2011年10月23日

想い出を探して~Part.2~

まろんは今期間限定の派遣社員として仕事をしているのですが、
その会社は大阪で、、、というよりは世界的な大手のメーカーです。
まあ、我が国の99%以上はご存知なのではないでしょうか?

とはいっても直接その会社に派遣社員として雇われているということではなく、
委託の委託なのですけどね(笑)

勤務先内はそれはそれは大きな建屋がひしめき合って、駅を降りると、
徒歩5分程度で入り口に到着できますが、そこから仕事場までにまたまた
7分程度かかったりするという、なんとも恐ろしい勤務先です。。。。

また昼食は一斉に、社員食堂で取ることになるのですが、
300人程度がテーブルを囲んで、、、という今までのまろんの文化には
なかった光景で、その違和感にただただ圧倒されるばかりです。

とはいえ、昼食が社員食堂ということで、あまりにも値段が安く、
今までの5分の2程度の金額ですむので、この仕事をして良かったなあと、
なんとも庶民的な幸せを感じている今日この頃です。(笑)


さて、まろんは学生時代、司法試験の勉強をしている傍らで、
アルバイトをしていたことがあるのですが、その会社もこの大手メーカーの
物流関係の子会社で、大阪の京橋、大阪ビジネスパーク内のツインタワー近くの
タワービルの地下で働いていたことがあります。
そのときはかなりの肉体労働系で、今の職場と違いスタッフもまろん一人で、
時間に追われてあちこちを走り回り、素敵な女性達に可愛がられ、
それはそれで楽しい仕事でしたが、今考えるとかなりのハードな職場でもありました。

そんな日々の「想い出」を探して、今日まろんは勤務帰りに久しぶりに
そのビルを散策する機会を持ちました。

そのビルは、外見はさすがにそれほど変わりはなかったですが、
内装やテナントショップはかなり変化があり、
また私が働いていた会社も本社等に移ったようで、その痕跡もない状態でした。
12年程度と一昔前のことですので、それは当然のことなのですが、
なんとなく寂しい気持ちがします。

ただ、色んな場所にまろんが働いていたことの痕跡も残っており、
懐かしい感傷にただただひたるまろんでもありました。

今日はこんな想い出を探したまろんなのでした。
posted by まろん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

人妻に恋をしてしまったまろん。。。

まろんブログがはじまって以来、皆様の期待?にこたえるべく?、
ついにまろんにもやっと春がやってきた!!と思ったものの、
その相手には子供ももちろん旦那さんもいらっしゃる所謂 人妻、、、
ということで、なんとも複雑な気持ちのまろんであります。


そもそものきっかけは、まろんの得意な一目惚れ。
ただ、一目惚れかなという気持ちを抱いたのはかなり前で、
その後はほとんど見かけることはなかったのですが、
その人が近くのお店でパートとして働いていることを知り、
その後実家のマンションの住人であることが判明し、
ちょくちょくと見かける存在になり、だんだんかなりタイプかもと思っていたら、
先日仕事から遅く帰ってきた際に、エレベータが一緒になったのです。
その女性がエレベータの後ろ側、まろんが前。
後ろから見られるような位置関係になったのですが、、、
もう何十年ぶりぐらいでしょうか?
こんなにどきどき緊張するのは、、、

特にまろんの場合は、女性が多い職場が多いことや女性との付き合いも
まあまあ多いこと、そもそも37歳にもなり、色々な経験を積み重ねてきているので、
そんなに緊張することはないはずなのですが、この緊張感とどきどき感。
何十年も忘れていた感覚です。

その女性がマンションの途中階で軽く会釈して、なにやらつぶやいて
先に降りられた後、つい独り言で、「好きかも?」とまろんもつぶやいてしまいました。(笑)


その女性のタイプはどんな感じかといえば、、、
細身の色白、線は細いタイプで、そのときはまろんが大好きなポニーテール。
別にポニーテールに惹かれたわけではないと思いますが、、、
テレビで出ている人で似たタイプは多分いないかなあ~。

この恋はまろんの性格からすると、おそらく実らないのでしょうが、
何かのきっかけで思わぬ方向に進展してしまうかも知れませんね。
そのときまろんはどうするのだろう?

まろんといえば、理性>>>本能
という感じなのですが、これがまさか逆転するようなことがあると、、、
ある意味で楽しみであり、茨の道なのかも?
posted by まろん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

気仙沼二泊三日鈍行旅行~Part.3~

10/11
この日はついに楽しく、つらいこの旅行から帰路につく日。
そしていつもの酒豪の女性達と楽しいランチを楽しむ日。

朝6時50分頃起床し、ホテルの朝食を食べて、しばし一服したら、
いつものとおり元気いっぱいホテルを出発するのでした。

ランチの時間は11時45分からですが、当然のことながら鈍行では
間に合わないため、新幹線を利用することにしました。
そして、せっかくの新幹線ということなので、趣向を凝らして、
今年震災前にデビューした東北新幹線の新型「はやぶさ号」に乗車して、
東京までのひとときを楽しむことにしました。

7時49分発で途中大宮と東京にしか停車しないのですが、薄い緑色の車体は
デビュー間もないため非常に綺麗で、斬新なデザイン、車体先頭の長さなど
子供心を思い出すようなわくわく感にとらわれてしまいました。
もちろん車内もびかびかで、座席やデッキなども、乗客のニーズに合わせた
技術や工夫が施されているため、快適です。

仙台と宇都宮間では時速300kmに及ぶ速度で突っ走るため、車窓は飛ぶように
移り変わり、その車窓を楽しみながら、なんとなくではありますが、
我が国の「希望」の光を再び垣間みるまろんなのでした。

仙台→東京
東京で途中下車したものの、はやぶさにあわせてかなり早い時間の列車に乗車したため、
あまりに早く着きすぎてしまい、東京駅のカフェでしばし時間潰しをすることに。

カフェで電話やネット、このブログのプロットを考えた後、地下鉄半蔵門線に乗って、
いざ麹町へ
大手町→永田町→麹町

麹町に到着したらいつもの酒豪女性達と合流し、近くの麹町市場というお店で
ランチを取ることにしました。
まろんは豚丼定食を食べたのですが、かなりのおいしさでした。
新しくできたお店のようですが、あまりお客さんが入っていないのが不思議な感じです。

おいしいランチと楽しいおしゃべりを満喫していると、やはりいつものとおり
やってくるお別れの時間。
素敵な女性達とのしばしの別れを惜しみつつ、まろんは、早速東京駅へ。
半蔵門→九段下→大手町

大手町から東京駅まで歩いて、13時30分発ののぞみ号に乗車して、
東京→新大阪

新大阪からは鈍行を乗り継いで
新大阪→大阪→京橋→鶴橋→八戸ノ里

その後実家でゆっくりする間もなく、新しい仕事の打ち合わせのため
スーツに着替えて、再び元気いっぱい実家を出発するのでした。

-------------
今回の旅行により、あの東日本大震災当初予定していたいわき、仙台、
気仙沼、石巻への訪問が終了したことになります。
当然のことながら、現場を歩くまろんの姿勢が変わることはありません。
各地域への再訪問、今回訪れることができなかった志津川、
釜石、宮古、できれば福島第一原子力発電所など、今後も引き続き
まろんは動いていきたいと思っています。
posted by まろん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「まろん」の旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする