2015年01月16日

料理の写真はこうやって見せないとダメですよね、、、

今週は4日しかなかった勤務の最終日に2時間弱ぐらい
残業してしまったまろんは、少し疲れた体ながら、
皇居を右手に見ながら、九段下駅まで歩き、
そこから東京メトロ東西線に乗って、自宅がある
葛西まで帰ってきました。

もう出勤は都営新宿線、帰宅が東京メトロ東西線が
ほど90%ぐらいの割合になってきたのですのが、
帰宅だからといって東西線が空いている、
ということはなく、多少空間はあるものの、
場合によっては前後左右ぶつかる程度の混雑度が
あります。
今年の3月には、JRの常磐線の上野東京ラインが
開通し、山手線や京浜東北線の上野御徒町間の
混雑が緩和されますので、東西線はついに
全国一の混雑度を誇る路線になってしまいます。
その不名誉を避けるため、今東西線では、
混雑緩和策のための工事に色々と着手している
らしいのですが、果たして、どれだけの効果が
あるのでしょうか?
楽しみなところです。

さて、自宅に戻ったまろんは、またよや会社での
同僚との会話の中で、今日は春巻にすることが
決まっていたので、早速材料等の準備に
取りかかりました。

冷蔵庫から失敗率0%の春巻の皮、人参、もやし、
先日3パック1000円という罠?(笑)にはまって
買ってしまった豚のバラ肉、チーズを取り出し、
常温のたまねぎ、そして春巻にはセットの
フライドポテトをするためのじゃがいもを
それぞれ用意しました。

まあ、いつもの春巻なので、途中は省略し、
完成はこんな感じになりました。
画像


春巻なんて、確かに皮のパリパリ感がわかる
写真もいいですが、やっぱり中身ですよねえ。
ということで、中身がなんとなくわかる写真に
してみましたが、どうでしょう?

今回はいつも使う大葉がなかったのと、途中で
材料が足りなくなって、じゃがいもをそのまま
入れてしまうなど、なかなかのハプニングでしたが、
味は若干濃い目で、何もつけずに美味しく
食べることができました。

春巻は今のまろんの中でははずれのない料理です。(笑)
posted by まろん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表現の自由って何?

我が国の憲法では、21条1項で
「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」
と規定され、
アメリカの修正憲法では、以下和訳にて、
「合衆国議会は、国教を樹立、または宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する法律、言論または報道の自由を制限する法律、ならびに、市民が平穏に集会しまた苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を制定してはならない。」
と規定されているように、自由国家の国民には、広く世界的に
等しく表現の自由が保障されていると、されています。

ただし、その表現の自由が保障される基礎となったのは、
1.人の自己人格形成のために表現という行為が、
重要であること
→つまり自己人格形成のために必要だからなのであり、
また
2.強大な権力を持ち、個人の生活や言動を抑制する
可能性が高い国家や政治などの、対権力から国民を
保護すること
→つまり、個人間の関係性にまで、普遍的に
保障されるということまでにはならない、ということなのです。

これを法律的にいうと、
1は「自己実現の価値の保障」
2は「自己統治の価値の保障」ということになります。

さて、先日フランスにおいて、とんでもないテロ事件が
発生し、世界中を巻き込んだ、表現の自由に関する
凄まじいまでの世論が沸きあがりました。

彼の地フランスに各国の首脳が集まり、300万人という人が
表現の自由を訴え、躍動し、自由を力で、血を流しながら、
刀と銃で勝ち取ってきたフランスなどの欧米の自由国家の
自由を希求するその力強さと凄さをまざまざと
感じさせられました。

しかし、今回の事件のきっかけとなった諷刺画、
あんなものが、本当に血を流し、多くの犠牲を
出しながら勝ち取ってきた自由によって
守るべきものなのか?
表現の自由の一部でもあり、人の最も信じ、愛し、
最後の心のよりどころであり、砦にもなりえる宗教
という聖なる、大切な自由を揶揄し、傷つていることを
無視してまでも守るべき表現なのか?

そのことを率直に感じざるを得ません。
これは、まさに欧米のキリスト教国家の傲慢さ
そのものではないかと感じるのは、何も
まろんだけではないはずです。
※厳密にいえば、当該出版社ではキリスト教を
風刺する画像についても、表現されていますが、
そこが重要な点ではありません。念のため。

自由国家はいったいどうしてしまったのでしょう?


さて、翻って我が国を観てみると、、
1.中国や韓国の様々な横暴に対して、なんら理念もなく、
ある意味で人生の中でたまった鬱憤やストレスを
発散しているだけにしか見えないヘイトスピーチ、

2.確かに話題を振りまいて、人気を維持するのが
芸能人の仕事であるとはいえ、そんな芸能人の
活動やブログの記事に対して、ばかげているとしか
思えないどうでもいいような誇張した批判、批評を
するだけの無価値な数々の記事、

3.まるで女性は裸にならないとだめなの?
色気を魅せつけないとだめなの?と、女性蔑視の
価値観をぐいぐいと押し付けてくる記事

4.「批評家」「解説者」などの肩書きだけは立派だけど、
何も知らず、調べようともせず、労せず、ただ、
それらしいことを、さも真実のように無意味な、
無価値なことだけが語られた表現、

そんな意味のない表現が、ますます広がってきているように思えてなりません。

そのきわみが、公的なものでもある新聞やテレビ、映画ですね。

ただ、そのことについて、ふっと思いを馳せ、
考えていると、実はこういう我が国の傾向というのは、
我々の表現に関する率直な価値観から、
生まれただけなのかもしれないと、最近思いはじめました。
そして、まろんブログで記事にしましたが、
そんな我々の愚かさが、それに相当する
政治家を作り出してきたのだ、と



表現にも、先ほど触れたような「自己実現の価値」
「自己統治の価値」に相当する表現は、何がなんでも、
保障し、守り、場合によっては、刀や銃をつかんででも、
守らなければなりません。
そこには、納得いきますし、それはまろんも実行します。

しかし、表現にも相応の配慮や、触れてはならないことは
当然あるはずなのです。
また、仮にそこに触れることが必要不可欠なのであれば、
相応の対話や議論が、そして覚悟が必要なはずなのです。
あの諷刺画の表現が、あれだけの人命を犠牲にしても、
守る価値のあることなのか?
そのことに触れることなく(一部触れている媒体もありますが、)
表現の自由だけを声高に、主張されていることに
どうしても、論理的に納得がいきません。

これは、欧米のように血を流して、刀と銃で
戦って自由を勝ち取ってきたという歴史に薄い
日本人である、まろんだけの想いなのでしょうか?

殺人やテロということが、最大の悪であり、何をおいても
許せない所業であることは、当然です。
であるならば、そこに至らないように、それぞれが
それぞれに、相手のことを慮って、配慮することも
大切な「自由」のはずですよね。
そこに何故今気づかないのでしょうか?
posted by まろん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

まさか?当然?の指摘(若干更新!)

昨日楽しい楽しい偽?(笑)デートをしたことは
ブログの記事
にしましたが、その楽しい会食の際、
あまりにもびっくりすることがあったので、そのことを
記事にしてみようと思いました。


まろんブログをよくご覧いただいている方であれば、
ご存知かもしれませんが、まろんは2年浪人して
関西の大学の法学部に入学し、病気等もあり、思い通り
単位を取得することができず、一年留年したものの、
司法試験合格を目指して、当時の学生には珍しく?(笑)
勉強に励み、司法試験にも3度挑戦しました。

勉強に励んだといっても、司法試験に合格するための
ある意味で条件にもなっていた?なっている?
予備校等には通わずに、すべて独学で、アルバイトを
しながら、書籍代は自分でほぼすべて稼いで、
いつも法律書をセカンドバックに持ち、電車の中でも、
いつも法律書を読んでいるそんな勉強でした。

また、本来は司法試験に合格するのであれば、
幾種類にも及ぶ法律の中でも、受験する対象の科目
だけを勉強すればよいといえばよいのですが、
法律によって、人を救う、助けることが、法律を学び
司法試験に合格する本質であり、そのために
勉強しなければならないはずなのに、
受験科目だけに習熟するという、打算的な??
思惑に囚われてしまうことや、本来の本質であることを
逸してしまう恐怖感に、強い抵抗を感じてしまいました。

その結果、司法試験とはまったく関係ない医療や金融、
経済、政治、環境など、当時話題になっていた出来事を含め、
様々な関連法規も読み漁り、その結果、司法試験に
合格することは出来なかったわけですが、
しかし、それによって、まろんには揺るぎのない確固とした
法律的思考力(リーガルマインド)と
確固とした論理的思考力が身につきました。


さて、司法試験を断念した後は、当時興味を持っていた
IT系の仕事を皮切りにして、お客様対応の仕事、
法律の経験を生かした法務関連の仕事、
人事・総務の仕事、管理会計の仕事、経営に関わる仕事
などなど、20社以上に及ぶ会社で組織横断的な
幅広い実務を担ってきたわけですが、
ベンチャー企業が多かったこともあり、
普通であれば?あるはずの教育や研修などは
ほとんどなく、ほとんどが独学で、自分で考え、
自分で観て、聴いて、しつこく尋ねて、感じて、
触って、その中から最適解を導き出し、しかし、
その最適解はあっさりぶち壊され、また観て、聴いて、
しつこく尋ねて、調べて、感じて、触って、新たな最適解を
導き出し、また壊され、、、、、
ということを繰り返して、今に至ります。

では、ある意味で一人の法律家に過ぎなかった
大学卒業後のまろんが、何故これだけの様々な
職種の仕事を、そして業種も様々な仕事をそつなくこなし、
そして高い質と実績を残してくることができたかといえば、
それは、学生時代に法律的思考力と論理的思考力を
身につけた、ただそれだけです。

その基礎があって、その基礎があったからこそ、
その後に出合ったり、遭遇した、まろんにとって、
様々な未知の事態や出来事に対して、
もちろん完璧とはいえないものの、的確な判断と
決断に基づいた処理、対応ができてきたのです。

たとえばITの世界で、論理的な思考力が生かせるの?
と怪訝な表情で尋ねられることもありますが、
ITというのは、プログラムを含めて、一定のロジック
で作られていることが多いため、トラブルが発生した場合の
トラブルの究明と、その原因の究明→解決には、論理的な思考力が
なければ行きつくことは困難を極めます
正直なところ、まろんがいなかったら、解決が遅れていたであろう事態や、
そもそも解決出来なかったであろうことも多々ありました。


こういう法律的な思考力や論理的思考力の意義について
40年間、それをいう人、書いてる書籍に、まろんは
出会ったことがありません
場合によっては、法律の勉強をしていたのにもったいないとか、
無駄だったなんてことを言う人もいましたね
残念なことです

しかし、昨日、ちょうど仕事の話をしていたときに、
さも当然のように、あまりにもあっさりとそのことを語りはじめ
説明し、指摘して、そうなんですよねえ~、と
当然のことのように話してきたのが
焼き鳥屋で会食した彼女だったのです。

面接とかでまろんがそういうことを説明することはあっても、
そんなことを言う人に出会ったことがないまろんとしては、
あまりのことに、いつも鉄のように?冷静に話をして、
話を聴くところを、あたふたしてしまうぐらい
びっくりしてしまったのです。

仕事ができる女性だというのは、アルバイト時代から
理解し、知っていたのですが、しっかりと物事の本質を
理解し、仕事に生かしているその姿に、その成長に、
本当に心満たされる想いを抱いたのでした。
まあ、彼女自身が法学部出身なので、気づきやすい
土壌にあったのでしょうが、著名な弁護士とかでも
おそらくわかっている人は少ないでしょうから、
本当にびっくりなのです。

一緒に働いていた女性が、こうやって順調に成長し、
活躍しているというのは、本当に嬉しいし、心躍るような
感動をおぼえます。

本当にいつまろんの人生が終わってもいいような
嬉しい出来事なのでした。(笑)
posted by まろん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする