2017年11月30日

3泊4日四国旅行を動画で振り返る、、、

まろんブログで初の試みになりますが、
11/25~28日までの3泊4日四国旅行を
動画で振り返ってみようと思います。

ちなみに何故初の試みになったのか?
といえば、まろんが日本全国のすべてのJRの
路線を踏破するまでは、記録よりは記憶、
ということを掲げていたため、
旅行先で写真や動画を撮影することは皆無でした。

しかし、写真や動画の品質が向上したこともあり、
また動画の公開も簡易になったため、
いつの頃からか撮影するようになったのでした。

さて、まずは最初の動画は天儀の鼻で撮影した動画
ここに行き着くまでの顛末を記事にしましたが、
それを考えると愛着がものすごい動画です(笑)


ちなみに天儀の鼻の画像や動画はインターネット上には
それほど多くないようなので、結構貴重かもしれません。

次は同じ天儀の鼻の浜辺の動画


次はかずら橋をわたる途中で立ち止まり、
撮影した動画
かずら橋の怖さが感じられるものにしたつもりです。。。


次は前回公開した橋の上からの大歩危の様子を
橋の反対側に向けて撮影した動画です


最後に四国に向かう飛行機から見下ろす
雪化粧した富士山の動画をどうぞ
posted by まろん at 22:20| 東京 🌁| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

3泊4日四国旅行~かずら橋、帰路編~

※この記事は「3泊4日四国旅行~天儀の鼻、四国一周編~」の続編です

11/28
ついにこの日がやってきました
そうです。3泊4日四国旅行の最終日

この日は前日の疲労回復のため少し遅めの
8時に起床したまろんは、顔を洗って、
身支度を整えたら、ホテルのロビーに
朝食を食べに行きました。

この日もバイキング形式の朝食で、デザートをあって、
なかなか美味しかったです。

ちなみに、まろんのホテルの朝食は、パンがメインの
朝食でない限りはほぼ100%ご飯系を選択しています。
というのはおかずにさばの塩焼きなど和的なものが
入っていると、パン系では違和感?があるように
思ってしまうからです。
まあ、あまりにも美味しそうなパンがあると、
ご飯少なめで、パンと両方なんてこともあることには
ありますけど、、、

朝食を食べ終えたら、部屋に戻って、しばし寛いだら、
改めて身支度をして、いつものとおり元気いっぱい
ホテルを出発しました。

徒歩で高知駅まで向かい、駅のホームで坂本龍馬に
ちなんだ龍馬弁当を購入してから、
特急南風号に乗車し、
高知⇒大歩危(おおぼけ)

大歩危に着いたらロッカーに荷物を預けてから、
バスが到着するまでの間、大歩危の街を
散策することにしました。

大歩危小歩危というと、吉野川の源流が創り出す
観光列車が新設されるほどの絶景が楽しめる
場所で、1日中いても飽きないような素敵な
観光地で、地上30mぐらいの橋の上から眺める
その光景はまさに芸術を超えています。


特にこの日は天気も最高で、最高の緑の
透き通った川を観ることができたのでした。

橋の上からの光景を堪能したら、大歩危の
道の駅まで川沿いを1kmほど歩きました。
自然いっぱいの山間の街を散策するというのは
本当に快適で、日常の喧騒を忘れさせてくれる
まさに癒しのひとときといえます。

道の駅に到着したら、お土産を探したり、
ぶらぶらとしていると、いつの間にか
バスの時間が近づいてきたので、
バス停に行き、バスに乗車してかずら橋
まで行きました。

大歩危には何度か着ているのですが、
時間の都合などでかずら橋に行くのは、
今回がはじめてで、いよいよかずら橋、
ということで、少しわくわくしていました。

このあとのかずら橋も素晴らしかったのですが、
それによりも、かずら橋に行くまでの、
剣山系の山々の急カーブを、色濃い山々を
車窓に観ながら、進んでいくその道程が
言葉にあらわすことができないほど
素晴らしかったです。

四国は妖怪や、落ち武者など様々な言い伝えが
多い場所なのですが、そういう言い伝えを
実感できるような独特の神秘的な雰囲気を
醸し出しているようにも思えます。

さてかずら橋に到着したら、早速かずら橋
渡ってみることにしました。

かずら橋は先ほどのリンクを張ったホームページを
ご覧いただくとわかるとおり、
こんな危なっかしい橋があるのか、
と思ってしまいそうな橋なのですが、昔はこういう橋を
架けて道隔てた場所を渡っていたことを考えると、
なかなか感慨深いものを感じます。

また一方で、床面の板の隙間が広く、足の下の目線に
くっきりと綺麗な川が流れているため、
かなり怖いのですが、橋自体は意外に丈夫そうで
思ったほどの怖さは感じませんでした。
確かまろんは高所恐怖症だったような、、、

まろんはあまり名所、というところは
好まないのですが、かずら橋については
名所といえる価値があるように感じた
ひとときでした。

かずら橋での貴重なひとときを過ごしたら、
バスで大歩危駅まで戻り、列車が車での
時間駅近くの展望台などをぶらぶらして、
その後ロッカーから荷物を取り出したら、
特急南風号で、
大歩危⇒多度津

多度津で高松行きの南風リレー号に乗り換えて、
多度津⇒坂出

坂出ではいつも饅頭を購入する駅近くのお店で、
お土産用の饅頭などを買ったら、駅に戻り、
特急いしづち号に乗車し、
坂出⇒高松

高松に到着したら、お土産屋さんでお土産を購入し、
リムジンバスで高松空港へ

そしていよいよ3泊4日の四国旅行はフィナーレを
迎えることになりました。

18時40分発のLCCに搭乗したらまろんは、
楽しい思い出いっぱい、筋肉痛いっぱい?(笑)で、
高松空港から成田空港

成田空港からは再びリムジンバスで自宅がある
葛西まで帰ってきたのでした。

数箇所訪れることができなかったところが
ありますので、この続きは来年の4月に
訪れることができればと思っています。
posted by まろん at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3泊4日四国旅行~天儀の鼻、四国一周編~

※この記事は「3泊4日四国旅行〜思わぬ雨編〜」の続編です

11/27
昨晩は24時前には深い眠りに着き、
ゆったりと眠ることができたため朝7時頃に
自然に目を覚ましたまろんは、すぐに
身支度を整えて、ホテルのロビーに
朝食を食べに行きました。

今回の3泊はすべてホテルの朝食だったのですが、
この日の朝食がもっとも種類も豊富で、
美味しかったのですが、最近まろんが宿泊する
ホテルで目にするような現地のおかず、みたいな
ものがほとんどなかったのは、残念至極では
あります。

ホテルで美味しい現地のものを食べて、お土産に、
というような流れで考えてほしいなあと
ついつい思ってしまいます。
まあ、高知はビジネスホテルがあちこちに乱立
していますので、価格競争などが激しい
ということなのかもしれません。

朝食を食べ終えたら、しばし部屋で寛いでから、
改めて身支度を整えて、いつものとおり
元気いっぱいホテルを出発しました。

駅まで徒歩で向かい、長旅になる予感が
するため、iPhone7用の充電バッテリまで、
コートの内ポケットに忍ばせてから、
重い荷物はロッカーに預けて、
完全手ぶら状態で特急しまんと号に乗車し
高知→中村
中村で土佐くろしお鉄道に乗り換えて、
中村→宿毛

まろんがよく四国に訪れていた際は、
高知から直接宿毛まで特急列車が走っていたのですが、
いつの間にか(おそらくは宿毛駅での事故の影響?)
ほとんどの特急列車が中村までになってしまっていました。

宿毛まで特急というのが当たり前のような
感じになっていたので、すごく残念な気持ちになりました。

宿毛に到着したら、宇和島バスに乗り換えて、
宿毛→城辺
城辺で白良循環バスに乗り換えて、
城辺→コモズラ
ここからは既に別の記事で書いたとおり
徒歩で天儀の鼻に行き、
天儀の鼻を満喫したら、タクシーで城辺まで
戻ってきました。

この段階でかなりへとへとで、お腹がすき、
足は筋肉痛

急な階段の上り下りと、軽い傾斜の坂道の
上り下りを繰り返していると、筋肉が破壊
されてしまっているので、急激な痛みに
なってしまいます。
なので、帰りの2.3kmは少しゆっくり、
調整しながら歩いたので、なんとか無事
戻ってくることができたのでした。

城辺に戻ってきたら、近くの札所に行って、
四国48箇所巡りの雰囲気を味わったら、
城辺のバス停から、
城辺→宇和島

この区間は進行方向左側に海が観えます。
特に鯛やはまち?を養殖している様子が
かなり広範囲にわたって観ることもでき、
なかなかの風情を感じます。

ちなみに、別の記事でこのあたりの海が
素晴らしく綺麗だと書きましたが、
タクシーの運転手さんの話では、
実は10年程度前は、汚れた海だったとのこと

というのは、養殖をする際の魚のえさが、
当時は生餌だったため、魚が食べた滓が
海を汚して、ひどかったというのです。

今は生餌が使われなくなったことで、
海が見違えるほど綺麗になったということでした。

こうやって現地の人と話をすると、色々と
深い話を聴くことができるので、
旅の醍醐味を感じることができます。

宇和島に到着したら、軽食を買い込んで、
特急宇和海号に乗車し、
宇和島→松山
松山でしおかぜ号に乗り換えて、
松山→多度津
多度津で南風号に乗り換えて、
多度津→高知
と長い長い四国一周を実現することができました。

本当は徳島まで回りたかったところですが、、、(笑)

高知に到着したのは23時前
ロッカーから荷物を取り出したら、重く痛む?体を
動かして?(笑)、ホテルに向かい、
チェックインしたら、晩御飯の買出しに出かけ、、、

なんだかんだしていたら、2時頃になって、
やっと深い深い眠りにつくことができたまろんなのでした。。。

いつものとおり無茶ばかりするまろんなのです
posted by まろん at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする