2018年01月28日

28社目への進捗、、、

土日祝日恒例のトレーニングが終わり、
晩御飯を食べて、身体がぎしぎしと
音を立てているような感じの中(笑)
この記事を書いています。。。

さて、先日の記事で書いたとおり
今の27社目は見限り、次の28社目に向けて
始動し、色々と話が進みはじめています。

まず、その記事で記載した正社員への応募
2件については、早々に書類選考で落選
並行して依頼していた派遣会社からの
紹介は、先週末に3件ありました。

そのうちの1件について、第一志望として
話を進めていただくよう依頼し、
明日以降展開されていくことでしょう。

ちなみにその1件は、26社目の会社に
入社するときに、もう1社内定?していた
案件と同じ会社の案件で、ある意味で
運命的なものを感じますが、
果たしてどうなることやら。

ところで、正社員案件についても色々と
見ていますが、まろんが考えているほどに、
正社員案件の給与の額は上がっていない
ように思います

好景気に入ると、
アルバイト→契約社員や派遣社員などの非正規社員
→正社員
の順番に給与額が上がっていくのですが、
(※正社員は賞与から上がっていく)
ここ数年でまろんが、大阪時代の給与から
2倍以上も上がっているのに比べると、
正社員の給与はまだまだ上がりそうな気配は
ないような感じです。

ただ、一部の業種とかはそれでも少しは
上がっているようですし、
正社員化への取り組みも進んでいるようです。

つまりは人手不足感が進んでいるということですが、
とはいえまろんが敬愛する数量政策学者などの
見解では、失業率はまだまだ下げることが
できるということなので、正社員の給与が
上がるのはまだ少し先かもしれません。

失業率を下げるには、
日銀が今以上に金融緩和を拡大するか、
安倍政権が経済政策を推進するか、
のいずれかが必須なのですが、
(※失業率は主に金融政策による)
先日の記事でも書いたとおり
既得権益にしがみついた抵抗勢力や
偏見や染み付いてしまった固定観念から脱する
ことができない体質の権力を持った会社の上層部や
中央・地方官僚、
そして彼らを擁護し、一定の地位を確保しようとする
表の世界のメディア
などによって、なかなか先に進まない状況に
なっています。

今後揺るぎのないまろん道を着実に歩んでいく中で、
そして並行して我が国の発展と成長が実現していく中で、
唯一懸念があるとすれば、この点にあります。

とはいえ、まろんがするべきこと、
今できることは、ただ単純なことであって、
常に冷静に、客観的に、全体を俯瞰しながら、
今までの経験、知識、スキルを活かしながら、
正しいと信じるまろん道を歩み続けることだけです

そして、その道がどのようなものであろう、
その現実を「過去」を受け入れて、
あるべき「未来」を見定めて、
「現在」やるべきことを新たに歩みだすことだけです
posted by まろん at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

まろん風手作りわらび餅

今日は超ひさしぶりにまろんの手作りおやつを
紹介します。

といってもそれほど手の込んだものでは
ありません。

わらび餅粉と、きな粉を買ってきます。
わらび餅粉と水を1:5の割合で鍋に入れて、
最初は強火、その後中火で、
いい硬さになるまでひたすらぐるぐる混ぜます。

最初は白い状態になりますが、だんだん
半透明になり、混ぜるのが大変になりますが、
ひたすら混ぜればいいだけなので簡単

半透明になっていい固さになったら、
冷たい水に入れて、冷やします。

その後適度な大きさにちぎって、
きな粉と砂糖を混ぜたボールに放り込んで、
きな粉をまぶしたらできあがり

写真はこちら
IMG_2347.JPG

市販のわらび餅も美味しいですが、
できたてのおいしさと新鮮さがたまりません
一度お試しあれ~
posted by まろん at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

こんなに暖房を使うのははじめて、、、

先日来書いていますが、ここ最近の寒さは
かなり異常なレベルに達している気がしますが、
まろんの自宅では、おそらく人生で最も
暖房を使っている冬になっています。

まろんは暑がりで、新陳代謝もよく汗かきなので、
クーラーを使う量は多いとは思っていますが、
今冬は今夏のクーラーよりも断然暖房を
使っていると思います。

昨年の6月の記事で、地球が今や氷河期の
ステージへと突入しているらしい
ということを書きましたが、
さすがにこれほどの異常な寒さに直面すると、
現実のものと考えざるを得ないかもしれません

逆に言えば、今や地球の温暖化などは、
ほぼ終了しているということであって、
地球温暖化の象徴でもあったオゾン層の
破壊は既に解決しているようで、
オゾンホールは今やほとんどみれなく
なっているということです。

地球温暖化への対応、という名目で、
我が国を中心に、世界中で経済発展を実現し、
その恩恵は非常に大きなものをもたらしました

また、そのための世界的な機構、機関による
取り組みも推進されてきました。

それは場合によっては不愉快でさえあるぐらい
大上段に構えて、振りかざすような理想論のような
ものでさえありました。

しかし、時代が流れ、時代が変遷し、様々な事情、
状況も流れ、変遷してきています。
果たして、今も地球温暖化という、"偽の"名目を
振りかざして、我々は様々な施策を
これからも続けていくのでしょうか。

そろそろ現実を客観的、冷静に見定め、
正しい科学的な情報やデータに基づき、
既得権益にしがみつかず、
偏見や染み付いてしまった固定観念から脱して、
正しい方向展開をして、本来歩むべき施策を
取るべき段階へと突入しているようにまろんは
考えます。

このことは安全保障や、災害対策、危機管理、
経済、政治などなど、様々な局面で我々は
既に直面していることでもあります。
posted by まろん at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする