2014年06月27日

会社が嫌い!!

「転職活動進捗状況14/6/19」などの記事で記載したとおり、
まろんは6月4日から、2月~4月の間働いていた会社で、
再び期間限定で働き始めたことを記載しましたが、
一応6月末までの期間限定の予定だったものが、
当初の想定どおり、7月以降の中旬までの延長が決まりました。

それにしても、今回のプロジェクトの進捗状況、そもそもの
プロジェクトの完成度、質など、客観的な立場で見てみると、
状況は本当にひどい有様です。

ITが絡んだプロジェクトというのは、まろんがそれまでに関わった
様々なプロジェクトに共通して、だいたいが想定どおりには
進まないもので、1ヶ月2ヶ月遅れは当たり前で、
その遅れを見込まないと、致命的なバグが発生するか、
お客様が望むような結果が満たされない質の低い状態で
出来上がったりするのですが、
とはいえその1ヶ月2ヶ月の遅れを許容すると、逆にだらだらと
引き伸ばされてしまい、なかなかリリースを迎えられないと
いうようなことになります。

そのため、ITに絡んだプロジェクトについては、これが常態化
してしまっているので、逆に想定どおりに完成したりすると、
それはすごいことで、それを仕切ったプロジェクトマネージャーは
拍手喝采、神様のような存在にもなります。

さて、まろんが現在参加しているプロジェクトも、ほぼ同様で、
進捗状況はどんどん遅延しており、このプロジェクトの
きっかけとなったある事業の開始日は既に過ぎている状態です。

お客様としては、既に事業がはじまっているので、早く使用して、
学習したいと思っているものの、システム開発の遅延や、
バグの発生、そしてそもそもそのシステムを利用するフロー自体が
整備されていない、などのあまりにも無残な状況になっています。

まろんとしては、まろんが受け持っている範囲、プラスアルファで、
できる範囲の対応をしているものの、期間限定のスタッフという
制約やそもそも事情を10%も知り得ない立場にあるため、
お客様とコミュニケーションは取れても、それ以上のことができない
なかなか難しい状況にあります。

そもそもの根本的な原因は、今回のプロジェクトを取り仕切る人が
存在しない、指名された人がそれを受け入れない、
そして誰もそれを引き受けたがらない、というはじまりの部分にあり、
既に崩壊してしまっているこういう状態の中で、そのプロジェクトの
かけらの知識しかない人々が、まろんを含めて、なんとなくそれぞれが
それぞれに何かの役割を受け持ち、それをそれぞれがそれぞれに
何もわからずにそれぞれのことをやっている、というような状況に
あり、事態をさらに複雑化しています。

仕事の基本?として、情報の出口と入り口はひとつにするべき!
ということがあります。
つまり情報は正確であることが基本中の基本なのだから、
情報は、できればひとり、それが困難であるならば全員、
それが困難であれば3名程度の基幹的な役割を担う人が
統括・管理し、情報が必ず彼・彼らに集まるようにするとともに、
情報は彼・彼らのみが発信するようにしなければなりません。
しかし、今まろんが働いている会社のプロジェクトでは
それがほぼ皆無といえます。

そういう状況のため、まろんとしては、まろんが課せられた役割
だけに終始せざるを得ず、その役割を担うために、知っておいた方が
良いと思われる情報もほとんど入手できず、お客様側からすれば、
なんとなくあの人はよくやってくれているなあというようなことで
色々と尋ねられることや依頼されることは多いですが、
ほとんど何も回答できず、実行できないという状況です。


まろんには誇ることができない出向等を含めた20社以上の会社での
実務経験があり、大企業、中小企業、ベンチャー企業、個人商店の
ような企業を実際に観て、聴いて、感じて、知悉しているため、
今回の企業との共通性も十分承知しています。
だからこそ、我が国の企業の将来性の欠如、成長性の欠如について
いやというほどの実感を伴うものを感じているのです。

俺この会社が嫌いやねん!!
社長大嫌いで、失敗したらいいのにって思ってる!!
わざと社長の言うことをきかないようにしてんの!!

これはまろんが今までの会社で実際に聞いた言葉です。

会社に対する考え方や価値観は年々変化し、生活のために
お金を稼ぐための手段として会社を捕らえる人が多く見られる
のは確かではありますし、それを否定しようとは思いません。

ただし、そもそも会社や組織というのは、その会社や組織を
創設した際に抱いた理念や目的、それに基づいた商品や
サービスがあり、生活のためだけに働く人は除いて、
少なくともその部分に何らかの共感や興味、魅力、好意を
もっていなければ、将来性や成長性を望むことはできません。

※場合によっては、その会社や組織の先輩やスタッフへの
共感や好意ということもあるでしょうが、その場合も、
その会社や組織への共感と好意と同義と考えてもいいと思います。

この意味で、我が国の会社や組織の従業員やスタッフの中に
この手の嫌悪感が蔓延し、決定的に会社や組織への信頼が
欠如したりしているようでは、将来性や成長性なんというものは、
ないとしかいうことができません。
それは実は本当に非常に悲しくもあり、悔しいことでもあります。


とはいえ、本当に彼らが心の底から、その会社や組織が
嫌いなのか?
すぐに社会保険がもらえるので潰したいのか?
何が彼らをそうさせたのか?そう思わせたのか?
それを解消する方法はないのか?

まろんブログでは、かなり以前に「会社再生方法」という連載をしましたが、
本当の彼ら、彼女らは、その会社に期待し、何とか
なって欲しいという希望を見出したいと思っているものです。
そのために、そうできるようなアイデアや考えを
自分の内側に秘めていることがかなりあります。

こうするべきだ。
こうしたい。
こうなってほしい。
こうやったらいいと思うのに。

もっとうちの社員がまろんみたいに働いてくれたいいのに。
なんてことを言ってくれる人もいました。

つまりは、本当は自分がいる会社や組織が良くなって欲しいのです。
確かに生活のため、家族のために、安易に、まろんのように
後先も何も考えずにその会社や組織に見切りをつけて辞めるなんて
馬鹿なこと(笑)はしないし、できないが、そんなことをせずとも、
以前のように会社や組織が、その理念や目的を果たせるのであれば、
共にその道を進んでいきたい、と。

そうであるならば、会社が、組織がやること、やるべきことは
限られてくるはずです。

人が、人であることで持つ、最も重要で、かつ偉大な資質は、
感情を持ち、言葉を話し、互いにコミュニケーションを取ることが
できることであるとまろんは考えています。

会社や組織の形式的に上層部にある者が、胸襟を開き、
お互いにそれぞれの感情を話し、ぶつけあい、本音で語り合い、
そしてそれを客観的、俯瞰的な見地に立ち、会社や組織の中に
反映させていくこと。
もちろん、反映させてはならないこともありますので、
そこは客観的、俯瞰的であることが、非常に重要になります。
ただし、その場合も説明のコミュニケーションは必要です。

このことがすべての出発点です。
その過程を踏まずに、再生、改善、改革はできません。
場合によっては、コンサルタントに間に入ってもらうというのも
手段としてよい方法だとは思いますが、ただしコンサルタントが
契約満了等でいなくなった場合などに、より大きな問題に
なる場合もあります。


何かの統計で見たのですが、従業員のアンケートを取ったら、
我が国の70%程度の会社で、従業員が自分の会社や組織が
嫌いであることがわかったというものありました。
好きということに、若干恥ずかしく思う気質がある我が国の
国民性を斟酌しても、半分以上の従業員が、自分の会社や
組織が嫌いであると思っているのだろうと、想像できます。
そんな会社や組織が、本来あるべき姿を取り戻してくれることを
まろんは願ってやみません。

まろんが今いる会社では、少なくともまろんがいる間に
なんらかの改善が見られる可能性はありませんが、
まろんが果たすべき役割は着実に果たし、
その中で、様々なきっかけを与えることができれば、
いいなあと思っています。
posted by まろん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

転職活動進捗状況14/6/19

前回の転職活動進捗状況14/6/4から2週間が経過しましたが、
前回の記事で書いた会社での仕事が非常に忙しく、土日も
なかなか休めず、休めても休養日にあてざるを得ない
状況だったため、転職活動も進んでいません、、、
ということはなく、今週火曜日の6/17に東京での面接に
行ってまいりました。

前週の土曜日に仕事だった振り替え、というわけではありませんが、
仕事の進捗状況等を詳細に確認した上で、6/17の火曜日の平日に
休みを取って、その前日の6/16の月曜日の仕事終わりに、
最寄り駅の西中島南方に向かい、大阪市営地下鉄で
西中島南方→梅田
梅田でJRに乗り換えて、
大阪→天王寺→関西空港

関西空港に到着したら、とりあえず晩御飯ということで、
いつも利用するファーストフード店で晩御飯を食べたら、
搭乗手続きを済ませて、いつものLCCに乗って、
関西空港→成田空港

成田空港にはほぼ定刻の22時過ぎ頃に到着し、そこからは
京成電鉄に乗車し、スカイアクセス線経由で
成田空港第2ターミナル→東松戸
東松戸でJRに乗り換えて、
東松戸→西船橋
西船橋で東京メトロに乗り換えて
西船橋→西葛西
と乗り継いで、この日の宿に到着しました。

西葛西のこの宿は、10年ほど前に18キップで就職活動のため
大阪と東京を往復していたときによく利用していた宿で、
かなり久しぶりの宿泊です。
ホテルの名前も変わっていて、どうなっているのかと思いましたが、
正直なところ時の経過相当の施設の劣化は否めないところでした。

まろんぐらい??様々なホテルでの宿泊をしていると、
正直なところ、評価レベルは低くなってしまいますが、
ただ、まあ普通に泊まるだけであれば、なんの問題もありません。

ホテルに到着したら、いつものとおり翌日の朝食を買出しに
行きました。
いつもであれば街中の散策をするところですが、仕事のたまった
疲れもあり、特に街中の散策をすることもなく、ホテルに戻り、
風呂に入り、まろん旅にしては珍しくテレビをつけて、
ワールドカップサッカーの結果を観て、その後日が変わった1時から
はじまったドイツ-ポルトガル戦の前半を観て、ドイツの強さを堪能したら、
満足した様子で、泥のように深い眠りにつくまろんなのでした。(笑)


6/17
8時半頃起床したまろんは、いつもの朝食のスパゲッティサラダと
おにぎりを食べて、再びテレビをつけて、ワールドカップサッカーの
アメリカ-ガーナ戦を堪能しながら、ひと休みをしたら、
いつものとおり元気いっぱいホテルを出発するのでした。

西葛西駅に向かい
西葛西→大手町
大手町から東京駅に徒歩で行き、東京駅の中にある、土産物店
などをぶらぶらとしてから、JR中央線に乗り換えて、
東京→四ツ谷

四ツ谷に到着したら、いつもの酒豪の女性達とのランチを楽しむため、
それからその酒豪の女性達の中の東北出身の色白美人に
誕生日プレゼントを渡すために、麹町まで徒歩で向かいました。

麹町にある「魔法のすーぷ」まるものを看板にしているこじんまりとした
お店の前で待っていると、いつもの素敵な女性達がやってきました。
ただし、誕生日プレゼントを渡す予定の女性は、仕事の関係で
来れないということで、今回はまろんを入れた3人でのランチになりました。

まろんは串揚げ定食を注文しましたが、ごはんと串揚げ、漬物
そしてメインの野菜がたくさん入った「魔法のすーぷ」というメニューでした。
「魔法のすーぷ」というだけあって、当然のことながら絶品なのですが、
コンソメ?をまろやかにしたような感じのすーぷです。
ちなみに持ち帰ることもできるようですし、通販で購入することも
できるようです。

3人で色んな話をして、素敵な、癒しの時間を過ごしていると、
いつものとおり、そういう離れがたい時間というのはあっという間に
過ぎてしまうもので、ついに時間切れとなってしまいました。

さて、とはいっても、今回は誕生日プレゼントを渡さないといけないので、
今回参加できなかった女性にメッセージを送って、会社のビルの下まで
来れないかと打診しましたが、仕事が急がしそうで返信がないため、
どうしたものかと思い悩んでいると、なんだかんだのうちに
会社まで行くことになりました。

ちなみに、この会社はまろんが以前クライアント先常駐という形で
お世話になったことがある会社で、まろんにとっては何年ぶりかの
懐かしい訪問でもあります。

丸顔の可愛い女性が、その女性を呼びに行ってくれて、やっと
再会できて、そして誕生日プレゼントを渡すことができました。
まろんがイメージしたとおりのプレゼントにはなったようで、
とりあえずの重責を果たして?、ひと安心したら、
しばし話をして、それから仕方なくお別れすることにしました。


さて、素敵な女性達と泣く泣く別れたまろんは、次の目的地に
向かうため、最寄り駅の半蔵門に行き、東京メトロ半蔵門線で、
半蔵門→九段下

ちなみにこの日は東京メトロ東西線の火災により、東西線が
一部不通になっていた日でしたが、九段下からは乗車できたので、
九段下行き、という珍しい?運行の列車の折り返し乗車して、
九段下→中野
中野でJRに乗り換えて、
中野→荻窪

まろんは東京に5年ほど住んでいましたが、荻窪を訪れるのは
はじめてです。
荻窪を訪れたのは、ある病院での病院見学のためだったのですが、
予定の時刻まで時間があったので、駅近くの喫茶店で、
ひと休みをしてから、目的地の病院に訪れました。

最近建設された、綺麗な病院でしたが、他の建物から隠れるような
位置にあったりして、若干暗いイメージがある病院でした。
ただ内装は当然綺麗で、施設も完備されているようでした。

病院では、病院見学という名前になるようなのですが、
実質は面接で、先方は事務長と課長の2名でした。


面接が無事終わると、一息つく暇もなく、翌日からは仕事なので、
即大阪に帰るため、荻窪駅まで行き、
荻窪→東京
東京で総武快速線に乗り換えて、
東京→成田空港第2ターミナル

それにしても、最近は電車好き、というか車窓好きのまろんに
しては新幹線の乗車頻度が極端に減っている気がします。
東京と大阪間を鈍行を含めてこれだけ往復していると、
さすがに富士山が見えるときがある、といっても、それほど
わくわく感はでなくなっています。
それ以上にLCCが安いということもありますが、、、

成田空港に着いたら、出発時刻まで時間があるため、
空港内のお店を散策したり、晩御飯を食べたり、
展望台で飛行機を眺めたりして、快適な時間を過ごしたら、
搭乗手続きを済ませて、いざフライトです。
成田空港→関西空港

ほぼ定刻に関西空港に到着したら、JRに乗り換えて、
関西空港→天王寺→鶴橋
鶴橋で近鉄に乗り換えて、
鶴橋→八戸ノ里
と乗り継いで、実家へと帰るまろんなのでした。

ということで、今回は面接が1件あったという進捗状況でした。
さて、面接の結果は如何に?
posted by まろん at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

転職活動進捗状況14/6/4

前回の「転職活動進捗状況14/5/17」の記事から2週間が
経過してしまいましたが、前回の記事でお伝えした
人材紹介1件、派遣登録2件、神戸の正社員の1件とそれぞれ
残念な結果になりました。

人材紹介については、若干環境分野という専門分野の人材紹介
だったため、まろんの職歴と合わない部分が多かったというのが
大きかったようで、実際に紹介された会社はありませんでした。
ちなみに、この人材紹介会社は、先方から求人サイトを通して、
スカウトがあったのがきっかけでした。

神戸の正社員の仕事については、2次面接まで進み、決まるかな?
とちょっと期待しつつ、東京進出を画策していた手前、かなりの迷いも
あったのですが、これは東京進出せよ!というまろんの神様からの
お達しなのかもしれません。(笑)

前回の記事以降、新たに2社派遣登録をしたり、求人サイトから
数社応募するなど活動をしていると、派遣会社の1社からある会社との
顔合わせのお話がありました。
また、別の派遣会社からも詳細な話が持ち上がりました。

前者の顔合わせについては、先週末の金曜日にあり、ほぼ確定?の
感触でしたが、これも大阪の仕事になり、最低5年程度は継続する
必要があるという話の案件で、どうしたものかと悩んで、週明けを
待っていると、6/1の日曜日に突然まろんの携帯電話に着信が
ありました。

この携帯電話は、まろんがメインで使っているiPhone5Sとは別端末
なのですが、「転職活動進捗状況14/4/20」などの記事で書いた会社(前職)で
働いていたとき、突然液晶が表示されなくなり、修理に出したところ、
2万円以上も費用がかかる上に、解約すると解約手数料がかかる一方で
無料通話料が1,000円分がついていて、iPhone5Sと共用できるので、
とりあえず様子見で維持していました。

ただ、液晶が表示されないと色々困りますので、機種変更する前に
使っていた古い機種が、まろん家の引き出しに眠っていたので、
SIMカードを入れ替えて、その古い機種の状態で使っています。

前置きが長くなりましたが、この携帯電話にかかってきたのは、
その前職の会社を紹介していただいた派遣会社の担当の方で、
前職の会社で再び緊急事態が発生しており、手を貸してくれないか?
というような内容の電話でした。

実はこの会社にはまろんブログの記事にも書いたとおり、2月に
入社したのですが、この際も夜中に派遣登録の応募→
翌日朝登録面談の誘いの連絡→当日夕方面談→翌々日顔合わせ→
顔合わせ中に確定→土日をはさんで翌週から仕事開始という、
まさに緊急事態な状況にぴったりと合って入社したのでした。

困ったときはまろん頼み!!というようなことも言われました。(笑)
まあ、どの会社に入っても、いつもこんな感じなのですが。。。(笑)

まろんとしても、できれば短期でつなぎの仕事をそろそろしたいなあと
思っていましたし、今回はサーバが絡んでいるため、スキルアップにも
なりますので、正直二つ返事で了解の旨の回答をして、
昨日顔合わせ→即日確定→明日から仕事はじまり、となりました。
今回はとりあえずは6月末までの期間限定ですが、状況を鑑みると、
かなりの延長になりそうな予感もします。
また、まろん自身が望めば、かなりの長期での就業も可能に
なりそうな案件ではあります。

とはいえ、こういう緊急事態になるというのは、それはそれで組織として、
どうなのか?ということでもあり、ここは冷静、客観的に判断せざるを
得ないところでもあると思います。

こういう状態が今後なくなり、組織として成熟していくのか?

面白い、楽しい、いい人、優しい人ばかりであるからといって、
またスキルが高く、優れた人ばかりであるからといって、
それが必ずしもいい仕事を生み出し、いい商品やサービスを生み出し、
やりがいや生きがいを持って、仕事ができるというわけではありません。
会社という人が組織して成立しているということの意味が何なのか?
それがこれからの我が国の経済が成長と発展を実現するためには、
しっかりと立ち返って、考えなければならないことであるように思います。

ちなみに、待遇は前回よりも格段にあげていただけるとのことで、
また改めて、新たな気持ちでより良い、質の高い仕事をしなければ
なりません。

ということで、まろんの転職活動は、引き続きますが、
ちょっと精神的にも肉体的にも一休みはできますね。

ちなみに、派遣会社の顔合わせの結果は、縁がなかったという結果でした。
それから、今までに登録した派遣会社については、2社ほど残して
登録抹消処理をしました。
今後の転職活動で新たに派遣会社を利用するのは、差し控えたいと思います。
posted by まろん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする