2015年01月12日

まさかの大失敗!!

1/9
3連休前の金曜日
会社で、同僚の人たちとおしゃべりをしていて、
なんとなく?チキンカツの話がでたため、この日の
晩御飯はチキンカツにすることにしました。

毎日晩御飯を作る身からすると、何かのきっかけで
その日の晩御飯のメニューを決めれるのは、
ある意味でありがたいことでもあります。(笑)

少し残業して自宅に戻って、チキンカツの付け合せの
フライドポテト用のじゃがいもと、フライドキャロット用の
人参、そして里芋フライ用の里芋それぞれスライスし、
鶏の胸肉も適当な大きさに切って、準備は完了

ビニール袋に小麦粉を入れて、そこにまずは里芋を
投入し、小麦粉を里芋の表面につくように、
ビニール袋を良く振ります。
その間に、スライスしたじゃがいもと人参を揚げます。

ボールを用意し、卵を入れて、よくかき混ぜ、
ビニール袋から里芋を取り出して、卵が表面に
しっかりとつくように混ぜ合わせます。
その間に、今後は鶏の胸肉を小麦粉が入った
ビニール袋に入れて、ビニール袋を良く振ります。

フライドポテトとフライドキャロットが出来上がったら、
今度はボールから里芋を取り出して、揚げます。

里芋を揚げている間に、鶏の胸肉を卵が入った
ボールに投入し、卵とよく絡めます。

里芋が揚がってきたら、今度は鶏の胸肉を
フライパンに投入し、揚げます。

????
何かがおかしい気がする???

とは思いながら、何がおかしいのがよくわからず、
鶏肉も揚がってきたので、フライパンから取り出して、
皿に盛り付けます。

早速食べてみましたが、なんとなくいつもよりも
美味しくないなあ、という感じで、ちょっと失敗
だったかな?
フライで失敗することなんてあるのかな?
ということで、その日は終わりました。


もうお気づきの方がおられると思いますが、
フライでもっとも肝心なものが抜けていたのですね。
それに気づいたのは、昨日の夕方。。。

フライということで、表面にパン粉がなければ
いけないのですが、パン粉をつけるのを
忘れてしまっていたのです。
まろんとしたことが???なんというケアレスミス。。。

フライと思って、パン粉がついていない揚げ物を
食べたら、それは美味しくないですよね。。。(笑)

おそらく、ボールで卵につけていた段階が、てんぷらに
似ているので、なんとなくの勘違いが発生したということ
なのだと思いますが、気づけそうで気づかない、
なんともお恥ずかしい失敗談なのです。

まあ、こんな失敗もあるわけで、それが料理の面白さ
でもあるのかも知れませんね。(笑)
posted by まろん at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まろん風味噌煮込みおでん風

3連休の2日目のまろんは、10時頃起床し、なんとなく
体が重く、痛い感じがしましたが、色々動いているうちに
回復してきたので、とりあえずは朝食を食べることにしました。

朝食は昨日の残りのサーモンの刺身を細分して、ご飯の
上にのせ、そこに醤油とねぎをかけてまぶしたサーモン丼、
それと美味しいトマトでした。

朝食が終わったら、ちょっとだらだらしてから、
まろん愛用のMacBookAirを売却するために、
初期化(リカバリ)をすることにしました。

なぜ売却するかというと、まろんが持っている
MacBookAirの記憶域(SDD)の容量は120GBなのですが、
MacOSを利用し、Windowsを別領域にインストールして、
その上、まろんが保有する動画を別の領域に入れるという
当初の目的には、少々容量がたりないため、
泣く泣く手放すことにしたのです。

まあ、売却金額がまろんが想像したよりも大幅に高いとか、
新しいMacBookAirがでるという噂もあるとか、
当分旅行にも行かないので、まあいいかな、
というようなこともあり、タイミング的には今が最適だと
いう判断ですね。

MacBookAirのリカバリをしている間に、昨日できなかった
恒例の部屋の掃除をしていると、ちょうどリカバリが
終わったので、身支度をして、自宅を出発しました。

有楽町まで東京メトロを乗り継ぎ、査定をしている間に
東京駅まで歩き、昼食に海鮮丼を食べ、東京駅地下や
丸の内の本屋をぶらぶらとしてから、
有楽町に戻って、査定が終わってお金を受け取ったら、
自宅の葛西まで帰ってきました。

ちなみに、旅行以外で休日に昼食を外食したのは、
今日がはじめてなんです。

帰宅時間は20時前で、昼食が16時頃だったため、
晩御飯の前に、休日恒例のトレーニングに出かけ、
帰ってきて、室内でのトレーニングを済ましたら、
シャワーをかけて、なくなっていたお米を買いに
行ったりしていたら、なんと23時頃になっていました。

当然そこから晩御飯を作るのですが、さて何にしましょう。
冷蔵庫を開けると、なんとなくおでんでもしようかな、
と思って買っていたものが色々あったのですが、
卵がなかったり、こんにゃくがなかったり、少々
不備があったものの、まあいいかな?という
いつもの適当な考え、色々とおでん風に煮込んで
見ようという発想で、晩御飯に取り掛かりました。

まずは、鍋に水を入れて、昆布を投入し、出汁をとります。
お湯が沸騰して、良い感じで昆布のうまみが抜けたら、
昆布を取り出し、大根、さつま揚げ、たまねぎ天、
いかげそ天、里芋、白ねぎ、油揚げ、木綿豆腐、
などを投入し、顆粒状の出汁の素を入れて、
醤油を足し、1時間ぐらい煮込んだら、
最後に餅入り巾着を入れて、味噌を溶かして、
出来上がり。
味は、、、絶品!!
こんなに美味しいのかと思うほどでしたが、
なんとなく最近美味しいことが当たり前?(笑)の
ようになってきて、変に冷静に美味しさを味わう
まろんが入るのでした。(笑)
ちなみに、完成画像はこちら
画像


ちなみに、晩御飯が終了したのは日をまたいだ
0時半ぐらい。。。。
こんな時間に晩御飯はよくないはず(笑)
posted by まろん at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする