2014年10月12日

靖国神社に行ってきました!!

なんか観光地のお土産にありそうな名前のタイトルに
なりましたが(笑)、今日は台風前のわずかな隙を狙って?
靖国神社まで行ってきました。

靖国神社は今回で3回目ですが、はじめて行ったのが
確か2年前の正月に北海道旅行の帰路の途中で
東京に寄った際に初詣として訪れたときだったと
思います。
ただ、その時は東京に着いたのが夜になっていたので、
お参りもできず、ただここがあの靖国神社なのかと
思って、色々と歩き回っただけでした。

ちなみに、今まろんは半蔵門で働いている関係で、
もちろん定期券があり、靖国神社がある九段下まで、
定期券で行くことができます。

さて、まろんの自宅がある葛西からは、東京メトロ東西線
に乗車し、10駅目が九段下です。
九段下の1番出口を出て、2,30mのところの靖国神社の
正門から、神社に入ると、いつものように西洋系の観光客
を含めたたくさんの参拝者が写真を撮ったり、
にぎわっている傍らで、この日は骨董市という催しが
開催されていました。


旅行好きのまろんは、全国の様々な場所に訪れるので、
例えば特攻隊の拠点となった鹿児島の知覧など、
戦争に関わるような場所に訪れることがあるのですが、
単純で、純粋?な心を持っていることも関係があるのか、
苦悩を抱えながら、自分のしていることに疑問を持ちながらも、
我が国のために、自分の家族や子供たちのために、
そして後世の我々のために、戦ってくれた人々の
心の安らぎやよりどころでもあった場所、
その想いを遺した場所が、
土産物店が並んだり、営利的な催しが開催されていたり、
不当な主義主張が繰り広げられたり、
政治的な不当な意図の下で制限や制約が課せられる
ということについて、率直な疑問や反発を持ってしまいます。

これはまろんなりの客観的な見地からみたものであると
同時に、率直な感情的なものではあるのですが、
言論の自由、宗教の自由、思想の自由が保障されている
我が国の憲法に率直に従って、静かに、そして世の中の
安寧の元で、お参りできるようになってほしいものです。

その骨董市を抜けて、手水舎で手洗いをして、
口をゆすいでから、拝殿でお参りをしました。
ちなみに、神社の正式なお参り方法は、神社によって
異なりますが、「二礼二拍手一礼」というのが正式なのですが、
まろんは、いつものとおり、両手を合わせて、若干お辞儀をして、
念を捧げるという方式にしました。
「方式にしました」というと、大げさではありますが、
ただ単にいつものとおり、まろんなりの哀悼の想いや心を
捧げるには、それがもっとも自然に、想いをはせることが
でき、英霊の方々にも届くのではないか、との思いです。

お参りをすませた後、いつものとおりどこかに行こうかと
思ったのですが、今日はまっすぐ帰ることにしました。

ちなみに、葛西の駅から自宅に帰る途中に、通勤時に
いつも気になっていたパン屋さんがあるのですが、
なんとなくそんな気分?になり、パンを買って帰ることに
しました。
まろんが東京に引っ越してきてから、休みの日の
外食?はこの日が初めてになりました。
ちなみに、このお店のパンですが、最高においしいで、
正直びっくりしてしまいました。
まろん母の作ったサンドイッチ並みのおいしさです。
これはちょっとくせになるかもしれません。。。
posted by まろん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする