2018年06月30日

いよいよ決勝トーナメントがはじまる、、、

ロシアワールドカップもいよいよ
今日から決勝トーナメントがはじまります。

早速
フランス-アルゼンチン
ウルグアイ-ポルトガル
そして
スペイン-開催国ロシア
クロアチア-デンマーク
ブラジル-メキシコ
ベルギー-我が国日本
スウェーデン-スイス
コロンビア-イングランド
と続いていきます

世界ランキングで言えばブラジルや
ベルギーが有力ですが、
予選リーグでドイツが敗退したように
何が起こるかがわからないのが、
サッカーであり、ワールドカップである一方で
長い歴史の中で優勝国が数カ国しかない事実も
ありますので、
結果的に優勝は優勝経験国である
フランス
アルゼンチン
ウルグアイ
スペイン
ブラジル
イングランド
のいずれかになるように思います。

さて、我が国日本は、決勝トーナメントに
進出するために、まろんの主観ではありますが、
非常に惨めな試合運びをしてしまいましたし、
表および裏の世界の情報を色々と確認した
今に至ってもその理解に変わりはありません。

ただし、その試合運びをして、他力本願ながら
目的どおり決勝トーナメントに進出したこと
その試合運びをすることを決断したこと
その試合運びをするよう適切な選手交代を行ったこと
スタメンを6名変更したことなど、
今までの我が国の代表チームではできなかったであろう
リスクを覚悟する勇気と決断
そのことにフィットさせたチームとしてのまとまり、
それができるだけのコミュニケーションを確立
できていたことは、決勝トーナメントを
勝ち抜いていくための何かを得た可能性も
あるのかもしれません。

また、他の様々な強豪国も、そういう試合を
何度か経験する中で、ある意味での勝負への汚さ、
勝負への過度のこだわり、のようなものを身につけ、
強くなってきましたので、
先日の記事でも書きましたが、
我が国の代表チームが、確固とした強さを
身につけるために必要なことだった
となるよう期待し、希望をこめたいと思います。
posted by まろん at 19:03| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

28社目が無事終了!

6/29
この日は28社目の会社の勤務最終日

まろんの仕事に関する基本的なスタイルとしては、
会社の中で過度に親しい人間関係は築かない、
というスタイルを貫いてきたため、
今までの27社のうち、退職するからといって、
餞別らしきものを渡したり、もらったり、
送別会を開いてもらったり、
ということはほとんどなく、
ここ最近で言えば史上最長記録を更新した
24社目で同学年の同僚とランチしたり、
26社目の会社で同僚の素敵な女性達と
ランチを食べに行った程度でした

逆にいえば、会社の所属部署全体でというようなことは一切ありませんでした。

しかし、今回の28社目は、プロジェクトが
獲得できなかったことをきっかけとした
退職に過ぎず、仕事の関係上全体的な交友関係は
かなり良かったこともあり、
例えば部署内ほぼ全員でランチに行ったり、
餞別をもらったり、渡したりということをしました。

当然のことながら、これは退職する組織や
仕事ができない、しない同僚や上司などへの
不快感や軽蔑感がなかった、ということでも
あるのですが、かなり異例なことではあります。

さてこの土日を過ぎれば、いよいよ29社目へと
まろん道は続いていきます。

まずはスタートダッシュがどうなるか?
ということにつきそうな気がしますが、
果たしてまろん道はどういう道になっているのでしょうか?

ちなみに餞別でもらったものはこちら
これを見ていただいただけで、まろんが28社目で
どういう立ち居地で、どのような人間関係を
築いていたかを理解していただけると思います(笑)

ちなみに2つももらいました。
4回分のご飯代が浮きました?(笑)
IMG_2447.JPG
posted by まろん at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず決勝トーナメントには進みましたが、、、

ロシアワールドカップ日本-ポーランド戦

1点先取されたので、同点、逆転狙いの試合
になるかと思ったら、
他会場のセネガル-コロンビア戦で
コロンビアが先制したという情報が
もたらされ、日本が0-1で負けた状態でも、
フェアプレイポイントでセネガルに
勝っていることがわかったため、
なんとそのまま負けた状態の負け狙いの
展開に持ち込み、結果として0-1で敗北
※得失点差もすべて同じ

これはセネガルがその後の猛烈な反撃で、
コロンビアに同点に追いついたら
その時点で予選リーグ敗退が決まるという
リスクを覚悟した上での、他力本願で
試合運びを選択したということです。

たまたま幸運にもセネガル-コロンビア戦が
1-0でコロンビア勝利で終わり、
決勝トーナメントに進みましたが、
こんな惨めな戦いで決勝トーナメントに
進んで、そこに何が生まれ、何が残るのでしょうか?

前日の韓国の世界ランキング1位のドイツを
撃破したというまだホットな素晴らしい結果と
比べると、いったいどういうことなのか?

この圧倒的なしこりの残る戦い方は
今後我が国のサッカーが発展し、
いずれワールドカップを制覇するための、
通り道として、必要だった戦いということになるのか。
今後の展開に、わずかな希望を見出したいと思います。

ただし、今回の代表チームの試合を
生で観戦することはもはやないでしょう。。。
posted by まろん at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする