2019年10月31日

誤報、捏造、扇動、、、仕事の矜持とは、、、~後編~

※この記事は「誤報、捏造、扇動、、、仕事の矜持とは、、、~前編~」の続編です

前編ではまろんブログで「表の世界」と
呼称している既存のテレビ、新聞などの
かつては情報を独占していた既得権益者が、
インターネットを主とする「裏の世界」の
台頭によって、もはや既得権益が失われいる中で、
既得権益を保持するために、
現実の「真実」に背を向け、
自己保身にまみれた勢力に成り代わり
仕事の矜持を失ってしまったことを
詳細に書きました。

しかし、「表の世界」だけが仕事の矜持を見失い
地に堕ちてしまったのか、といえば、
そんなことは決してなく、我々が日常生活、
仕事などで関わる様々な局面で、
仕事の矜持は失われています。

その典型的なことは、情報、「真実」への
認識の甘さ、軽さ、認識不足、ということに
帰着します

我々は日ごと毎日、当たり前のように
処理していることがあるとは言うものの、
様々なことを判断し、決断し、実行しています

簡単な例で言えば、
朝出かけるときに傘を持っていくかどうか、
ということさえも、その一環といえます。

そしてその判断、決断、実行するために
必須となることは「情報」であり、
そしてその「情報」がより真実に近いことが、
判断、決断、実行の精度を高め、
より最適な結果を生み出すための材料となるのです

そして「情報」は一つだけで完結するものもありますが、
それは極めて稀で、
複数の、より多くの「情報」を組み合わせることで、
より最適な「情報」となります。

しかし、ここで注意しなければならないことは、
「情報」が一つではないということと、
より多くの「情報」を組み合わせることが
最適な「情報」になるという点で、
つまり「情報」はより複合的に考慮し、選別し、
最適解となるものを導き出してこそ、
最大の価値あるものとなるということなのです

つまりは、「情報」だけでは無価値に近いのであって、
我々自身で「情報」の本来ある価値を導き出すことが
非常に重要であるということなのです。

現代のような情報化社会においては、ここにこそ
時代を生き抜いていくための知恵と、
最適かつより質の高い結果を導き出すことができるのです

とはいえ、「表の世界」の全く無価値な「情報」も
「裏の世界」の膨大かつ甚大な「情報」も
無遠慮に蔓延している時代において、
このようなことがそうやすやすとできるものではありません。

では「情報」と「情報」、、、、、「情報」を
結びつけるものはいったい何なのか

それは以下の3つが重ね合わさったときに
はじめて実現できるのです
1.現場主義
2.実践主義
3.論理的思考

1.2.は「真実」に近い「情報」を追い求めることであり、
まさに「真実」こそが最も重要なことであるということの
証左とも言えます。

3.は膨大にわたる「情報」をより俯瞰的に観察し、
「情報」それぞれの整合性、関係性などを見定め、
取捨選択し、つなぎ合わせ、最適解を導くための
一種のツールとなるものであり、
これがなければ、「情報」はただの「情報」の
ままになってしまうのです。

そして、この何の価値もないただの「情報」に
基づいて、ただの「情報」に翻弄されて、
我々の日常生活、仕事などの様々な局面で、
安易な多くの判断、決定、実行がなされている
非常に憂慮すべき現実があります。

そこには仕事の矜持など存在しませんし、
仕事において本来最も念頭においておかなければならない
お客様視点、お客様満足度の向上、ということさえ、
どこかに吹き飛んでしまっている場合も多々あります。

まろんブログでしばしば取り上げている
「表の世界」の衰退というのは、
ある意味では我々の社会を映し出したもので
あるということもいえますし、
逆に「表の世界」の衰退の影響が、
我々の社会にまで蔓延してきているともいえます。

いずれにせよ、我が国の今後の成長と発展には、
この負の状況からの脱却が必要不可欠であり、
そのための3つのことを徹底的に実行し続けるしかありません。
1.現場主義
2.実践主義
3.論理的思考
posted by まろん at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

誤報、捏造、扇動、、、仕事の矜持とは、、、~前編~

今にはじまったことではありませんし、
そもそも彼ら、彼女らから「真実」が
もたらされるものとは決して思っていませんが、
最近はより鮮明に、恥も外聞も気にせず、
誤報、捏造、扇動、偽造された情報が
「表の世界」から発せられています

「表の世界」というのは、まろんブログを
ご覧の方々には周知のことかもしれませんが、
既存のテレビ、新聞、ラジオなどの
情報発信媒体でありながら、
既得権益の傘下に収まっている勢力で、
かつ
外国勢力を含むスパイ活動とプロバガンダ政策の
活動場と化してしまっている勢力が屯する世界のこと

一方「裏の世界」というのは、もはや新しいとは
言えませんが、インターネットという
新しい仕組みによって、「真実」に近い情報を
入手することができる世界のこと

もちろんこんなことを敢えて書かなくてもいいことですが、
「表の世界」にあっても、
情報発信者という仕事に対する矜持を保ち、
プロフェッショナル、スペシャリストとして、
「真実」を伝えることに苦心惨憺している場合もありますし、
逆に「裏の世界」がもろ手を挙げて、
称賛できる、というわけでは決してありません。

とはいえ、「表の世界」の衰退、惨めさは、
もはや貴重な?(笑)まろんブログの記事で
書くに値しないほどに地に堕ちてしまいました。


最近はその地に堕ちた「表の世界」の情報発信媒体の
残りかすのような利用価値を駆使して、
中国、北朝鮮、韓国、そしてロシアなどの
外国勢力や、
彼らと通じて既得権益を貪っているのでは?と
疑ってしまう野党政治家が顕在化しており、
子供には見せられない、稚劣なことが
「表の世界」で繰り広げられています。

ただ、このことが我が国だけのことかと
思っていると、もちろんそんなことはなく、
米国、EUなどなど、先進国においては、
共通の課題となっています。

戦後「表の世界」が享受してきた既得権益は
国家をも支配するほどにあまりにも強大に
膨れ上がり、絶大なものとなり過ぎたために、
そしてその下で生活を成立させてきたこともあり、
その既得権益を堅持し、自己保身を実現したい
輩にとっては、
「表の世界」の情報発信者としての
仕事の矜持たるものは「真実」を発信する
以外にないことを完全に見失い、
仕事の矜持を逸脱したとしても、
誤報や、捏造、扇動、偽造という境地に
足を踏み入れてもなお、
既得権益を保持しようと必死になるわけです

まさに生活のために、生きるために、
誤報や捏造、扇動、偽造によって、
どれほどの他人が直接的、間接的に被害を受け、
我が国の存立を危機に陥れ、
我々の次代を担う子供や孫を危機に晒すことが
あったとしても、
誤報や捏造、扇動、偽造に手を染め続けるのです


では、こういう仕事の矜持を見失っているのは
「表の世界」だけのことなのか、
我々の身の周りで、職場では、どうなのか?
については、次の記事で書くことにします
posted by まろん at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

日々美味しくなっていく、、、

今年の6月に作りはじめた人生はじめての梅酒

4か月超が経過した先週解禁して
なんともいえない、自分で作ったとは思えない
美味しさに魅入られて?、
ほぼ毎日のように少しずつソーダ割で
飲んでいますが、気のせいか、なんとなく日々、
美味しくなっているように感じます。

先週解禁するまでは密封瓶を解放せず、
完全に閉じ込めた状態にしていたのですが、
解禁後は毎日のように瓶を開けて、
外気にあてることになるので、
それで味が深まっている、とか、
そういうことがあるのでしょうか?

ちなみに昨日は、底に沈んでいる梅を
取り出して食べてみましたが、、、
うま~~~~~~~い!!!

はじめて作る梅酒ということで、ネットで
選りすぐり?の梅を買ったのですが、
その梅そのものの良さが関係しているように思います。

ちなみに2リットル瓶で2瓶も作ったので、
このペースで飲んでいると、
おそらく来年の6月頃まで楽しむことが
できそうですが、その頃にはまた
新しく梅酒を作ることになりそうです(笑)
posted by まろん at 23:19| 東京 ☁| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする