本・大分地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック