2014年10月31日

まろん風ロールキャベツ

前回のあのお恥ずかしい記事から心機一転し??
またまた料理ブログへと舞い戻りました、、、


今日も定時の17:30に仕事が終わり、終礼が終わったら、
雨が降る前に自宅に帰れるよう、いそいそと身支度をして、
17:33には会社を出て、最終的には18:30頃には
自宅に到着しました。

自宅に到着したら、とりあえず部屋着に着替えて、
冷蔵庫を眺め、半分にカットされたキャベツ、
1個だけ残っていたピーマン、人参、牛豚ミンチ肉、
バター(マーガリン)、牛乳、卵1個を取り出しました。
また、常温保存のたまねぎを半個用意します。

今日のメニューはロールキャベツ!!
このメニューは、先週の女子会ランチの後に、
酒豪の東北美人の女性とのメールとのやり取りで、
急遽決まったメニューなのでした
ロールキャベツに挑戦してみようって、、、(笑)

まずは、固いキャベツではロールすることができないので、
お湯を沸かして、キャベツが若干しんなりするまで
ゆでます。

その間に、牛豚ミンチ肉と人参をおろしたもの、
パン粉、小麦粉、卵、
牛乳(大さじ2杯ぐらい※生クリームは尚良)を
ボールに入れて、とりあえず混ぜておきます。

キャベツがしんなりしたら、ざるに取り出し、
今度はフライパンを取り出して、バターをひいて、
たまねぎのみじん切りとピーマンのみじん切りを
炒めます。
たまねぎに少しが色がついてきたら、火を止めて、
少し冷ましてから、先ほどのボールに投入し、
また混ぜます。

混ぜ終わったらキャベツの中央より若干下側に、
ボールで混ぜておいたロールキャベツのたねを
置いて、下、右、左、上の順に、畳むように
包んでいきます。

1個が完成したら、チーズ入り、大葉入りを
作ってみました。
さて、どうなることやら。。。

ちなみに、今回用意したキャベツは、先ほど書いたように
半切りのキャベツなのですが
(残ってしまうのを恐れて1個丸々は買いにくい、、、)
ロールキャベツの場合は、当然というか、普通は
1個丸まるのキャベツを使います。
ここは反省点ですね、、、

しっかり包まれていないものもありますが、
とりあえず4個ロールキャベツが完成。
残ったたねは、とりあえず丸めておくことに。

鍋に料理酒1/4、水1カップ、みりん大さじ1、醤油大さじ1、
ケチャップ適量、塩コショウ、野菜コンソメスープの素、
カットトマトの缶詰1個分を入れて、よく混ぜながら、
一煮立ちさせます。

その後ロールキャベツを全体を隠れるぐらいまで
沈めるように投入して、ぐつぐつと煮込みます。
これが結構時間がかかるところです。
だいたい1時間程度煮込んだら、美味しそうな
ロールキャベツが出来上がりました。

ロールキャベツが出来上がったら、一旦置いといて、
フライパンでスパゲッティをゆでます。
茹でおわったら、市販のたらこスパゲッティの素を
入れて、海苔と大葉をちらせてのせたら完成。

ということで、この日のまろんの晩御飯は、
たらこスパゲッティとロールキャベツトマト煮込みでした。
画像


ロールキャベツのアップはこちら。
画像


さて、味ですが、、、、、でました「うまっ!!」
ただ、若干形に不満がありますので、次回は姿かたち、
そして味が全部「うまっ!!」を目指します!!
posted by まろん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

初恋の人に告白?

------
まろんの部屋なのか?彼女の部屋なのか?

まろんが初恋の彼女と、部屋で二人っきりで、座って、
何かを飲みながら、何かの話をしています。

そのなんともいえない空気感というか、緊張感というか、
雰囲気の中で、その彼女への愛おしさ、守ってあげたい
という男っぽい感情、恋愛感情みたいなものが、
どっとあふれでて、そしてそれはどんどんと高まり、
言ってはいけない、言わない方がいいんだろうという
理性とは別に、そのあまりにも深くから零れ落ちてくる
感情に、さすがの、あの、冷静な、客観的な、冷酷な
まろんも、ついに彼女に言ってしまうのでした。

「付き合ってくれない?」

それに対して、彼女は、、、、、
------

この後を、この世で一番知りたい結果を知ることもなく、
いつものことというのか、当然のことというのか、
まろんは目覚めてしまったのでした。

はい、昨日というか、今日のまろんが見た夢の話でした。
ブログの記事にするべきものかどうか、という話ですが、
40歳にもなって、初恋の女性に恋の告白をする夢を
見てしまうなんて、まろんってどうなんでしょうか?
今日はそんな情けない、というか恥ずかしい記事なのでした。
これだったら料理ブログの方が良かったかも?


そうそうちなみに、まろんの初恋の女性へは、
まろんが大学生になった20歳ぐらいの時に
ちゃんと告白して、しっかり振られていますので、ご心配なく、、、
それから彼女は確か2人の子供がいるお母さんにも
なっているという話をまろん母から聞いています。(笑)
posted by まろん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

豚のしょうが焼きともやし炒め黒ゴマのせ

とりあえず、今月はできれば毎日更新することを優先して、、、(笑)


今日は久しぶりの残業で帰宅したのは20時前。
まずは、昨日のカレイと同じく解凍しておいた少し厚切りの豚肉、
キャベツ、そしてそろそろ食べておかないと
だめになってしまいそうなもやし、
おでんの残りをそれぞれ冷蔵庫から取り出しました。

ビニール袋に料理酒、みりん、砂糖、醤油、隠し味の出し醤油、
しお、こしょう、チューブ状のしょうがをそれぞれ適量投入し、
その後厚切りの豚肉を入れて、味が染み入るようによくほぐします。

豚肉に味をしみこませている間に、フライパンにごま油をひき、
もやし、キャベツを投入し、味付けに塩、こしょう、がらスープの素を
入れて、ふたをして、まずは蒸します。
もやしとキャベツがいい感じで柔らなくなってきたら、
ふたを取って、炒めます。
できあがったら、黒ゴマをまぶしたらできあがり。

フライパンを洗って、水切りをしたら、再びごま油をひき、
味をしみこませておいた豚肉を投入し、若干焦げる程度に
焼きあげます。
出来上がったのはこちら
画像


写真の奥に見えるのが、おでんの残りです。

ちなみに、今日の豚のしょうが焼きは絶品の一言!!
最近のまろんの料理は、ますます好調のようです。

ちなみに、今日からまろんのご飯が、「つや姫」に変わりました。
このお米美味しいですねえ。
まろんの実家は、「ゆめぴりか」だったのですが、これも
かなりの美味しさで、最初の食べたときは今までのお米は
何だったのかなあ?と思ったものでしたが、
「つや姫」もそのときと同じぐらいに感動しました。
大阪人らしく?値段の話なんかしてしまうと、
結構安いのに、こんなに美味しいなんて。
日本人に生まれてよかったとつくづく思いますね。
posted by まろん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする