2018年09月30日

沖縄県知事選は表の世界が制する、、、

先ほどの記事のとおり、今日2018/9/30は
沖縄県知事選でしたが、
沖縄県の視点で言えば与党候補の
病に倒れられた前県知事の後継者として、
基地反対派の候補者が当選しました。

これはまろんブログで表の世界と位置づける
テレビ、新聞、雑誌などの、旧態メディアの
勝利ということになります。

今月行われた2つの大きな選挙の
自由民主党総裁選挙と、
今回の沖縄県知事選挙は、
表の世界と裏の世界の1勝1敗となりました。

今回の結果は、まだまだ沖縄県においては、
表の世界の影響が強いことを如実に表す
証左となりますが、沖縄県においては
少なくともあと4年間、表の世界の影響が
続くことになります。

ただし、沖縄県知事選挙は、東京都知事選挙と
同様に、単なる一地方選挙の一つであって、
国家政治が一地方に対して、著しく配慮し
続けることは許されません

今の東京都知事があまりにも無能で、
どうしようもなくても、国家政治が
そこに不当に関与し続けることができないのと、
同じ理論、論理で対処しなければなりません。

ただ、特殊事情ということで、
沖縄県の場合は、第二次世界大戦後
我が国から切り離され、1972年5月15日まで
独立することができなかったという事情や
我が国ではじめての地上戦が行われ、
本土から援護に駆けつけた戦士達を含め、
甚大な戦争被害を受けたという事情による、
配慮は当然必要であって、そのことを
踏まえた上での対応は変わりなく必要です。
そこに揺るぎがあってはなりません。
posted by まろん at 23:30| 東京 ☔| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵐の前の静けさ、、、

2018/9/30の21時時点ですが、
台風24号は和歌山県に上陸しているようで、
台風の影響によって、関西電力管内では、
大規模な停電が発生し、台風の猛烈な威力
に晒されているようです。

既に台風が去った沖縄県でも、大規模な
停電が発生しており、これからのルートに
近い方々については、一層の予防管理が
必要になります。

ベランダに置いているものを室内に
移動したり、水を備蓄したり、
という対応が求められます。


今現在の東京は、20時からJR東日本の
すべての路線が運休になっていたり、
台風に備えた対応が粛々と取られていますが、
まだ台風の影響による強い風が吹いたり、
ということはなく、弱い雨が降っている程度で、
まさに嵐の前の静けさ、という感じです。

ただ、台風21号を経験したまろんの実家からの
情報によると、台風の影響を感じたら、
あっという間に風が吹き荒れ、
ベランダに出ることも、ベランダの扉を
明けることもできなくなるぐらいの
影響がでるようですので、油断は大敵です。


さて、この自然の脅威である台風24号の
嵐の前の静けさとは別に、
もう一つ我が国にとって大きな影響を
与えるであろう出来事として、
沖縄県知事選挙が行われており、
先ほど投票時間を経過しましたので、
今開票作業中です。

まろんブログでは、今回の沖縄県知事選挙を
表の世界が制するか、裏の世界が制するか
ということで、非常に強く注目していますが、
これからの沖縄県の問題、
そして我が国全体の問題として、
その結果が注目されます。

天災による被害を受けている、またはこれから
残念ながら被害に晒されてしまう方々には
失礼な物言いになっているかもしれませんが、
沖縄県知事選挙は、今後の我が国に、場合によって
嵐を巻き起こす可能性もありえます。

そういう意味では、開票作業中の今は、
まさに嵐の前の静けさということも
できるかもしれません。
posted by まろん at 21:27| 東京 ☔| Comment(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくよく思い起こすと、最近の天気予報はすごくあたる、、、

昨日の記事のとおり、台風24号が接近し、
沖縄での暴風の凄まじさの情報も入っていますので、
くれぐれも注意、危機管理をお願いします。


ところで、今回の台風24号の通過ルートは、
ほぼ天気予報で予報されていたとおりのようで、
到達時刻が若干遅れたり、早まったりということが
あるように思いますが、
この天気予報に基づいて、JRや飛行機などの
公共交通機関、施設などの運休、休止予定が
決まるぐらい、というか決めることができるぐらいに
その精度は非常に高くなっているように思います

これはまろん感覚ですが、2,3年ぐらい前までの
天気予報では、台風情報がもたらされても、
予報されていたルートを外れて、
何も影響がなかったということが
あったように思いますが、
最近はそんなことはないのではないかと思います。

そう思って、色々と思い起こすと、
天気予報の全体的な精度、確度も
晴れ、曇り、雨、雪だけに限らず、
気温、湿度などを含め全体的に
向上しているのではないかと思います。

まろんの大好きな故、桂枝雀さんの落語の中で、
天気予報があたる確率が80%というフレーズがあって、
結構印象に残っているのですが、
枝雀さんが亡くなられて、19年以上経過している今
そのフレーズも過去のこととなっているのかもしれません。
posted by まろん at 11:22| 東京 ☔| Comment(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする