2015年09月23日

シルバーウィーク最終日のまろん

シルバーウィーク最終日の今日9/23
朝9時半頃に起床したまろんは、朝食に、
一昨日の残りのカレーで朝カレーライスを食べ、
片付けなど用事をすませて、しばし休んだら、
お彼岸もかねて?(笑)靖国神社に参拝に
行こうかなと、ふと思い立ち、いつものとおり
元気いっぱい自宅を出発しました。

靖国神社の参拝は、今年の初詣などを含めて、
おそらく5回目?ぐらいになると思います。
明治神宮は若干遠いし、東京メトロ東西線で
一本でアクセスしやすいというのもありますが、
まろんも41年もの人生を歩んでくる中で、
歴史や過去を振り返る中で、やはりそれは
思い至ることが多々ありますので、なんとなく
靖国神社に行ってしまう感はありますね。

さて、最寄駅の葛西まで徒歩で向かい、
東京メトロ東西線で九段下に着き、徒歩で、
靖国神社に向かいましたが、若干噂には
聞いていたのですが、今まで靖国神社に
あったものがなくなっていることにふと気づきました。

それは神社にはつきものの?露天売りの行商です。
靖国神社の生い立ちを考えると、何故こんなお店が
開かれているのか、いつも疑問に思うと共に、
若干不快にも思っていたのですが、それが
ないことに、なんとなく爽快感を覚えました。

これが一時的なことなのかどうかわかりませんが、
平穏にお参りしたいと願う人々にとっては、
朗報でもあると思います。
※ただし、帰宅してよくよく調べると、どうも一時的な
もののようですし、禁止、というわけではないようです。


まろんは何年か前に、戦中の特攻隊の人達が
特攻に向かう前に書き残した手紙などを
展示されている鹿児島県の知覧というところに
旅行で行ったことがあります。
かなり意を決して、向かったのですが、着いた途端
展示館を囲むように並ぶお土産屋さんの群れに
相当な不快感を感じ、身体を反転させて、
そのまま何も観ることなく帰ったという経験があります。

そうなった経緯もあるでしょうし、そうせざるを得なかった
ということもあるかもしれないので、理解もできなくは
ないのですが、それはまろんの価値観には、
あまりにも反するもので、拒否反応となったのですが、
今までに靖国神社を訪れた際も同じような反応が
ありました。
歳を重ねたおかげで、引き返すことはなくなりましたが、
畏敬の念を抱き、伝えるそんな場所に、ふさわしくない
ものは、やはりなくなってほしいとは思います。
ただ、これはあくまでもまろんの個人的な感情では
ありますが、、、。

靖国神社の参拝を終えたら、今度は市ヶ谷まで
徒歩で向かい、JRでお茶の水、東京と乗り継ぎ、
東京の丸の内の本屋さんでぶらっとしたら、
東京メトロ東西線で、自宅がある葛西まで
帰ってきたのでした。

それにしてもこのシルバーウィークは、秋葉原や
錦糸町、靖国神社など、近場をぶらっとしただけの
まろんにしてはおとなしすぎる連休でした。
人ごみを避けるということもありますが、来月の
山陽九州旅行のために、今はおとなしくということですね。(笑)
posted by まろん at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まろんの女性遍歴2

※この記事は「まろんの女性遍歴」の続編?です。

まろんも41年間と約半年という、非常に長い時間を
生きてきましたが、ふとその時間を振り返ってみると、
その時間には素敵な女性があふれています。

今でも女性を見るときの好みの基準にもなっている女性に
幼稚園のときに初恋をしました。
その可愛らしい可憐な初恋の女性と他2名の
学校では有名な美女3人組とは、
学校からの帰り道一緒に帰りながら話をしたり、
一緒に帰れないときは若干待ち伏せ?をして、
偶然を装って、一緒になったふりをして帰ったり(笑)、
楽しい楽しい小学、中学時代を過ごしました。

ちなみに、当時から浮気性?のまろんは、どうも
ませた考えの男だったみたいで、つねに何人も好きな
女性がいたように思います。
この子もいいけど、あの子も、あんな感じの子も
好きかも?みたいな。

もうひとつちなみに、さすがに41年も人生を経験
していると、人との、女性とのコミュニケーションも
少しはうまくなってきているとは思っていますが、
当時のまろんは、基本的に人見知り、ということも
あって、相手が複数の場合は、なんとか大丈夫
でしたが、1対1なんていうシチュエーションでは、
本当に何も話せず、かちんこちんの状態になる
うぶな?(笑)男の子で、非常につまらない男の子
だったと思います。
それに引っ込み思案で、若干ネガティブな男の子
でもありました。

唯一、まあまあ話すことができたのは、その初恋の
女性との3人組の中の一人で、社交的で男の子との
コミュニケーションもうまく取れる女性で、
その女性にもちょっと恋心を抱いたこともありましたが、
ただ、この子には絶対相手にされないだろうなあ、
みたいな印象を抱かせるそんな女性でもありました。
そういう女性っていますよね?(笑)

一方で、母好きの子だったまろんは、まろん母が
パートをしていたスーパーの休み時間を狙って、
ちょくちょく昼ごはんを食べたり、スーパーの喫茶店で
チョコレートパフェを食べるために、遊びに?行っていた
やんちゃな子だったのですが、そのパートの
年上の女性達に色々と可愛がってもらって、その中の
何人かには所謂年上女性への恋心を抱いたりしました。

ちなみに、そのときの女性達が結婚されて、生まれた
お子様の何人かは、その後まろんが子守をすることに
なるのですが、、、

高校に入ると、若干性格も進展?し、クラスの女性や
サッカー部のマネージャーの女性などに
恋心らしきものを抱きましたが、当時はまろんが
過去一番愛した女性とのう運命の出会いもあったり
やっぱりなんだかんだ色々と女性との関わりは
ありました。

ただ、大学受験で2浪していた時間、
そして大学生になってからは、司法試験の勉強に
集中していたことや、病気を患ったこともあり、
少し女性とのかかわりは途絶えていましたが、
アルバイトを始めたときには、またまた?年上の
お姉様方に可愛がってもらったおかげで、
女性との関わりが新たに生まれ、その後何十社という
会社を経験しながら、いつもの酒豪の女性や、
いつものご近所さんの女性、
たまにランチを楽しむ品のある既婚の美人の女性、
大阪の姫などなど、あれよあれよと、
様々な素敵な女性と関わり、今に至っている感じです。

と、振り返って、じっくりと考えてみると、
どうもまろんは女性好きであるのは間違いないのですが、
ただ単に女性好きというよりは、女性の笑顔が大好きな
それをまろんの活力にして生きてきたのではないかと
思い起こされました。

まろんが、大阪出身のお笑いの気質があるのも
一因だと思いますが、女性と色々と話をして、
自虐的な話をしたり、身を削って(笑)?楽しんでもらって、
その結果、女性を笑顔にして、その素敵な笑顔が
まろんの充実した幸せ感、幸福感を生み出し、
生きていくための活力になる、
そんな明確なバイオリズムを感じます。

逆に身近な女性が悲しい表情をしていたり、すると、
何とかしてあげたい、と思って、じたばたとして、
そこまで悩まなくてもいいのに、というぐらいに
悩んでしまう、なんていうことにもなってしまいます。(笑)

さて、最近のまろんブログを読んでいただくと、
今のまろんは本当に充実した日々なのですが、
とはいえ、これが今年の目標である「まろんの結婚」に
つながっていくものかは、わからないのですが、
とにもかくにも大好きな女性を一人でも、
笑顔にすることができるような、そんな男では
あり続けたいなあとおもっている次第です。
posted by まろん at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

まろん風彩り野菜たっぷり豚丼

2日連続の料理の記事になりますが、、、

冷蔵庫の中に野菜の使った残りが結構溜まっていたため、
一気に使い切るためのレシピ、ということで、
職場の同僚などのおすすめを参考に、
作ってみることにしたのが、タイトルの丼です。

まず、赤パプリカ、なす、ズッキーニ、エリンギ、
大葉、モッツァレラチーズ、豚肉を用意し、
オリーブオイルを引いたフライパンに、
赤パプリカ、なす、ズッキーニ、エリンギを入れて、
少し焦げるくらいに焼き、途中で豚肉を入れ、
こちらはカリカリになるぐらいまで焼きます。

いい感じで焼けてきたら、火を止めて、
モッツァレラチーズをのせて、余熱でいい感じに
溶けてきたら、上に大葉をのせて出来上がり!
完成写真はこちら
画像


味付けは塩コショウと、顆粒の鶏からスープの素
だけでシンプルなつくりですが、まろんが想像して
いた以上にうま~~~!!なのでした。

残り物ではなくて、新鮮な野菜だったらもっと
美味しかった可能性が高いですが、とはいえ、
なかなかうまくまとめることができたようです。

まだまだまろんの料理の腕は維持できているようです。(笑)
posted by まろん at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする