2016年03月08日

気分転換は大事!

まろんの通勤経路は、自宅近くのバス停から都バスないしは
京成バスに乗車し、一之江駅まで行き、都営新宿線で、
岩本町まで行き、徒歩で会社に向かうというルートで、
このルートをほぼ8ヶ月強使ってきました。

厳密に言えば、まろんの最寄駅は東西線の葛西になるのですが、
このルートが最も便利で、早く会社に行くことができます。

ところで、自宅近くのバス停から、一之江駅までのバス経路は
2種類あって、まろんの自宅前を通っている環七通りを
そのまま一直線に一之江駅まで行くルートと、
途中進行方向右側に折れて、少し遠回りをして、
一之江駅に向かうルートなのですが、前者はおよそ8分
後者はおよそ15分ぐらいかかります。

当然ほとんど前者のルートを使うのですが、バスが到着する
タイミングや、夏場は早くバスに乗って涼みたいので、
後者のルートであっても、とりあえず乗ってしまおうと
いうことで後者のルートを使うことも結構あります。

さて、今年に入り、色々と仕事が忙しく、ばたばたとしはじめ、
まろんの年齢的なこともありますが、、、(笑)
まろんのキャパシティにそろそろ達するのではないかというぐらいに
仕事が多くなってきたこともあって、最近は気分転換で、
例えば通勤を葛西から出勤してみたり、バスのルートを
後者のルートを使ってみたりしています。

そうすると、日常的な流れと逸脱することになりますので、
出会う人が違ったり、見える景色が違ったりして、
結構気分が変わったり、素敵な出会いがあるのではないかと
ちょっと期待感が高揚したり、なんとなく楽しくなってきます。

ほんのちょっとしたことなんですが、こういうのは、
やっぱり大事だなあと、思ってしまったまろんなのでした。

ちなみに、仕事が大変と言っても、ほぼ定時の残業なしで、
仕事を仕上げていますし、まだまだまろんのキャパに
達することはないのですが、当然年齢とともに、キャパも
減ってくるので、それがどれぐらいなのかが、見えないのが
ちょっとした懸念かもしれません。。。(笑)

さてさて、明日はどのルートで通勤しようかな?
素敵な出会いはあるのかなあ。
そろそろブログで、素敵な女性と付き合いはじめました!!
と報告したい、、、
posted by まろん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徹底的に打ちのめされて、、、

人が、「過去」に積み重ねてきた歩から脱し、
「未来」に向けて、より積極的に、前に前に歩を進め、
成長、発展していくためには、
基本中の基本である「現在」できることを、着実に、
精一杯やり遂げていくことしかないのですが、
そのことに気付き、自らが「現在」すべきことを正しく認識するには、
誰であっても、そのきっかけを必要とします。

しかし、近年の我が国のように、戦後著しい経済発展を遂げ、
ほとんどの人が、小学→中学→高校→大学→会社→定年→老後、
というレールの上を歩き、ほとんどの人が食うには困らない
そんな成熟した社会になってくると、よほどのことがない限りは、
なかなかそのきっかけになることに遭遇することはありません。

また、逆に若手社長で、成功してしまった人とか、
スポーツで成就してしまった人とか、
芸能人として売れてしまった人とか、
裕福な家庭に生まれ育ってしまった人とか、
普通の人とは違ったレールに乗ることができた人であっても、
そのレールをまだ先に、繋げていく、「承継」していくためには
同じように、「現在」やるべきことを正しく認識して、
それを実行しなければなりませんが、しかし、それを気付き、
認識できるきっかけに遭遇することなく、あっという間に
転落して行く場合もあります。

では、「現在」やるべきことに気付き、認識できるきっかけとは
一体なんなのでしょうか?

もっとも早く、危機感を持って、そのことに気づき、認識し、
自らの「現在」やるべきことに徹することができるような
きっかけになることとすれば、自らの「過去」すべてを
完全否定するような出来事に遭遇することでしょう。

東日本大震災のような大災害や、
それによって引き起こされた絶対安全とされていた
原子力発電所の重大事故、
スポーツで言えば、ホットな話題でもありますが、
あの世界制覇したなでしこジャパンが、五輪のアジア予選さえも
突破できなかったという事態、
彼女が自分を愛し続けてくれていると過信し、好き放題
飲み遊び呆けて、結果的に彼女に捨てられてしまった、
自分が頭がいいとか、賢いとか、やればできるけどやらないだけ
というような楽をしたいだけの勘違いによって、結果的に、
何もできない、誰からも関心も興味ももたれない人間に成り果ててしまった
などなど。

まさに徹底的に打ちのめされた、そんな事態に直面してはじめて、
我々は「過去」に積み重ねてきたことで足りなかったこと、
油断や過信があったことなどに気付き、そしてやっと、
危機意識が芽生え、前に進むことができるようになります。

もちろん、それができないほどに打ちのめされれば、
最も楽な道である死を選択する人もいるでしょう。

しかし、そうやって、徹底的に打ちのめされたことをきっかけに
立ち上がり、「未来」を見据えて、前に前に進み始め、
そして、「現在」やるべきことを成し遂げていくことが
できれば、その「未来」というのは、当然のことながら、
かけがえのない満ち満ちたものになる可能性が高くなります。

なぜならば、その徹底的に打ちのめされた時の絶望感や、
悲壮感、苦しみ、悩み、悲しみを乗り越えることこそが、
人が成長、発展し、人間の永遠のテーマでもある「強さ」
手に入れることができる唯一の道だからです。
つまり、徹底的に打ちのめされたということは、その道の入り口に
やっとたどり着いたということでもあるのです。

どれだけ辛い苦しい出来事に遭遇しても、それがどれほど
徹底的に打ちのめされるようなことであっても、
何も悲観することも、自信をなくすことも、絶望することも
ありません。
その、今直面しているその出来事こそが、今あなたが
乗り越えるべきものであり、それを乗り越えることができた
その先の「未来」には、かけがえのない、今まで見たことも
ないような境地が待ってます。
その素晴らしい境地に辿り着くために、「現在」できることを
着実に、真摯に取り組むことが、今の貴方には必要なのです。
posted by まろん at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする