2015年05月30日

これが底力というのかもしれない2

今年の3月に、東日本大震災により壊滅的な
甚大な被害を受けた宮城県の女川の女川駅が
復活することについて、記事にしましたが、
その記事でも触れましたが、本日5/30に
宮城県の仙台と、石巻を結ぶ仙石線が全線で復旧し、
まろんも随分とお世話になった代行バスは廃止され、
仙石東北ラインという仙台と石巻を結ぶ新しい
ルートが開業しました。

これにより、JRについては、あの東日本大震災で
被害を受けた区間は、山田線と福島第一原子力
発電所付近のルート以外はすべて復旧したことに
なります。
ただし、一部区間はBRT形式での復旧です。

東日本大震災からの復旧、復興は、4年を経過し、
また次のステージに進もうとしているといえるかも
しれません。


と言っていたら、、本日関東地方など広い範囲を
最大震度5強の強い地震が襲いました。
まろんブログでは、何度か触れていますが、
今地球は活動期に入っており、一昨日の鹿児島の
口永良部島の火山の噴火、昨年の御嶽山、
最近の箱根山の活動状況などから明らかなように
いつ何が起きるかは誰にもわからない状況に
なっているといっても過言ではありません。

あの信じられない、映画でしかありえないような
東日本大震災の再来でさえありえます。
5/13にはそれを想起させてしまうような地震が
東北地方を発生しました。

これは何も脅したり、あおったりするものでなく、
将来に訪れる可能性がある危機に対して、
どのように備え、準備しておくのか?
所謂危機管理の話です。

今国会では、安保法制について、全く本質を外れた
根本を離れた、世界の人々には聞かせられないような
稚拙極まりない愚かな反対派の主義主張が
繰り広げられ、議論されていますが、本当に我が国の
国民とその安全、危機が発生した場合の対処について、
野党を中心に本当に考えているのか?
そしてその野党を焚きつけ、既得権益を守るためだけの
メディアやマスコミは、危機管理について、いったい
何を考え、どうすればよいと考えているのか?

最近は、そういう我が国の戦後の体質のおかしさに
気づき、冷静、客観的に物事を考え、判断できる
人々が増えてきているので、心強くなってきていますし、
今の政府は危機管理に強いので、その点安心感は
ありますが、そうはいっても、我々は我々で、
常日頃から自分達でできることは備えておかなければ
なりません。

そして、そのことが、あの東日本大震災を経験し、
多くの犠牲を払い、被害を受けた現実から、
その「過去」から学び、「現在」→「未来」を作っていく
大事な大事な糧にするべきことでもあります。

あの東日本大震災の当時、まろんを含めて、
我々は、自分たちが如何に危機管理に無頓着で
あったを隠すように、政府を徹底的に批判し、
自分たちは被害者であるだけであるかのような
風潮でしたが、その政府の無力さや限界を
垣間見たのであれば、今度は自分たちが
ある意味で自立し、危機に備える必要があります。
そして、それは、未来永劫引継ぎ、承継して
いかなければならないことでもあります。

今一度、危機管理への意識を高めることに
改めて目覚めなければなりませんね。
posted by まろん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座美味しい野菜会

5/27
少し残業して18時40分頃に仕事を終えたまろんは、
会社の最寄り駅の東新宿から都営大江戸線で
飯田橋まで行き、飯田橋で東京メトロ有楽町線に
乗り換えて、銀座一丁目に向かいました。

この日はまろんの住んでいる葛西のご近所の
素敵な女性と、いつもの酒豪の女性たちの
東北出身の色白の素敵な女性との懇親会?
飲み会?が開催されるのです。
わくわく、どきどきしながら、まろんの人生
3回目の銀座なのでした。

目当てのお店は、新鮮かつ珍しい野菜を
取り扱っているお店で、噂によると生で食べれる
とうもろこしやかぼちゃなど、バイキング形式で
楽しめるお店とのことで、東北出身の女性の
おすすめでやってきたのでした。

まろんは基本外食はしないので、こういう素敵な
お店を知っている、それも誰もがうらやむような
素敵な女性がたくさんまわりにいてくれるのは、
本当にありがたいことで、その上一緒に
お食事をしてくれるなんて、、、
本当に幸せな身分なのです。(笑)

さて、目当てのお店の近くまで着いたら、ふと
まろんの前に見たことがある後姿の女性が
ふらふら?と歩いていたのですが、それが
東北出身の女性だったのですが、後ろから
ふっと声をかけると、すごい勢いでびっくり
されてしまって、あやうく彼女のスマホが
落ちそうになり、あぶないところでした。。。
これからは気をつけないと、、、(笑)

その女性と談笑しながらお店に向かうと、
ご近所さんの女性は既に到着していて、
久しぶり、、、まろんは久しぶりでもないですが(笑)、
再会を喜んでから、いよいよディナーの
スタートです。

とりあえずまろんはいつもの梅酒のソーダ割りを
注文して、バイキング方式の野菜を取りにいくこと
にしました。

いかにも美味しそうな、新鮮な生の野菜が
たくさんあって、噂の?生のとうもろこしや
なす、かぼちゃ、セロリ、ベビーメロン、
すいか、パプリカ、レタス、キャベツ、
すこし湯を通した人参、トマト、
名前は覚えていないですが、瓜系の野菜などなどを
お皿にのせて、早速食べましたが、、、、、
うっま~~~~!!!

何これっていうものばかりで、本当に今までの
野菜ってなに?という感じで、単純に野菜だけが
抜群に美味しく、食べることができるのです。

その野菜を使った豚バラの野菜炒めやチヂミ、
サラダなどもあり、もちろんそれぞれに美味しいですが、
でも生の野菜そのものが、一番美味しいのです。
これは感激です。

その他ベビーとうもろこしの蒸し焼きのような
ものがあったり、豚バラ入り蒸し野菜なども
あったのですが、野菜なのをいいことに、
明らかに食べすぎ(笑)

その上、新鮮な、黄身が白い!?卵をかけた
卵かけご飯、デザートにほうれん草のタルト、
小豆のタルト、ごまプリン、白玉などもあり、
まさに満腹満腹のディナーでした。

ちなみに、お酒にも野菜を使ったメニューもあり、
お店の人の話では、時間帯によって、出される
メニューも違うとのことでした。
素材がなくなったら、次の素材で別のメニューが
出されるということのようです。

そんな美味しい野菜や野菜料理と、お酒、
そして素敵な女性達との恋愛話や思い出話などで、
彩られた楽しい時間はあっという間に過ぎていくのでした。

ちなみに今回まろん達が楽しんだお店はこちら
http://www.noukanodaidokoro.com/

これほど満足感のある晩御飯はめったにない
ひと時を過ごしたら、東北美人の色白の女性は、
有楽町駅から帰路につき、
まろんとご近所の素敵な女性は、銀座から
銀座線に乗って日本橋、日本橋で東西線に
乗り換えて葛西まで一緒に帰りました。

葛西から自宅近くの交差点までおしゃべりしながら、
歩き、彼女と別れたまろんは、自宅に帰って、
楽しいひとときの余韻を楽しみながら、
シャワーをかけて、洗い物などの家事をしたら、
猛烈な睡魔が襲ってきたので、あっという間に
深い眠りについたのでした。
posted by まろん at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

2泊3日帰阪旅行~復路編Part2~

※この記事は「2泊3日帰阪旅行~復路編Part1~」の続編です。

5/24
さて、北陸新幹線の車内では、西洋の外国人の
老夫婦と隣り合わせになったのですが、
その老夫婦が日本土産を色々買っている中に、
今回まろんが乗車した北陸新幹線の車両を
かたどったミニチュアがあり、なんか楽しそうに
触ったり、動かしたりしていました。

その様子を見ていて、何故かこう、誇らしいというか、
自然と笑顔になるような喜び、みたいなものを
感じているまろんがいました。

外国の人達がどれほど喜んで、感激して新幹線を
利用しているか、という話は結構耳にしているのですが、
ごく自然に、当たり前のように新幹線を利用している
まろんにはその実感がなかなかわからないのですが、
それをある意味で感じることができた微笑ましい、
誇らしく感じるひとときでした。

東京に到着したら、東京メトロ東西線の大手町駅
まで徒歩で向かい、
大手町→葛西

実はこの日、まろんの自宅のある葛西の
ご近所さんのいつもの素敵な女性に、
土産を取りにきてくれたりします?という
まろんにしてはなんとも強引な?、メールを送ったところ、
快諾してくれたので、晩御飯をご一緒することに
なっていたのでした。

まろん母クッキーをこの日の朝に焼いたので、
鮮度も良いし、近所なのでもしかしたら?的な
発想が素敵な晩御飯につながりました。
やはり、今のまろんは色々なことが、いい方向に
向かう何かが付いているみたいです。(笑)

葛西の美味しいラーメン店の前で待ち合わせをして、
私服の彼女と、ラーメン店に入って、お土産を渡して、
ラーメンを食べました。

出汁がクリーミーで、美味しいラーメンでしたが、
ご飯なども無料で付いてきて、なかなかの
ボリュームで、思いがけずお腹がいっぱいに
なってしまいました。

彼女との葛西ラーメン店巡りもこれで3店目ですが、
葛西にはラーメン店がたくさんあるので、
踏破するには、まだまだ先は長い、というか、
まだ楽しい日々は続きそうな感じです。

食べ終えたら、いっぱいになったお腹を減らすために
ちょっと散歩して、彼女とは別れて、まろんは
自宅に帰り、洗濯などなど家事に追われ、
シャワーをかけたら、疲れと、満足感で、
あっという間に深い眠りにつくのでした。
posted by まろん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする