2013年07月09日

ある人の死に考えること

その日がいつ訪れてしまうのかと、そのことを思わざるをえなかったのですが、
ついにその日が訪れてしまいました。

その日とは、あの日に、あの東日本大震災が発生したあの日に、我々を恐怖の
どん底に陥れた東京電力福島第一原子力発電所の所長として、
事故処理の陣頭指揮にあたり、我々を紙一重のところで救いもした吉田昌郎氏が、
ついに本日7/9に亡くなられました。

福島第一原子力発電所が、なんとか平穏を保った状態を維持し始めた時に、
癌との闘病生活に入られ、術後一時回復基調にあったものの、再び悪化し、
その後消息が聞こえてこないため、もしかしたら、という不安を感じていたのですが、
それが現実となってしまいました。
非常にショッキングなニュースでもありました。

まろんの勝手な想像ですが、吉田昌郎氏は、おそらく病から復活され、
再度福島第一原子力発電所で陣頭指揮され、第一が収束の段階に至るまで
現場で指揮したかったのではないかと、そんなことを思うと胸につまります。。。



専門家でもある東京電力が、吉田昌郎氏自身も含め、東日本大震災がもたらした
あの甚大な大津波を全く想定せず、過小評価していたことによって、
我が国および全世界を原子力の恐怖に陥れたことは、まがいのない事実であり、
そういう意味では吉田昌郎氏は、ある意味で、「加害者」の一人であるといえるのかもしれません。

もちろん、それは東京電力だけではなく、原子力行政を担っていた政府、
原子力関連の委員会など、そして最終的にはそれを是認してきた我々国民の
責任ともいえるのかもしれません。

ただ、まろん自身の理解としては、あの、あそこまでの大津波を現実のこととして
想定することはあの当時は、ある意味でフィクションでもあったであろうと理解しますし、
そういう意味では、単なる不可抗力であろうとは思います。
※法的に不可抗力というのは想定されており、条文にも存在します。
→「原子力損害の賠償に関する法律」第3条

とはいえ、そのことが、福島第一原子力発電所で、旧式のマークワンと呼ばれる
欠陥があると言われ、米国では訴訟にもなっている原子力発電システムを
使い続けていたことや、全電力停止になった場合のリスクマネージメントが
できていなかったことなどを正当化できるわけではありません。
それが許される程度の、次元のものを扱っているわけではないのだから。

そもそも何故、沸騰水型ではなく、より安全であるといわれていた加圧水型にしていなかったのか?
単なる経済的な理由だけだったのか?


吉田昌郎氏が、「加害者」の一人として、あの事故の後、自らの命を削って、
現場のスタッフを的確に陣頭指揮をされ、右往左往するしかない官邸や
東京電力本部と対峙しながら、とりあえずの平穏にまで導いたことは、
紛れのない事実であり、あの大災害の中で、数多く存在する我が国の救世主の
一人となったことも紛れのない事実です、

過去の過ちをしっかりと自らに問いただし、今やるべきことをやる、やりきる、
それが人として最も大事なことであり、それこそが我々人間の素晴しさでもあると
まろんは考えます。
そういう偉大な先人が亡くなられたのは、非常に残念です。
心からの冥福を祈ってやみません。



死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
PHP研究所
門田 隆将

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

posted by まろん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする