2016年03月13日

りんごを食べる「あんこ」

やっぱり、男の子は飼いやすいなあ。

まろんの実家にやってきた新しいハムスターの「あんこ」は
小学生の時に飼っていたゴールデンハムスターの
「ハム」を除く、ジャンガリアン系のハムスターとしては、
7代目のハムスターになります。

そして、その「ハム」と2代目ハムスターの「ぽわん」
以来となる、男の子のハムスターになるのですが、
「ころん」「まろん」「めろん」「ぷりん」「みかん」といった
若干気性の荒さがあった?女の子のハムスターに比べると、
大人しく、穏やかで、優しい感じがします。

ただ、ぽわ~~んとしていた「ぽわん」ですが、たまに
なに?と思うことがあって、暗闇を見つけると
脱兎のごとく、暗闇めがけて走り出す、という変な習性が
あって、それが原因なのか脱走劇を演じてくれたりしました。(笑)


さて、女の子の中でもロボロフスキーハムスターの
先代の「みかん」は、もっとも小さなハムスターですが、
最も扱いにくく、まろんを以ってしても、捕まえるのが
一苦労で、抱っこすれば、すぐに逃げ出し、
背中を触ろうものなら、どんな状況であっても、
飛びあがって、逃げてしまいます。
その結果、骨折して、、、ということになったのですが、
女の子で飼いにくかったのか?
それとも品種で飼いにくかったのか?
それともその両方?(笑)
とにかく、観ている分は、小さくて、可愛すぎるのですが、
飼いにくさは郡を抜いていました。
ちなみに、まろん母も「みかん」には、ほとんど
直接には触れなかったぐらいです。

既に記事にしましたが、3/11から3/13までの2泊3日で
じっくり「あんこ」と遊んできたのですが、、、
といっても、まろんの活動時間は、「あんこ」は
ほとんど寝ていたので、総計で2時間弱ぐらいですが、、、(笑)
抱っこのしやすさなど飼いやすさについては、
先代が「みかん」だったこともあって?、
より一層引き立っているかもしれません。

ということで、りんごを食べる「あんこ」の動画をどうぞ


次はいつ会いに帰ろうかな。。。
ということを言っていると、まろん母や父が怒るんですが、、、(笑)
父母に会いたくないのかって、、、
posted by まろん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あんこ」に会いに再び実家へ

3/11
ほぼ定時に仕事を終えたまろんは、職場のJRの最寄駅の
馬喰町まで徒歩で向かい、JRの総武快速線で、
馬喰町→東京

東京駅で、東京土産のごまたまごと芋羊羹を購入し、
東海道新幹線の改札に入り、ホームで駅弁の「春らんまん弁当」
購入したら、18時53分発の新大阪行きの新幹線に乗車し、
東京→新大阪

駅弁の記事を書くたびに絶賛してしまうので、若干しつこい感も
あるのですが、それにしても、最近の駅弁の品質は凄すぎます。
メニューの中にだいたい一品ぐらいハズレがあっても不思議では
ないのですが、どれも美味しいというのは、消費者の立場としては
そうあって欲しいのですが、それが実現されているというのは
素晴らしいことですね。

新大阪に到着したら、鈍行に乗り換えて、
新大阪→大阪
大阪で大阪環状線に乗り換えて、
大阪→鶴橋
鶴橋で近鉄に乗り換えて、
鶴橋→八戸ノ里
と乗り継ぎ、「あんこ」が待つ?実家へと辿り着きました。

ちなみに、東京駅や新大阪など、金曜日ということもありますが、
新幹線の混み具合は、5年前の東日本大震災が起こった当時、
それ以降の数年には見られなかった状態で、まさに我が国の
景気、経済がやっと回復傾向の中にあることを如実に物語っている
証左でもあるのですが、ただそれは、まだまだ回復傾向に
あるというにすぎず、まだほんの蜃気楼のようなもので、
いつでも、簡単に地に落ちることが起こり得ます。

一度完全に失敗している消費税増税を、2017年4月に
再び実施するなんていう愚策を実施されることがないように、
しなければなりません。
それにしても、国家全体、経済全体を俯瞰できていない財務官僚を
中心とした、彼らに操られている学者、評論家、メディアなどの、
国家間のなさ、俯瞰ができない無能さはなんとかならないもの
なのでしょうか。

実家に到着したら、早速、あんこ~、となるのですが、
まろんが実家に到着したのは22時半頃なので、夜行性の
「あんこ」は当然まだねんねの状態。

仕方なく先に風呂に入ったりして、改めて見てみると、やっと
ごそごそとし始めましたので、当然!動画を撮影しました。
それがこちらの動画です。




まだまだ動画を公開していきますので、「あんこ」の
可愛さを堪能していただければと、思っています。
posted by まろん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする