2019年01月31日

30社目もあと2ヶ月、、、

1/31
2019年の1月もあっという間に過ぎていき、
明日からは2月に入っていきますが、
ということはまろんが今働いている
30社目の会社での仕事も残すところ
あと2ヶ月となりました。

1月から参画したプロジェクトは、
例によってマネージメントができていない
状態が続く上に、
何を目指してプロジェクトをしているのか、
プロジェクトを成功させるために
何をしなければならないのか、
何を考えなければならないのか、
何をお客様に伝えればよいのか、
何をお客様と調整すればよいのか、
何をまとめなければならないのか、
という方向性も、方針もないままに、
失注するのではないかと危ぶまれる状態に
なっていました。

しかし、先日の記事で書いたとおり
相当越権的に口出し、メールだしなどを
することによって、現状はまだ続いている
状態になっています。
ただ、来月に入ってまだ残るのかどうかは
わからない状態です。

まあ、とりあえず来月の中旬ぐらいまで
やることがあれば、3月末日の契約終了まで
有給休暇などを活用すれば、
なんとかなるだろうとは思います(笑)


そういえば今日はまろんの大事な知り合いの
女性が長年勤めた会社を退職するという
ある意味では記念すべき日でもありました。

彼女にとっては、これからの人生の方が
大事になりますので、
より良い仕事なり、
素敵過ぎる男性との出会いなり、
より良い人生を歩んでほしいと
心の底から願わずにはいられません。

ちなみに彼女は次は2社目?3社目?
になりますので、まだまだまろんには
遠く及びません、、、
というかそもそも及ばない方がいいのですが、、、(笑)
posted by まろん at 23:54| 東京 ☔| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8年かかってついに復旧、、、

2011年3月11日 14時46分に発生した
東日本大震災

戦後最大の、甚大かつ強烈な大津波によって、
我が国の同胞20000人以上が犠牲になり、
何十万、何百万という同胞が、
凄惨な被害を受けました。

そしてその大津波によって、
旅行で何度も訪れていた東北地方で
まろんの足となってくれていたJRや
三陸鉄道などの鉄道網は寸断されました。

その後何度も、現場を歩き回った
まろんの最初の頃の実感としては、
本当に復旧するのかと絶望感に打ちひしがれ
続けた8年間でしたが、
しかし我が国の国力によってその絶望感は
まったくの間違いであって、徐々に鉄道網は
復旧してきました。

2年前の冬に記事に書いたとおり、
東日本大震災の苛烈な被害によって、
まだ復旧していない鉄道網は、
福島第一原子力発電所付近の浪江-富岡間、
そして岩手県の山田線の釜石-宮古間
の2区間となっていましたが、
東日本大震災からちょうど8年を越える
2019/3/23に山田線の釜石-宮古間が完全復旧します

ただし、山田線はJRではなく三陸鉄道に
移管譲渡され、三陸鉄道として生まれ変わっての
復旧となります。
これにより三陸鉄道は盛から久慈まで
一本の鉄路でつながることになりました。

旅行は鉄路を基本とするまろんにとって、
これほどのビックニュースはありませんし、
もちろん様々な想いがこみ上げるでしょうが、
今から現場に行くことが楽しみでなりません。

開業から1,2ヶ月ずらしての予定ですが、
当然今年早速行ってきます。

ちなみに山田線といえば、釜石-宮古間を
代替バスで行き来していた際、
道の駅やまだの側の鉄路を写真に
収めたことがあります
それがこちらです
IMG_1777.JPG

この写真の光景が一新されていることを
しっかりと目で観て、耳で聴いてこなければ
なりません。

なお、残る福島第一原子力発電所付近の浪江-富岡間も
今年の末には復旧するとのことですので、
これにより東日本大震災によって
寸断された鉄路については、
鉄路だけはすべて復旧することになります。

もちろん忘れてならないことは、
未だ復旧、復興は途上であって、
まだまだ被災地への支援、応援が必要であるということ
そして、東日本大震災から身を持って、
甚大かつ苛烈な多くの犠牲によって
我々が気付いた危機管理への意識と
危機管理に基づいた実行が
重要であるということです。
posted by まろん at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

隔世の感とはまさにこのこと、、、2

昨年のちょうど今頃27社目から28社目を目指した
転職活動をしていた際、
「隔世の感とはまさにこのこと、、、」という記事を書きましたが、
まさか翌年の今も転職活動をしているとは、、、

というか、予想どおりなのかもしれません(笑)

さて、その記事の中でも書いたとおり、
まろんぐらいの転職をしている人材は、
とかく保守的な?変化を苦手とする我が国の
会社組織の風土からすると、
倦厭されがちで、2,3年ぐらい前であれば、
応募しても書類選考に通過することはまれで、
特に正社員に限っては、ほとんど可能すら
感じられないことが多かったです。

そのため待遇が良いことや、相対的に自由に
仕事ができる点などを総合的に判断して、
派遣社員として仕事をしてきたのですが、
昨年、そして今年と年月を経るにつれ、
その傾向は様変わりし、
先日も書きましたがとある求人サイトに
新たに登録したところ、毎日のように、
20件から30件ほどの正社員向けの
スカウトメールが届くようになり、
求人サイトの人材紹介会社からの紹介案件も
それに追加されて、もはや見ることが
できないほどの大量の案件が届くように
なってしまいました。

今までの転職活動がなんだったのか?
と思いたくなるようなまさに隔世の感、
という感じです。

ちなみに、スカウトメールとはいえ、
そのうちの7割ぐらいはダイレクトメール
のようなものだったり、重複して
送付されてきたりしているものなので、
たくさん届いたから良い、というわけでは
決してありません。
何事も量よりは質、というわけです。

ちなみに、そのスカウトメール経由で、
2/1(金)に正社員の求人の面接に
行くことになりました。

そのほか派遣会社経由のものについては、
先方確認待ちという段階のようで、
あまり進捗状況は進展なし、という
状況です。

既に30社目の退職が決まり、まさに刃の上を
歩いているようなこの状況から、
どの段階で平場を歩くことができる
状況になるのか?
そして31社目はどんな会社になるのか?

まろん道を正しく歩んでいくための
いつもながら過渡期の中にいる
まろんなのでした(笑)
posted by まろん at 00:53| 東京 ☀| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする