2016年03月19日

小川町お茶会?

3/17
この日は、先日記事に書いたとおり、今年はじめての
お楽しみ会の予定
でしたが、まろんが出勤途中に病欠により
参加できないという連絡があり、その後色々と調整した結果、
残念ながら今回はキャンセルになってしまいました。。。

ということで、まろんは定時を少し越えた18時半頃、
仕事を終えたら、最寄駅の小伝馬町に向かっていたのですが、
そういえば、いつものご近所さんの素敵な女性が、
都営新宿線の沿線で、彼と同棲しているという話を思い出し、
先日まろんが帰阪した際に持ち帰ったまろん母特製クッキーを
渡すだけでもできないかな、ということで、メールで連絡したところ
まだ小川町で仕事をしているという返信が帰ってきたので、
なぜか?小川町まで行くことになって、一緒にお茶することに
なりました。

こういう身軽さ?行動力が独身のまろんの良いところですね(笑)

まあ、最近はあまり会う機会も作っていませんし、昨年の
様々な経緯のこともありますので、近況を聴きたいというのが、
こういう行動力に現れているのかもしれません。
とはいえ、今年の1月に葛西駅でばったりと再会しているので、
それほど久しぶりということはありませんが、二人だけで
じっくりと話をするのは、半年ぶりぐらいです。

この後彼のために晩御飯を作って、というようなこと
だったので、小川町のとある喫茶店で、美味しいコーヒーと
名物のデザートなどを飲んで、食べながら、おしゃべりをしましたが、
彼女と改めて話をしていると、本当に人は変わるというか、
成長するのだというのを、率直に感じてしまいます。

おそらくその転機となったのは、自分のためだけに、と思って、
必死に誰よりも頑張ってきたことが、本当はまろんに対しても含めて、
人のためにもなってきたことに気づき、自分が歩んできた道を、
「過去」の歩みを正しく理解し、少しづつ「未来」を見据えることが
できるようになって、そして「現在」できることを、しっかりと
やりはじめたことにあったように思います。

もちろん、それまでに出会った男性からは得られなかった
本当の素敵な恋に巡りあったのも、支えになっているでしょう。

そんな彼女の成長は、まろんにとって、人生の糧になるような
嬉しいことなのですが、彼女の場合は、まだまだ成長してくれそうで、
ますます楽しみです。

1時間半ばかりの楽しいおしゃべりを終えたら、小川町に戻り、
彼女は都営新宿線、まろんは丸ノ内線にそれぞれ別れて、
帰路につきました。

丸ノ内線で大手町まで行き、大手町で東西線に乗り換えて、
自宅のある葛西に帰ってきたのは、20時半頃でした。

それほどお腹は空いていませんでしたが、軽く晩御飯を食べたら、
シャワーをかけて、洗濯をして、ブログを書いたら、あっという間に
深い眠りにつくまろんなのでした。(笑)
posted by まろん at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする