2019年06月30日

誰も予期できない?第三回米朝首脳会談

6/30
G20が無事、何事もなく終了して、ほっとしていたら、
米国大統領の単なる思い付き?冗談?と
誰もが?思って、笑い飛ばしてしまうような
Twitterへの書き込みから、
なんと第三回目の米朝首脳会談が実現してしまいました

昨日の米国大統領のTwitterの書き込みは
まろんも見ていましたが、
まさかそんなことはないだろうと、
考えていましたので、かなりの驚きではありました

ある意味では非常に現代的?なアプローチ(笑)
とも言えると思いますが、
ここ2か月ほどの間に、北朝鮮から米国、
米国から北朝鮮への親書のやり取りが
あったようですので、もしかしたら、
この件に関しての言及が既にあったのかもしれません。

もちろん電話等々を通じた直接的な
双方のアプローチが事前にあったことも
否定はできません。

そもそもの話でいえば、米国大統領がG20終了後に、
関係が悪化しつつある韓国に行くということに、
多少疑問を持っていたのですが、もしかしたら、
こういう仕掛けを検討していたのかと思うと、
論理的にも納得できなくはありません。

いずれにせよ、今までにない形で、
多くの世界の情報機関を手玉に取るような形で、
実現した首脳会談だったのではないかと思います。


第二回米朝首脳会談で決裂してから数か月、
今日をはじまりとして、以降どういう進展を
していくのかついては、
我が国にとっての最大のテーマである
拉致被害者の方々の救出、
そのための日朝首脳会談の実現など
当事者としてしっかりと見定めていく
必要があります。
posted by まろん at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和の皇室は、、、

先月のまろんブログの記事で、
米国大統領ご夫妻が国賓として来日された際の
5月1日に即位(厳密には、践祚(せんそ))された
天皇陛下と皇后陛下が接遇された動画サイトを
紹介しましたが、まさに新時代の皇室に
ふさわしい、というか、
正直なところまろんが予想もしないほどに、
神々しい、両陛下の所作、接遇、
そしてグローバル化の真っ只中にある現代を
象徴するかのように、
通訳を挟まない英語でのコミュニケーションを
実践されておられる様子は、
じ~~んと心に染み入るものを感じ、
感動、感激しました。

それから1か月後、今度はフランス大統領ご夫妻が
G20に合わせて、前乗りで?来日された際、
今度は通訳を挟まないフランス語での
コミュニケーションを実践されている様子を
拝見しましたが、わくわくするような
期待感、今までにない「希望」みたいなものを
感じる思いです。

まろんは昭和生まれなので、昭和、平成、
そして令和と3つの時代を生きてきましたが、
昭和天皇は敗戦により、奈落の底に
堕ちてしまった我が国を復活させるために、
様々な妨害や抵抗にあいながら、結果的に
残念ながら沖縄訪問は実現しなかったものの、
沖縄以外の全国を行脚し、戦後の我が国の成長、
発展に苦心、寄与されました

上皇陛下は、上皇后陛下と共に、
昭和天皇が実現できなかった沖縄訪問、
そして戦争によって犠牲となられた
戦没者の慰霊のために、
世界中を訪問されるとともに、
国内で数々発生した災害被害に対しては、
早い段階から被災地を訪れ、被災者を慰め、
励まし、国民、市民に大きな力を与えてくれました

そして迎えた令和の時代、、、
天皇陛下、皇后陛下は、上皇陛下、上皇后陛下の
なさりようを「承継」されるとともに、
新しい令和の時代に即したものを
生み出されるように、まろんには感じられます。

もちろん上皇陛下、上皇后陛下も在位中は
英語でのコミュニケーションを実践されていましたが、
元外交官という圧倒的な実績をお持ちの
皇后陛下により、まさに異次元のものとなり、
グローバル化する現代において、
我が国の価値をより高めることにもなりますし、
我が国の元首として、誇り高く感じます。

ただ、まろんは6/21に東京都の保育園を
天皇皇后両陛下が訪問された際の
「お買い物ごっこ」の様子がかなり気に入っています(笑)
posted by まろん at 15:16| 東京 ☁| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

梅酒を漬けはじめて1週間、、、

6/29
先週の土曜日に人生はじめての
梅酒を漬けはじめて
から、
ちょうど1週間が経過しました

まだ下の方に氷砂糖が溶けずに
残っていますが、なんとなく
美味しそうな気配が漂ってきています。

IMG_20190629_212045.jpg

なんだか今すぐにでも飲めそうな
感じもしますが(笑)
少なくとも半年、
美味しい梅酒に仕上げるには1年は
暗室に放置しておく必要があるようです

なんだかフライングして市販の梅酒を
買ってしまいたくなりますね(笑)
posted by まろん at 21:27| 東京 ☁| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする