2014年08月30日

東京での新生活

8/21についにまろんの転職活動が終了したことを記事にしましたが、
その翌日の8/22 千葉のホテルに宿泊していたまろんは、
朝8時半頃起床し、ラーメンサラダとおにぎりを食べて、
しばしひと休みしてから、いつものとおり元気いっぱい
ホテルを出発するのでした。

ちなみに、この前日の夜は、なかなか寝付けず、
今までの過程における色んなことを考えていたのか、
緊張感から開放されたのか、
電車の中で昼寝?をしすぎたのか、
よくわかりませんが、なんとか眠ることができたのは、
明け方の5時ごろでした

千葉駅に向かう間もなんとなく、高揚感か安心感か、
開放感なのか、眠りが浅かったからなのかよくわかりませんが、
浮き足立った感じで駅に到着すると、引越し先候補地近辺の
錦糸町まで行き、そこの不動産屋さんで家探しをすることに
しました。

この不動産屋さんは、誰もが知っている大手のチェーン展開
している不動産屋さんで、ホームページで、物件紹介も
しているので、何件か候補物件は調べての訪問となりました。

不動産屋さんの推薦等を入れて、5件ほどに絞って、先方の
車の案内で、物件を内覧したのですが、以前まろんが住んでいた
スカイツリー近辺で2件、錦糸町近辺で1件回った段階で、
とりあえずの候補物件を決めたのですが、少し離れた葛西の
物件で、1回見てみたいなあと思っていた物件があったので、
最後にそこを見て確定することにしました。

ちなみに、その葛西の物件は、家具、家電付き物件です。
引越しフリークのまろんの、家具、家電付き物件といえば、
隣室との壁が薄くて、騒音がひどかったり、様々な問題を
もっている物件の場合に、それをある意味で補填するために、
そういう物件になっているというイメージを持っていたので、
正直候補物件としては、かなり劣後させていました。
家賃も安いし、なんとなくいわくつき、、、みたいなイメージ
ですが(笑)

さて、葛西の当該物件に到着しましたが、おそらくそこは
自転車置き場ではない場所に自転車が放置されていたり、
隣で新しいマンションの建築工事がされていたり、
環七沿いで車の往来が多くて、騒音がひどそうだったり、
確かに問題はありそうなのですが、物件を内覧してびっくり

32インチのテレビやテレビ台、以前まろんが一人暮らしのときに
使っていたのと同じ冷蔵庫、そして電子レンジにベット、
カーテンやテーブルなどなど、結構センスがあるものが
付属していて、今までに見た物件と比較して、完全に、
飛びぬけた商品力を持っていたため、即決でこの物件に
決めました。

その後錦糸町の不動産屋さんに戻って、契約手続きをして、
その日は鈍行と新幹線を乗り継いで、実家の大阪へと
帰りました。

8/23からは引越しの準備作業で、あれやこれやの買出しを
して、それから4日後の8/27に大阪から荷物を搬出し、
その日にそのまま東京に移動し、東京に到着したら錦糸町の
不動産屋さんに行き、まろんの東京での新しい自宅となる
部屋の鍵を受け取って、葛西にあるまろんの自宅へと向かうのでした。

葛西駅から徒歩で5分程度の場所で、自宅に行くまでに、
ディスカウントショップやスーパー、ファーストフード店などなど、
生活するには申し分ない自宅です。
何よりも、家具、家電については、炊飯器を購入すれば
事足りるというのは、なんとも言えず快適です。

8/27から今日8/30まで、秋葉原でインターネット回線を調達したり、
炊飯器とコーヒーメーカーを買ったり、自転車を調達したりして、
新しい生活の基盤を徐々に固める一方で、まろんの一人暮らしと
いえば、料理!!
ということで、当然のことながら、料理も始めています。

8/28はさんまの塩焼きとかぼちゃのバター焼き
8/29はもやし野菜炒めと味噌汁
8/30はさばの塩焼きと野菜コロッケ(冷凍ものを揚げる)、もずく
などなどを作って食べています。

ということで、まろんの東京での新生活は、過去の一人暮らしと
同様に非常に所帯じみたものになっているのでした。(笑)
posted by まろん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

転職活動終了のお知らせ~外伝~

※この記事は「転職活動終了のお知らせ~後編~」の外伝です。

まろんがやっと新しい仕事を見つけたことは、記事にしましたが、
これには2人の女性の支援、関わりが大きく作用しました。
今回の記事ではそのことに触れたいと思います。

ちなみに、女性の支援、関わりということでいえば、まろん母や
いつもの酒豪の女性たちなどの、陰ながらの支援や応援も
当然あるのですが、ここでは実質的な部分での支援と関わりに
ついて触れたいと思います。

まず一人は、まろんが当該派遣会社の登録会に参加した際に
担当してくれた女性です。

この派遣会社には8/6に登録会に参加し、その際の詳細は記事
にしているのですが、なんと電車遅延とはいえ、遅刻して
参加することになりました。

ちなみに、この派遣会社には大阪時代にお世話になっていたのですが、
2014年2月に東京への移住を含めた転職活動をする際、
何件かエントリーをしたもののほとんど効果がなかったため、
一旦登録自体を抹消をしてしまったため、今回改めて登録することに
したのでした。

今回採用が決まった案件を含めて、魅力的な案件が多かったのは
確かなのですが、正直なところ、それほど期待していたわけではなく、
実のところ電車遅延が発生して遅刻しそうになった際、不可抗力では
あるものの、印象も悪いだろうから、登録会への欠席も検討したほどでした。

しかし、とりあえず登録だけはしておこうということで、登録会に
参加すると、この女性がにこやかに対応してくれたのですが、
この女性がまろん好みの素敵な女性で、正直なところ変に緊張
してしまい(笑)、面談等の所定の手続きが進められてのですが、
まろんの力をほとんど出せなかったような感触でした。

ただ、この派遣会社のまろんを担当してくれた営業担当者によると、
この登録会の面談の際の担当の女性が、まろんの「コミュニケーション能力」
にひどく感心してくれたようで、そこが最大の長所であると見出して、
営業担当者にすごいプッシュをしてくれたとのことでした。

そのおかげなのか、この派遣会社から、今年の2月の時には
なかった数の案件の紹介があり、このたび採用となったのです。

人との出会いというのが、本当に大事なのだと思い知らされた
そんな瞬間でもありますが、
若干偉そうな言い振りではありますが、この女性は、派遣会社
という会社の仕事の本質をしっかりと理解されて、
まろんの派手な転職の経歴という短所よりも、長所の部分を
前面に押し出してくれた、そんなプロの仕事をしてくれたのだと
率直に思いました。

ちなみに、まろん好みの女性なので、持ち上げているわけでは
ありませんよ(笑)

もう一人の女性は、この派遣会社の営業担当者の女性です。

正直なところ、派遣会社は、派遣先の会社、所謂クライアントとは
主従に近い関係になることが多く、今まで幾度となく派遣面接に
同席したことがありますが、こちらが心配してしまうような関係
しか構築できていないために、採用が決まっても、その心配が
現実のものとなり、結果的に退職を繰り返してきたといっても、
過言ではありません。

つまり、先方は主の立場で、優秀な人材を早く紹介しなさい!!
というような立場で話をして、
派遣会社は、申し訳ございません、なんとか早く紹介します、
ご理解ください、というような卑下するような立場で話をします。
これでは、双方にとってよりよい関係は築けません。

あまりにもなれなれしい状況というのは問題ではあるものの、
お互いにお互いの状況や想いというのを本音ベースで
語り、説明し、お互いがお互いを理解した上でこそ、
信頼関係というのが構築できます。
その点今回の営業担当の女性は、そこはしっかりと抑えているようで
正直なところ、この女性でなければ、この女性の面接でのフォローが
なければ、採用はなかった可能性もあります。

私が以前お世話になったあの派遣会社のあの人やこの人では、
おそらくだめだった可能性が高いと思います。

久しぶりに、何十年ぶりにプロとしての仕事を見たような気がしました。
今度はまろんがプロとして、その恩に報い、返す必要がありますが、
この部分だけは、まろんが確約できるところではありますね。
posted by まろん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

転職活動終了のお知らせ~後編~

※この記事は「転職活動終了のお知らせ~前編~」の続編です。

8/21 朝8時半頃起床したまろんは、ホテルの朝食を食べるため
ロビーに行きました。
バイキングスタイルの朝食で、種類も多く、かなり満足度の高い
朝食となりました。

朝食を満喫したら、部屋に戻り、しばしひと休みしてから、
いつものとおり元気いっぱいホテルを出発しました。

京葉線の千葉みなとから京葉快速で新木場まで向かい、
新木場で有楽町線に乗り換えたら、いつもの酒豪の素敵な女性たち
とのランチを楽しむため、麹町へと向かいました。

いつも書いてしまうのですが、こんなに素敵な3人の女性たちに
囲まれてるまろんって、ただの元ペット?(笑)とはいえ、
幸せものだなあと、つくづく思ってしまいます。。。。。
ただ、こんなに素敵な女性たちがそばにいるので、まろんは
結婚できなかったりするのかな?
目移りしてしまって???

楽しいランチを楽しんだら、面接日時まで時間があるので、
どうやって時間つぶしをしようかと思っていたら、
8/14の面接結果の連絡があり、こちらは残念な結果となりました。
やはりコミュニケーションが、まろんには珍しくうまく取れなかったのが
敗因のようです。
ただ、IT関係の仕事なので、ITスキルに若干不足する部分が
あった可能性もあるため、こればかりはなんともいえません。

気を取り直して、東京で時間つぶしといえば、やっぱり秋葉原かな?
ということで、とりあえず秋葉原に行くことにしました。
秋葉原の電気街で、小型のパソコンなどを色々と見ていると、
あっという間に時間が過ぎていったので、慌てて面接地の
半蔵門まで戻ることにしました。

ちなみに、ランチをした麹町と半蔵門は、乗り換え駅ではないものの
200か300mぐらいしか離れていないので、ほぼ同じ駅といえると
思うのですが、一応別の駅で乗り換えの適用外になっています。

半蔵門に戻ると、駅前で派遣会社の担当者と合流し、徒歩で
面接地まで行きました。
この派遣会社の担当者と先方とは、かなりコミュニケーションを
円滑にとっているようで、かなりの信頼関係を構築されていて、
今まで派遣会社で面接に何度も遭遇していますが、ここまで
こちらも話しやすく、話を聞けるというのは、はじめての経験でした。

面接自体も結構盛り上がり?、今までにない手ごたえ、純粋にこういう
会社で働きたいなあという気持ちを強くもちました。
面接のときにこのような気持ちになったのは、正直なところ
今まではじめてかもしれません。

今までは、まあここでいいかな?とか、
問題や課題が山積みで、おそらく大変なのが丸見えで明らかだけど、
何かまろんにとってプラスになることも多いかもしれないし、
もしかしたら化ける可能性もあるのでここでいいかな?とか、
まろんがここを変えて、良くしてやろう!とか、
というのが、毎回のことでした。

こういう所謂ポジティブな感情になれる会社に巡りあえたのは、
正直なところデフレ時代にはなかったもので、アベノミクスの
経済効果のおかげではないかと思います。
ただし、大阪ではこういう会社はほぼありませんでした。


そんな手ごたえを感じて、面接が終わり、一人で半蔵門駅まで
戻っていたら、電話がなり、採用が決まったとの知らせでした。
面接から10分も経過しないで確定というのも、今までではじめてでした。

ということで、まろんはめでたく、新しい仕事をつかむことができました。
ちなみに、採用の理由で一番大きかったのは「コミュニケーション能力」
とのことでした。

今まで学生時代は法律を中心とした様々な知識を、それ以降15年間
仕事を積み重ねてきて、様々な知識や経験、スキルを身につけてき、
まろんとしては「コミュニケーション能力」なんて、ある意味で基本の基本で、
そこが重視されるというのは、なんとなく???という感覚はありました。
しかし、よくよく考えてみると、まろんのすべての根源となっているのが、
「コミュニケーション能力」でもあり、すべてがそこを出発点とし、そこが終点でもあることに、
気づかされた。そんな瞬間でもありました。

そのうれしくてたまらない知らせを受けてからしばらくは、
正直なところ、今までの苦労を思い出して、ぼ~としていて、
この後どうしたらいいのか?なんてことを考える余裕もなく、
半蔵門駅からとりあえず東京メトロ半蔵門線に乗車し、
いつの間にか押上方向に向かいました。

その過程で、実家の老夫婦やいつもの酒豪の女性たち、
親友や知人などにメールで連絡をして、その後家探しのために、
宿泊しなければならないことに気づいて、慌てて千葉駅の
ホテルの予約をしました。

錦糸町まで到着すると、JR総武快速線に乗り換えて、
千葉まで行き、ホテルにチェックインしました。
その後色々と買出しをし、その間もなんとなくぼ~としながら、
メールの返信をしたり、なんともいえないときを過ごしたのでした。

ちなみに、その日はなんとなく寝付けず、基本的に夜型に
なっていたとはいえ、5時ぐらいまで起きていました。
あまり感情表現ができないまろんの、喜びの表現なのでしょうか?

ということで、まろんの転職活動は、とりあえずの終結となりました。
posted by まろん at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする