2015年01月03日

2015年1泊2日北海道のみになってしまった旅行~函館、帰路編~

※この記事は「2015年2泊3日北海道・新潟旅行~五稜郭、往路編~」の続編です。

???
なんか、続編と言いながら、記事のタイトルが変ですが、、、
そうなんです。実は、この記事は自宅から更新しているのです。
さて、何があったのか?
予想していた方もいると思いますが、、、(笑)


2015/1/2

朝目覚ましで6時50分に起床すると、昨日の五稜郭から函館までの
徒歩の疲れが残っているのか?
11時前には深い眠りについたはずなのに、なんとなくまだ眠い。

とりあえず顔を洗って、身支度を整えたら、ホテルの朝食を
食べるために、ホテル2階のレストランに行きました。
このホテルは朝食を自賛しているので、結構楽しみにしていました。

さて、朝食はバイキング方式ですが、種類も多く、またこの正月の
時期ということで、伊達巻やかまぼこ、黒豆などもあり、
期待感が高まります。
今回はクロワッサンと小食パンをメインとして、塩やきそば、ソーセージ、
卵焼き、ポテサラ、海藻サラダ、鯖の塩焼き、鶏ごぼう揚げなどを
食べましたが、鯖の柔らかさなど、さすがに自賛するだけのものは
ありました。
この他にも函館らしくイカの塩辛なんてものもありました。
こういうメニューはいいですねえ。

朝食を頼んだら、部屋に戻り、少し慌ただしく身支度をして、
朝食で元気を取り戻したので、いつものとおり、元気いっぱい
ホテルを出発しました。

函館駅に着くと、既に新青森駅までのスーパー白鳥号が
入線していたので、自由席の進行方向左側の窓際に
座り、マフラーや帽子、手袋、コートを脱ぎました。
こうやって、体温調整をしっかりとしておかないと、体調を
崩してしまうことになりますので、、、

座席で少しくつろいだら、早速発車時刻となり、今回の
北海道はこれでさよならです。
今回は本当にあっけなくお別れとなります。
函館→青森

この区間は言わずと知れた?青函トンネルを通過して、
北海道から本州へと抜けるルートでもありますが、
進行方向左側には、まろんが好きな北海道の雪の海を
楽しむことができます。
うる暗く曇って、また薄く霧がこもった冬の海という感じが
なんともいえず、美しく、また怖さを感じる、そんな北海道の
海なのです。
昨日長万部で観た爽やか海とは全く違っていて、
これはこれで非常に素晴らしい自然の美しさです。

ちなみに、今回乗ったスーパー白鳥号は、北海道新幹線が
開通すると、当然なくなるので、もしかしたら今回が人生で
最後の乗車になってしまうかもしれません。
ということで、次の青森函館間を担う、北海道新幹線は
着々と準備が進んでいるようで、途中木古内駅では、
新幹線用の駅もほぼ完成しているのが見れました。
いよいよという感じです。

青森に到着したら、今度は日本海側を通って、新潟を目指す、
予定だったのですが、まろんが青森に到着した時点で、
まろんが乗るはずだった列車の前の列車が3時間遅延。
その列車自体もちゃんと目的地までいけるかわからない、
というような状況のため、他のルートで新潟を目指そうと
思いましたが、どのルートも時間が間に合わない状態のため、
ここは新潟行きを断念し、自宅へと帰ることに決断しました。

そもそも論を言うと、東北旅行や函館、五稜郭ほどに、
今回の目的として優先順位が高いというわけではなかったので、
この妥協は、まあある意味出発前から予想どおりの結果ですね。
それに、あの東海道新幹線が、ずっと遅延しているような状況
なので、各地で積雪等の被害がひどいのでしょう。
ただ、そういう状況もあわせてみたかった気持ちはあるのですが、
新潟の雪は結構見てきているので、まあ、仕方ないですね。

さて、そうなると、先日東北旅行で帰った同じルートを同じように
帰ることになるわけですが、まずは青い森鉄道で、
青森→八戸
八戸で途中からIGRいわて銀河鉄道になる盛岡行きに乗り換えて、
八戸→盛岡

ちなみに、八戸で次の列車まで時間があったため、
駅中のホテルの回転寿司屋で、昼食を取りました。
八戸といえば、イカ、マグロなどですが、なぜか和歌山の
旬のぶりがあったりして、6皿ぐらい美味しい海の幸を
堪能しました。
ただ、八戸ではじめて寿司屋海鮮丼を食べさせてくれた
駅前の魚河岸屋のお店ほどではなく、あの時に感じた
異次元のような美味しさとは、まだまだかけ離れている
感じがしました。

盛岡に到着したら、まろんの実家から、印刷がうまくできない
との連絡が入ったため、とりあえず電車内からリモートで
対応することにしました。
が、鈍行で、と思ったものの、凄まじい混み具合になったため、
仕方ないので、急遽盛岡始発のやまびこ号を利用することにして、
ついでにちょっと先まで使ってしまおうという悪い心がでてきて(笑)
盛岡→福島

福島からは、先日の東北旅行の帰路とまったく同じ列車に乗って、
福島→黒磯→宇都宮→上野→東京→葛西
と帰ってきました。

ちなみに、この区間は今回1往復半したことになりました。
ちょっと、もういいかな、という気分になりますね(笑)

次は、今回行けなかった新潟。
予約していたホテルが、キャンセル料無しにキャンセルにしてくれたので、
そのお返しはしないとね。

ちなみに、また外伝を掲載しますので、お楽しみに!!
posted by まろん at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする