2020年05月06日

危機はひとつだけとは限らない、、、

5/6
今日の朝2時頃、緊急地震速報が鳴動し、
今日の休日出勤のため、眠りについていた
まろんははっとして、目を覚ましました。

確か3日前?ぐらいにも緊急地震速報が
鳴動しましたので、一昨年ぐらい前から
千葉近郊でかなりの頻度で発生している
地震が、一旦収まっていたようですが、
再び活性化、そして大型化しているのかもしれません

昨年10月
甚大な被害をもたらした令和元年台風19号
が迫りつつある中、まろんの自宅を揺らす
地震が発生しましたが、
まさに危機というのはひとつだけとは限りません

今まさに我が国は、そして世界は中国共産党の
隠ぺい体質によってもたらされた武漢肺炎、
武漢ウィルスによる被害によって、
危機的な状況に追い込まれているわけですが、
だからといって、地震がそれを待ってくれる
わけではありません。

また、9年前の東日本大震災が起こった際には、
我が国の近辺にある諸外国は、
東日本大震災によって、甚大な被害と悲しみと、
苦しみにもがいている最中、
領空侵犯、領海侵犯を繰り返し、
我が国の米国との共同による安全保障、防衛体制が
どれほどのダメージを受けたかを偵察し、
我が国の痛みや弱みにつけ込む所業を繰り返しました

当時は我が国の自衛隊、そして米国の軍隊が
しっかりと対応できたため、何事もなかったのですが、
仮に米国軍が我が国に駐留していなければ、
自衛隊と米国軍の連携が乱れていなければ、
もしかしたら軍事的な侵略にあっていた可能性も
0ではなかったのではないかとまろんは考えています

このことは我が国の戦後に生まれ、戦後教育により、
洗脳されてしまった普通の一般国民には、
理解しがたいことかもしれませんが、
世界というのは、ある意味ではそういうものであって、
それが戦前戦後、古来から「戦争」という
遠因にあったものだともいえます。


今我々が直面している武漢肺炎、武漢ウィルスという
危機は、決してひとつだけとは限りません
災害、そして中国共産党による尖閣諸島への侵略
などなど、二つ目三つ目への危機に対しても、
怠ることなく、備えなければならないのです
posted by まろん at 19:05| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする