2013年03月20日

鉄道に見放された?

最近のまろんは、どうも鉄道から見放されている気がします。

先日3/16 青春18キップシーズンということもあり、恒例の讃岐うどんを
食べるために、はるばる香川県の坂出まで、いつもの鈍行で行くことに
しました。

八戸ノ里→鶴橋→大阪→姫路→相生→岡山→坂出

坂出で、駅の中にある亀城庵という常連?の讃岐うどん屋さんで、
「あじと野菜のぶっかけうどん」を食べました。

あじの天ぷらに、名物のまいたけの天ぷらなどが乗っており、
いつも思うのですが、本当においしいんです。
18キップシーズンには欠かせない旅程になりつつあります。
今シーズンにもう1回来たくなりました。(笑)

美味しいうどんを食べ、いつもの坂出土産の名物かまどの
姉妹品の「田舎家」というお饅頭を買ったら、
坂出→岡山
岡山でつい新幹線を使ってしまい、
岡山→相生
相生で再び鈍行の新快速列車に乗り換えて
相生→、、、、

相生から姫路まで進み、いよいよ新快速列車の本領発揮で、
時速130kmの高速運転で大阪へ向かおうとするところまでは
覚えているのですが、姫路を過ぎたころにうとうとしていたところ、
途中駅のひめじ別所という駅で、停車していてはっと目を覚ましました。

車内のアナウンスによると、東加古川と土山駅間の踏み切りで、
車の脱輪事故が発生して、運転見合わせになっているとのこと。
まあ2,30分もすれば復旧するかと思っていたのと、
振り替え輸送は始まったもののひめじ別所駅というのが、
代替手段の列車がないこと、
仮に代替手段の列車となると、かなり遠くの山陽電鉄まで
いかないといけないこと、などから、仕方なく、暇つぶしをして、
運転再開を待っていたのですが、1時間を経過しても、
運転が再開しません。

鈍行好きのまろんのことですから、列車の中で長時間を過ごすと
いう点について慣れている?ので、どうってこともなかったのですが、
結果的に2時間も列車に閉じ込められてしまうことになりました。
今まで、運転見合せや遅れに巻き込まれることは当然ありましたが、
これだけの時間閉じ込められたりすることは経験がないので、
まろんの鉄道運も落ちたのかと、ちょっと思ってしまいました。


そんな経験をした2日後の3/18。
この日は、仕事終わりに、翌日の東京での素敵な女性達との
フランス料理でのランチ会、およびその女性達の中の1名の
誕生日会ということで、東京、厳密には千葉に移動することに
なっていました。

関西空港から、まろんの初体験のLCCのJetstarを利用して、
成田へと向かう旅程でした。

仕事が終わって、勤務地の大阪桜ノ宮のOAPビルの無料バスと
JRを乗り継いで、
大阪天満宮→京橋→天王寺

この日は春の嵐という予報で、天候が大荒れになることは知っており、
電車遅延等ある程度の予想はしていたため、かなり早めの動きをして、
天王寺では、快速列車ではなく、特急列車のはるか号を利用する
ことに決断し、
天王寺→関西空港

結果的にこの決断のおかげで、何とか間に合ったのですが、
春の嵐ということで、列車は大幅に遅れ、恐れていたとおり、
関西空港に行くために通る海上路の りんくうタウン駅と関西空港駅が
強風で運転見合わせ。。。。

そのため、はるか号は、りんくうタウン駅までで、代行バスで
関西空港までいかなければならない可能性があるという状況。
はるか号は、なんども止まったり、動いたりを繰り返す状態。

正直完全に止まってくれると、タクシーなどで、、、という選択肢も
出てくるのですが、それもしにくい状況。
さて、どうしたものか?

そんなこんなで時間を使うこと約50分。
海上路の運転見合わせは解除され、はるか号は関西空港まで
行くことになり、なんとかまろん人生初のLCCは無事経験できた、、、、
と思っていたら、こちらも機体準備遅れで、40分ほど遅れて、、、

結果的に千葉のホテルに到着したのは23時45分。
もちろん、ご飯も食べておらず、チェックイン後にコンビニに夕食と
翌日の朝食を買いに行って、、、
お風呂に入ったのは翌日の1時半ぐらい。。。
というような日となってしまいました。

とはいえ、こんな状況でも、なんとなく楽しんでしまっているまろんで
あることに、ちょっとびっくりしてしまうのでした。(笑)

そういえば、「鉄道に見放された?」だけではなく、飛行機にもかな?(笑)

ちなみに、まろん母は、もう鉄道に乗るなっていうことじゃないの?
というようなことを言っておりました。(笑)
posted by まろん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

パンドラの箱は閉じられたのか?~後編~

※この記事は「パンドラの箱は閉じられたのか?~前編~」の続きです。

前編の記事から、いつの間にか3ヶ月が経過してしまいました。
これからの自民党政治に期待することについて、後編で書くつもりが、
日々の経済や外交、安全保障、そして東日本震災からの復旧・復興などの
様々な施策、そしてその結果などをしっかりと観察していると、
新しい自民党、というか安倍政権の政策が着実に、そして堅実に推し進められ
ているという印象が強く、自民党は生まれ変わることができたのではないかと、
というある意味の安堵感みたいなものを感じざるを得ません。

それは民主党政権があまりにも、本質を知らず、理解せず、できず、
まるで素人の集まりのような稚拙な政治を進めてきた反動であると同時に、
安倍総理が、前回のあの惨めな、無残な退陣を経験し、エリートであるから
こそ味わう苦悩や悔い、恐怖を、着実に乗り越えてきた、そういう真の強さが
今までの総理にはない要素として垣間見えるからかもしれません。

もちろん、正統派の保守派の総理ということで、いわゆる右派の方々による
稚拙な批評非難を退けるような様々な援護射撃があったり、
東南アジアの不穏な情勢、中東情勢などにより、女性を中心として、
強い総理というものを求める国民が増えてきていることも要因としてあげられるでしょう。

いずれにしても、今の政策や施策のすべてを是とすることはありませんし、
そもそもそれはありえませんが、ただ、一度興味本位に開いてしまった
パンドラの箱は閉じられたといっても過言ではないのではないかと思います。


ただ一方で、あまりにも堅実過ぎるきらいが強く、2013年7月の参議院選挙には
このままだとおそらく自民党が圧勝することになるでしょうが、それ以降は、
また以前の自民党に戻ってしまうのではないかと危惧したくなる節もなくはありません。
肝心の選挙制度改革などの自己保身に走りたくなるような政策は
停滞してしまっているようですし、その恐れが多くの政策で感じられます。

今の良い状態に安寧するのではなく、今まで以上に堅実に、経済、外交、
安全保障、そして東日本大震災からの復旧・復興などに着実に、迅速に
対応していただきたいと思います。


さて、2013/3/11の今日は、東日本大震災が発生した日。
あの日の14時46分に発生したあの大地震と大津波、それに基因する原発事故。
それにより我が国は、2万人にもおよぶ死者と行方不明者。
広大な地域にわたる膨大な数の被災者を生み出し、そしてまろん自身も
実際に生で観てきた、甚大な、過酷な被害を受けました。
あれから2年。

民主党政権で、まとまりのない復旧・復興に右往左往させられた人々に
しっかりとした安心を与え、同じ日本国民として復旧・復興を推し進める、
それに必要不可欠な経済の復活は、まさにその根幹であり、
何をおいても第一に取り組まなければならないことです。


一方で、今日も宮城県で地震が発生するなど、まろんブログでは
何回か触れたくない話題ではあるものの、触れていることとして、
同じ規模の同じような地震が再び襲ってきた場合の危機管理を
どのようにするのか?
そのときに、福島第一原子力発電所はどうなるのか?どうするのか?
どうできるのか?

あれだけの被害を受けた我が国だからこそ、できること、やるべきこと
やらなければならないこと、があるはずです。
パンドラの箱という誘惑に駆られることなく、着実に、堅実に、
ひとつひとつ、国民それぞれが進むべき、やるべきことがあるのだと
まろんは確信しています。
posted by まろん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

「みかん」の動画を追加!!

今年ももう3月になりました。
今回のまろんブログは毎月恒例の「みかん」の動画追加のお知らせです。

先月あれだけ可愛かった「みかん」ですが、今月はまた一段と可愛くなりました。
このまま毎日可愛くなっていくと、一体どこまで可愛くなるのでしょうか?
末恐ろしくなる可愛い「みかん」の動画を堪能してください!!

http://www.youtube.com/user/POWANMERON

posted by まろん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする