2019年11月28日

Professional Managementとは、、、2

前回の記事では「Professional Managementとは、、、」
ということ
で、まろんの過去の経歴も踏まえて、
前段となることを書きました

その上で最後に
------
ところで、Managementをより質が高く、
より高度に、よりお客様の満足度を高めるように
実践していくためには、いったい何が必要なのか?
------
ということを書いて締めくくりましたが、
今回はその問いかけに対して、
まろんなりの回答を書いていくことにします。

よく有りがちな認識の誤りとして、
Managementをするためには
その業務の範囲に関する専門的な知識を含め、
他の人よりも高い知識を持ち、
経験を持ち、スキルを持っていることが
必要ということを思っている人がいます
というか、ほとんどの人がそう思っているかもしれません

しかしManagementをするには、
そのような知識やスキル、経験は必要ありません

なぜならばまろんは常に、いつも
ほぼ未知の世界に飛び込み、未知の世界で、
Managementを実践し、
そしてその結果、短期間で誰よりも知識を得て、
経験を積み、業務を管理し、人を管理し、
場合によっては金銭を管理したからです

では、なぜそれができるのか?
それは以下のことを常に実践してきたからです

1.未知の「情報」については、理解できるまで
調べ、検証し、場合によってはその「情報」の
「真実」を知る「真実」に近い人物を洗い出し、
徹底的に明確化していく
⇒想像で、安易に「情報」を理解したり、判断しない

2.1.と関係しますが、現場を重視し、現場に
近い人物との交流を深め、現場を知ることを優先する

3.自ら体験したことが、自らの最大かつ確実な
糧となり、肉となり、血となることを明確に理解し、
できる限り実践することに優先的に時間を割く

4.上下関係、縦横関係という枠を無視し、
仕事に必要なコミュニケーションは、
遠慮なく、綿密に取ることを優先する

5.仕事とは人とのつながり、の結果として
積み上げていくものである以上は、
相手を尊重し、節度ある関係性を前提とした
付き合いを心掛け、実践する
そして、常に相手を気にかける

6.仕事を理解することとは、何も知らない、
何をわからない小学生や中学生に対してであっても、
明確に理解できるように説明できるレベルにまで
達している必要があることを明確な目標としている

7.一面的に物事を観たり、聴いたりすることなく、
全体を俯瞰しながら、一面があれば他面があることを
明確に意識し、様々な手法、やり方、手段、方法が
あることを常に意識する

8.物事をロジカルに、論理的に考えること
ロジックに合わない、不整合が発生した場合は、
そのことを放置せずに、直ちに不整合を解消する

9.嘘は言わない
良いことも悪いことも、情報はできる限り隠さず、提示する

10.すべての考えの大前提にお客様の視点で、
お客様の満足度を向上させることを
基盤として確立していること

11.自らの力量、仕事の速さ、作業の速さを理解する
つまり時間配分、作業の優先順位を明確化する

12.そして基本であり、非常に重要なことでありながら、
日々の進捗等で忘れがちになりそうなことが、
仕事の目的、目標、最終地点を明確にし、
そのために必要なことを、必要な時間などを
明確に理解し、意識し続けながら、仕事をすること

13.最後に付言するとすると、人が嫌がる仕事を
率先して引き受け、火中の栗を拾う覚悟を
持つことでしょうか。


挙げていくと結構ありますが(笑)
このうちどれかでも実際に実践すると、
Managementという仕事がどういうことであり、
何をしなければならないのか、
そして、Managementがどの会社に行こうとも、
どんな人と仕事をしようとも、
どんな仕事であろうとも、
決して揺るぎのない仕事であることも
自然と理解できてしまいます。

Professional Management、という極みとは逆に、
突き抜けた専門知識とスキルを持つ
Specialistという極みがありますが、
Specialistに比べると、Managementは、
もしかしたら、それほど遠くない極みかもしれません

ただし、Specialistが本来ある能力を
生かせるかどうかもManagementに
かかっているのが現実で、
我が国の仕事の現場においては、
Managementができる人材が求められています

その一人になれるかどうかは、1~13を
実践できる人が増えるかどうかにかかっているように
まろんは考えています
posted by まろん at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

Professional Managementとは、、、

Professional Management、、、
熟練した管理、とでも訳すことになると思いますが、
まろんが今まで転職を繰り返しながら、
通算31社もの会社を経る中で培ってきた
Management経験の最終的な到達点、であり、
到達しなければならない境地とも言えます

まろんは社会人として仕事をはじめてまもなく、
ベンチャー企業の道を進んだこともあり、
2社目からManagement的な仕事に携わり、
業務を管理し、
形式的な部下を管理し、
お金の出入りを管理するという
Managementの道を歩みはじめ、
その後も通算10社目までManagementを極めるべく、
Managementの仕事に従事しました。

そして、その通算10社目の北海道の医療法人、
社会福祉法人では、入社して組織図を見ると、
400人規模の法人の事務方のNo.2の
Management職を担うことになっており、
全く経験がなかった医療法人、社会福祉法人
という法人の中で、複数の病院や施設を
全体的な視野から統括Managementすることになりました

肩書だけを見てみると、まさに
Professional Managementの境地に
達したかのようなステップアップでした。

その後就職難という景気状況もあり、
Management職を離れ、IT系の技術者としての道を
歩みはじめたものの、その中で常に感じたのが、
Managementが仕事の完成度や、お客様の満足度、
仕事の質も、量も決めるという
ある意味では当たり前の現実でした。

そしてそのことはつまりManagerが、
Managerの力量が、Projectの完成度、
お客様の満足度を決めるということです。

そして、このことはつまりまろんが
今まで経験してきた会社では、
優れたManagerがいなかった、ということでもあります。

そのため、まろんがManagement職に
携わることが必要?との決意を決めて、
再びManagement職に戻ったのが、
26社目の虎ノ門での会社での仕事

その会社ではIT系のProject Manager Office
という肩書でProjectのManagement、
厳密にいえばProject Managerの
事務的なフォローという立場で仕事に携わり、
いよいよまろんのManagementの力が
再び発揮されることになったのでした。

そして、それは今の31社目でも
発揮されていて、途中参加のProjectに
携わっていることもあり、
不測の事態に見舞われることが多いながらも、
お客様、関係会社と広く、綿密にコミュニケーションを
取りながら、なんとかかんとかManagementを
実践しています(笑)

ところで、Managementをより質が高く、
より高度に、よりお客様の満足度を高めるように
実践していくためには、いったい何が必要なのか?

過去の記事では、
モチベーションマネージメント
リーダーシップとマネージメント能力
リーダー、マネージャーたるもの
という記事を書いたことがありますが、
今現在まろんが考えるManagementについては、
また次回に書くことにします
posted by まろん at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

もう補助金に群がり、媚びるのは止めた方良い、、、

ちょうど半年ぐらい前に
「補助金が人を蝕み、醜くする、、、」
という記事を書き、補助金というものが、
どれほど人を蝕み、醜くするかということを
実体験を踏まえて書きました。

もちろん、この世の中には我々が想像もつかない
現実に直面し、補助金が必要不可欠な人々が存在し、
彼ら彼女らに対する、社会福祉を目的とした
補助金までを否定することは決してありません。

しかし、我が国の経済的な規模が膨大になり、
国家的な余裕ができてくると、
本来社会福祉に特化するべきであると
まろんが考えている補助金、
社会福祉だけにしか充当することができなかった補助金が、
より広範にばらまかれることが可能になり、
それが現実となりました

人は本来、身体的、精神的な支障がなければ、
まさに額に汗して働き、その上で対価を得て、
生活を得るというのが、憲法にも保障されている
勤労の義務であり、職業選択の自由でもあります

しかし、最近では芸術という名を借りた、
表現の自由という名を借りた、
補助金ビジネスというものが跋扈し、
補助金コンサルタントなどという忌まわしい
職業も存在していることが、
「裏の世界」の情報の発展により、
表面化してきました。

まさに我が国の経済の衰退を諸悪の根源とも
言える目を覆いたくなるような現実です。


前回の記事に書けませんでしたが、
確かに大規模なエネルギーの開発や
資源開発・調査、交通機関の整備などには
巨額の投資が必要で、そのような場合には、
最初補助金が必要不可欠なのは理解します。

ただし、それはしっかりと還元されるか、
費用対効果があるかどうかによって、
はじめてなされるべきものです。

ましてや芸術家気取り、学者気取りで、
なんの成果も、実績もない上に、
場合によっては政治プロバガンダだけを
行うような輩に、チンピラに、安直に
補助金を交付するということはあっては
ならないことは否定しようがありません。

他方で芸術家気取り、学者気取りの輩というのは、
補助金を交付する政府や地方自治体の
役人との不適切なつながりを作ったり、
やくざ顔負けの脅迫したりするのが
得意なチンピラのようなもので、
補助金を交付させる手法に長けており、
億単位の相当な金額の補助金が
彼らに流れてしまっている現実が、
明らかになってきています。

しかし、そんな彼らの補助金ビジネスは
今や過渡期を迎え、既に破綻に陥りはじめています

補助金に群がり、それだけに特化していた
乞食のような存在であった彼ら彼女らは、
なんの生産性も、成長性も、発展性もなかったがゆえに、
もはや取り返しがつかない「未来」だけが残されているのです

そんな日々が、生活が、「仕事」が、幸せなのか?
充実していると言えるか?
幸福なのか?
満たされているのか?
彼らが死ぬとき良い人生だったと思いながら死ねるのか?

それは甚だ疑問といわざるを得ません。

補助金に群がるのは、はっきり言えば乞食の一歩手前
実質的には乞食とも言えます

そんな状況を抜け出し、意味のある、
価値のある人生を歩むためには、
直ちに補助金に群がるのを止め、
補助金に媚びるのを止め、
乞食から抜け出すことを
心から願わずにはいられません

まだそうできる可能性はあるはずだから、、、
posted by まろん at 23:23| 東京 🌁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする