2018年03月23日

白川郷土産、、、

今日は簡単に白川郷土産をご紹介
IMG_2375.JPG

IMG_2384.JPG

IMG_2376.JPG

IMG_2379.JPG

IMG_2385.JPG

まろんが食べることができたのは、
赤かぶととちの実の五平餅でした。

ちなみにまろんブログといえば、
ハムスターですが、ハムスターが
やる気がないとき、手足を隠して、
地べたにべた~となる姿は、
まるで五平餅、なのです(笑)
posted by まろん at 01:03| 東京 🌁| Comment(0) | お土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

1泊2日東海・白川郷旅行〜白川郷後編〜

※この記事は「1泊2日東海・白川郷旅行〜白川郷前編〜」の続編です

昼食に飛騨牛と朴葉味噌焼きセットを
堪能して、お腹がいっぱいになった
まろんは、店を出て、少し散策してから、
バス停に行こうとしましたが、
バスまで時間があったので、
バス停近くの喫茶店で甘味でも食べることにしました。

店に入るとこじんまりとした優しそうな
家族経営っぽい喫茶店で、おばあさんと、
おそらくお嫁さん?が観光客を相手に、
てきぱきと手を動かしていました。

メニューを見ると、とちもちぜんざいセット
という、かなりそそられるものがあったので、
それを注文しました。

しばらくするととちもちぜんざいセットが
出されたのですが、まろんのイメージでは、
とちもちぜんざいとお茶がでてくるのかと
思っていたのですが、
それだけではなく香の物や、ふかしいも?、
厚揚げなど、かなりのボリュームのものが
でてきました。

あらっ?と思ったものの、そこはスイッチを
切り換えて?、美味しくいただきました
メインのとちもちぜんざいは、甘めなのですが、
品の良い甘さ?というのか、心地よい甘さと
いうのか、白川郷に行ったら、食べてもらいたい
美味しさでした。

昼食もおやつも堪能したら、ついに白川郷とも
お別れです
バス停に行き、高速バスに乗ったら、
歩きつかれたのがぐっすり眠っているうちに
深い眠りについてしまい、気がついたら
高山駅近くまで着いていました。

高山駅に着いたら、すぐにJRの改札を済ませて、
特急ワイドビューひだ号に乗車し、
高山→名古屋

帰りも10両編成でしたが、団体客もあって、
ほとんど満席の状態で、まるで観光ブーム
かのような活況でした。

名古屋に到着したらロッカーから荷物を
取り出して、新幹線乗り場にいきましたが、
デフレの時代に鈍行で旅をしていた時代に
比べると、どこもかしこも人ごみだらけで、
おそらく相当に景気がいいのは明らかです

名古屋からは新幹線ひかり号で、
名古屋→三島
三島からは鈍行で
三島→熱海
熱海で今回のトクトクきっぷは終了で、
熱海からは交通系電子マネーで
熱海→東京

東京から日本橋まで徒歩で向かい、
東京メトロ東西線で
日本橋→葛西

今回も楽しさ、美味しさたっぷりの旅行だったのでした。
次はどこに行こうか?
第一候補は四国、その次は東北の被災地
または両方?(笑)
posted by まろん at 21:43| 東京 ☔| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ヶ月の契約更新

3/20
この日まろんが登録している派遣会社の
営業の素敵な女性からメールがあり、
今の28社目の会社での契約が
4月末日から6月末日まで更新してよいか
という確認のメールがあり、
現状一切の不満もないため、
先方の意向に合わせて、更新してもらうよう
返信しました。

これにより、現在の仕事の取り組み状況などから
推測すると、現状確定ではありませんが、
ほぼ確定的に契約の更新となります。

ということで、とりあえずは今の美味しいランチや
まろんが所属している部署には女性が少ないものの、
活気があり、仕事に取り組むため環境が整っている
今の28社目での仕事はもう少し先に伸びるようです。

それにしても、既に書いているとおり、
美味しいランチや食後のデザートやカフェ、
その上まれに他社のセールスが社販でやってきて、
特価で購入できる機会があったり、
何から何までいいごと尽くめで、
正直怖いぐらいです。

まろんの長い長い転職経験の中で、
関係会社を含めて、こういう恵まれすぎた
環境というのは、26社目に引き続きなのですが、
その26社目をあっさりと追い越してしまっている
環境と待遇の良さになんとも凄いなあと感歎するばかりです。

ただ、それだけ社員を中心に、仕事は厳しく、
プレッシャーもある会社ではありますし、
場合によっては深夜残業もあります。

それでも活気があって、悲壮感がないというのは、
それは仕事がいい意味での生活の一環として
人生の糧としての存在となっているからでは
ないかと思います。

若干時代に逆行することを書くとすれば、
生活の一環が、そのまま仕事になるのであれば、
仕事とはいえ生活だし、能動的に楽しく仕事が
できるのだから、仮に不幸にも健康への影響が
もたらされることがあったとしても、
それはその人にとっては、より良き人生だと
いえるのだと、まろんは考えています。

ただし、それは他人に無理強いはしませんし、
それを見守る家族などの感情を慮ると、
正義とはいえないのかもしれませんが、
仕事、ということの意義であり、意味では
ないかと思います。

逆にそういう仕事が世の中にどんどんと
生みだされるのであれば、
楽しく、心豊かに仕事ができるので、
不幸なことが起こりにくい社会になるのかもしれませんし、
仮に不幸なことが起こったとしても、
家族などが納得できるのかもしれません。

仕事=やらされるもの、
仕事=めんどうくさいことを無理やりやらなければならないこと
という極端な世相に、懸念を持つ、仕事人間の
まろんの個人的な考えや感覚から、そんなことを
考えてみました。
posted by まろん at 00:03| 東京 ☁| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする