2019年11月16日

ワカシの刺身を食べて、考えること、、、

11/16
今日夕刻前に鮮魚が美味しい西葛西のスーパーに
買い物に行ったのですが、
刺身コーナーに「ワカシ」というブリのような
刺身があり、適度に安く、量も多かったので、
試しに買ってみることにしました

珍しい物好き?(笑)

早速今日の晩御飯で食べましたが、
ハマチやブリに比べるとあっさりしていて、
まぐろで言えば赤身のような感じで、
なかなか美味しかったです

ちなみに「ワカシ」というのは、
出世魚であるブリの若かりし頃?(笑)の
名前で、かなり幼少期?の名前のようです


さて、1年前の記事でも書きました
今我が国の漁業は、人の欲望のままに、
乱獲が繰り返されており、
以下の記事をご覧いただくと明確に
理解いただけますが、瀕死の状態になっています

https://retty.news/35598/

今や貴重な存在となってしまったクロマグロを
1年2年もすれば大きな美味しい大人のクロマグロとなり、
多くの人々の血となり、骨となってくれることが
明らかにわかっているにもかかわらず、
両手ぐらいの大きさの段階の稚魚の段階で
乱獲しつくし、クロマグロはより一層
貴重な存在になりつつあります。

ホッケや、秋刀魚が年ごとにだんだんと小さくなり、
ニシンなど見かける機会がなくなっているのは、
人の欲望のままに乱獲しつくしているからであり、
その上、需要をはるかに超える量を
乱獲しているため、多くの魚は人々の
血となることも、骨となることもなく、
ゴミ箱に捨てられ、焼却されてしまっているようです

これほど人の所業の悪辣さ、非常さ、
無責任さはありません。

そもそも漁業は、自然に任せておけば、
自然の摂理によって、海や川に勝手に
生まれてくれる魚たちを、
獲りに行くことで、成り立っているもので、
農業のように、肥料をやったりする手間は
全く発生しない、語弊を恐れず書けば、
ある意味では楽な?商売であったはずです

もちろん魚を獲る技術は必要なのは承知しています

しかし、無節操に、漁獲量だけを追い求め、
それが経済を構成するようになってしまった
悪循環の中で乱獲しつくしてきた結果、
今やわざわざ養殖して、魚を確保するという
矛盾に陥ってしまっているのです。

需要に合わないほどに乱獲し、
捨てるほどに乱獲し続けた今の状況は
決して許されるべきものではありません。

我が国には八百万の神が存在し、
海にも魚にも神が宿っているはずですが、
我々はそう遠くない日に、壮大な天罰を
受けることになるのかもしれません。

ちなみに海外では政府主導で、漁獲規制を導入し、
魚の生まれる周期や量、その他様々な要因を元に
算出した漁獲可能量を元に、
漁業関係者に漁獲量の規制をしているのです。

これにより何が生まれたか?

先述したとおり、魚は自然の摂理で
一定量が確実に生まれてきますので、
規制を越えて乱獲しなければ、
次の年も同じだけの魚が安定的に獲れ、
漁業関係者は安定した収入を得ることができ、
消費者も安定した美味しい質の魚を
食べることができ、
場合によっては他国に輸出もできる、
ということになっているのです。

その典型例はノルウェーといわれていますが、
ノルウェーでは漁業は高収入で、
若者が憧れる職業とも言われています。

翻って我が国の漁業はどうでしょうか?

ちなみに、以前記事に書いたことがありますが、
東日本大震災による大津波によって発生した
福島第一原子力発電所の近くの海域では、
放射能汚染に対する消費者の懸念が強く
売れなくなってしまったことで、
一時期漁業が行われませんでした。

その後漁業が再開されましたが、今に至っては、
他のどの漁場よりも美味しく、
大ぶりの魚が獲れるようになっているようです

つまり、漁獲量を規制し、
場合によっては漁獲を禁止する期間を設ければ、
海は生き返るという、単純なことなのです


人生初めての「ワカシ」の刺身を食べて、
改めて我が国の漁業について考えみました
posted by まろん at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ我が国は敗戦したのか、、、

人という生き物の性質上、
常に争いが繰り広げられ、
競争が起こり、
場合によっては戦争が起こり、
その中で残念ながら勝者と敗者が生じます

現代のような勝者と敗者がそれほど明確に
わかりにくい世の中になったとしても、
勝者と敗者は存在します。

ただし、勝者と敗者は常に入れ替わる可能性を
秘めているものであって、
敗者という立場に立たされた中で、
敗者という現実を受け止め、受け入れ、
勝者となるために前に進むことで、
勝者となりえるのです


さて、74年前の日米戦争、太平洋戦争、大東亜戦争により、
我が国は実質米国の圧倒的な戦力の前に、
当時の若い、若すぎる戦士たちの膨大な、甚大な犠牲に
報いることができず、敗戦し、敗者となりました。

我々はその敗戦の受け入れ、
その後様々な幸運もあったとはいえ、
先人達の偉大な尽力により、
今に至る繁栄を築きあげてきたわけですが、
ただし、経済の発展を重視してきたがために、
なぜ我が国が彼の戦争で敗戦したのか?
そもそも何故強大な戦力を持つ米国と
戦争することになったのか?
我が国の天皇陛下と米国代表との会談といった選択肢はなかったのか?
できなかったのか?
当時の世界情勢はどうであったか?
その背景には何があったのか?
ということについては、驚くほどに
我々、特に一般の国民、市民は
議論していないし、
知らない、
考えたこともない、
という状況ではないかとまろんは考えています。

それは「勝者の論理」を押し付けられ、
洗脳されてきたことが遠因ではありますが、
既に時代は、「勝者の論理」で既得権益を貪ってきた
旧来型のメディアと既得権益の「表の世界」の時代から
インターネットを中心とした現場の情報に
ダイレクトに到達することができる「裏の世界」の
時代へと変遷しており、
今後の我が国の帰趨を決めるためにも、
我々自身が積極的に前に進んでいくことが
元られているように、まろんは考えています。

その端緒となる書籍を1冊紹介しようと思います
江崎 道朗氏の
日本占領と「敗戦革命」の危機

著者の書籍は、我が国では稀有な学問である
インテリジェンス、情報史学の見地から、
まろんのロジック?を根本から変える
衝撃的な事実から新たなロジックを
提供してくれることがが多く、
「真実」に近づき、
「真実」を下に考えるための最良の書ばかりです。

既にまろんブログでも動画や書籍を紹介していますが、
なぜ我が国は敗戦し、その背景で何があったのか、
そして、昭和天皇、皇室の存在について、
より深く知ることができますので、おすすめなのです。

ちなみに戦後、
戦争が終わったから、我が国は平和になった
というのは真っ赤の嘘
ということもわかります
posted by まろん at 13:45| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大嘗祭が無事に終わり、天皇陛下の御即位が正式に確定

11/14の夜半からはじまり、
11/15の早朝まで執り行われた
天皇陛下による大嘗祭
が無事に終わり、
令和の時代の天皇陛下が正式に確定となりました。

過去の記事で書きましたが
令和元年5月1日に天皇陛下が即位されたものの、
厳密にいえば「践祚」であって、
その時点では、正式に即位が確定した、
ということではありませんでした。

10/22に執り行われた
即位礼正殿の儀
で、世界に即位を宣明され、
11/14~11/15にかけて執り行われた
大嘗祭
により、正式に天皇陛下が即位された、
ということになります。

大嘗祭の様子を動画で拝見しながら、
古代から「承継」された古式に基づき、
厳粛・神聖な儀式が執り行われ、
天皇陛下、皇后陛下、皇嗣殿下
皇室の方々が、我々国民のために、
2670年にわたって、変わらず
祈り続けていただけていることに
心の底から感謝するとともに
御即位を心の底からお慶び申し上げます

昭和天皇から、上皇陛下への御代替わりの際は、
「表の世界」の情報に翻弄され、洗脳されていたため、
まろんも皇室の価値、偉大さ、
そもそも天皇陛下がこの2670年以上にわたり、
我々国民のためだけに祈り続けていただいていることすら
知りませんでしたし、興味を持ったことすらありませんでした。

ただ、我が国には皇室という伝統的な歴史が
あるというぐらいの認識でした。

しかし「表の世界」の時代から
インターネットを利用した「裏の世界」の時代へと
移り変わり、皇室の価値、存在感が、
我が国及び、世界において
どれほどのものであるかということを
実際に知るにつれ、まさにまろん自身の
根本的なアイデンティティを認識するほどの
衝撃を受けたのでした。

そんな中、この半年間、上皇陛下の御退位、
天皇陛下の御即位、という御代替わりの
様々な儀式を生で感じる機会があり、
日本人であることの幸せと、満足感に
浸った日々でした

そして、令和の時代のこれからが、一層より良いものに
なるためには、我々国民自身がより積極的に、
しっかりとした自立心と、自律心を携え、
皇室と共に、進んでいくことが期待されているように
感じた日々でもありました。

皇弥栄
皇弥栄
posted by まろん at 04:13| 東京 ☀| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする