2013年04月14日

2泊3日吉松・人吉・長崎・別府旅行記~九州往路編~

4/12 先刻通知していたとおり、16社目の無残な会社を退職し、
とはいえ、終業前にごたごたとした仕事を押し付けられましたが(笑)
開放感に満たされたまろんは、その足で九州へと向かうため、
職場の最寄り駅の桜ノ宮から、
桜ノ宮→大阪→新大阪

新大阪では、山陽新幹線の18:45発ののぞみ号に乗車し、
新大阪→博多
博多で、今回の旅行のきっかけとなった先刻の記事
「2泊3日枕崎・志布志・三角旅行記~枕崎編~」の記事で紹介した
「HAPPY BIRTHDAY ♪ KYUSHU PASS」を買い、鹿児島中央駅まで向かう
さくら号のグリーン車のキップを調達したら、さくら号の快適な
グリーン車に乗り込んで、いざ鹿児島中央まで向かうのでした。

博多→鹿児島中央
広々とした空間、車内サービスのおしぼりと飴玉など、グリーン車
ならではの時間を堪能しましたが、21時を超えており、車窓は楽しめず、
またトンネルが多いため、iPhone5でネットを閲覧することも難しかったため、
仕方なくアプリの将棋などをしながらの旅路となりました。

鹿児島中央に到着したら、駅前のホテルにチェックインし、ネクタイをはずした
スーツ姿のまま鹿児島の街を散策することにしました。

鹿児島には、といいますか、九州の多くの街で路面電車が走っており、
なんというか、風情を楽しむことができます。

ただ、一番最初にまろんが鹿児島に来たのは、まだ鹿児島中央駅が
西鹿児島駅だったときで、もちろん九州新幹線も開通してなかったのですが、
当時は本当に地方の街、という感じだったことを鮮明に覚えています。

ただ、九州新幹線が開通して、駅はもちろんのこと、街中を含め本当に一変し、
一望した限りでは都会の街という感じです。
そうはいっても、路面電車といい、少し街を外れると、地方都市ならではの
風情がある景観があり、またなんといっても、桜島が見えるこの街は、
鹿児島そのものであり、いい意味での発展、成長している姿ともいえるのでは
ないかと思います。

街を散策したら、小腹がすいたので、少しつまむものと、飲み物を調達し、
ホテルに戻り、開放感に浸りながら風呂に入り、明日の予定を考えたり、
Podcastを聴いたり、しながら、いつの間にか疲れを癒すための、
深い眠りへと落ちていくのでした。。。。
posted by まろん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする