2013年04月18日

2泊3日吉松・人吉・長崎・別府旅行記~吉松・人吉・長崎後編~

※この記事は「2泊3日吉松・人吉・長崎・別府旅行記~吉松・人吉・長崎前編~」の続きです。

素敵な想い出を抱えて熊本に到着したまろんは、九州新幹線のみずほ号に
乗り換えて、
熊本→博多

ちなみに、「HAPPY BIRTHDAY ♪ KYUSHU PASS」は、
6回に限りグリーン車あるいは指定席にも乗車できるのですが、
残念ながらみずほ号のグリーン車や指定席には乗れません。
ただし、自由席はOKです。

博多に到着したら、まろんが大好きな白いかもめ号に乗車し、
博多→長崎

白いかもめ号は、ドイツのICEという新幹線にも似た車体ですが、座席が
革張りであったり、デッキが展示会場のようになっていたり、
内装も凝っている上に、最高速度130kmでびゅんびゅんと走る快適性も
備えており、若干スピード狂のまろんにとってはたまらない車両なのです。

また鳥栖や佐賀を過ぎると、進行方向左側に、有明海を観ることができますが、
この日は干潮に入り始めていたため、干潟の状態も観ることもできました。

2月の「2泊3日枕崎・志布志・三角旅行記~三角編~」の際は、三角線で
有明海の壮大な干潟を観ることができましたが、地理的にその向かいの地で
有明海の干潟を観ることになりました。

それにしても、こんな快適なひとときが楽しめなくなる、長崎新幹線事業が
開始されるという話もあるらしいことに、観光客目線として残念に思います。

ただ、現行の九州新幹線が開通した当時は、今は肥薩オレンジ鉄道という
第3セクターになってしまった新八代と川内区間がJRから切り離され、
この区間を特急列車で走る際に観ることができる車窓の美しさ、
素晴しさを知っているまろんとしては、忸怩たる想いだったのですが、
今はそれ以上の快適さや便利さ、より短時間でより多くの観光地を周り、
より多くの美しい土地や風景を楽しめるということに、どっぷりとつかっているのですから、それはそれで、その状況に合わせて、楽しめればいいのかなあとも思います。
結局は、九州の地元の人が、冷静に真摯に話し合い、権力や既得権益などに
左右されることなく、判断し、決断するべきことなのかもしれません。

長崎に到着したら、徒歩10分ぐらいのところにあるホテルにチェックインし、
重い荷物を置いたら、長崎の街を散策することにしました。
ちなみに、今回長崎に到着したのは17時ぐらい。
まろん旅の1日の最終目的地の到着時刻としては、かなり早い時刻です。
もちろん、長崎の街を目いっぱい散策するためです。

まずはホテルからすぐのところにある海の見えるレストランや長崎美術館
などがある、長崎港のほとりの公園に行くことにしました。
たくさんの船が止まり、船によってはバーベキューをしていたり、
しているのですが、まろんはただただ長崎の街、海、向かいに見える稲佐山
などをゆっくりと広く観ながら、歩を進めるのでした。

まろんが長崎に訪れるのは3回目なのですが、長崎に泊まるのは
はじめて、こんなにじっくりと長崎の街を散策するのも初めてです。
それだけに、風光明媚な素敵な街や海だと、まさに肌に感じました。
こういう景観は今までの街にはなかったように思います。

長崎港をぶらぶらしながら堪能したら、少し港をはずれ、有名なグラバー園
がある方向に向かい、グラバー園は遠めに見たら、長崎市電を眺めたり、
オランダ坂などを散策したり、長崎の街を1時間半ぐらいぶらぶらとしたら、
先ほどの公園に戻って、海の見えるレストランで、長崎港の海鮮丼を
食べることにしました。
まぐろ、いくら、たこ、いか、ホタテ、サーモン、うにが入っており、
本当に絶品でした。
特にたこは、こんなにたこって美味しかったかなと思うような美味しさでした。
青森県の八戸で、透き通ったイカを食べたときに感じたように感動しました。
やはり現地のとれたてを食べたいものだとつくづく思いました。

海鮮丼を堪能したら、長崎市電に乗車し、長崎駅に行き、翌日のグリーン車の
きっぷを購入し、土産物を買ったり、翌朝の朝食を買ったりして、
思い残すことがないほど、長崎の街を堪能したら、ホテルに戻り、
ひと休みし、風呂に入り、この日の本当に楽しい感動的な一日を
思い起しながら、深い眠りへと入っていくのでした。
posted by まろん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする