2018年09月17日

できる限り多くのお店がこうあって欲しいけど、、、

先日発生した北海道胆振東部地震で、
まさかの北海道全域ブラックアウトという
非常事態が発生し、北海道から電気が
奪われるという事態となりました。

そんな中、北海道のみで展開されていて、
まろん自身、北海道に行くたびに
お世話になっているセイコーマートという
コンビニエンスストアでは、
自動車から電源を供給させることで、
店舗での営業を継続させていたという
情報に接したため、以下のような検索をして、
調べてみたところ、事実だったようです。

検索方法はこちら

店舗の方々は、自らも被災しながら対応されたため、
甚大なご苦労だったようですが、
多くの人々の賛同と共感と感謝を受けていたようで、
まさに見事としかいいようがありません。

東日本大震災をはじめて、北海道でもたびたび
大災害にさらされ、甚大な被害を受けてきた中で
予め自動車のバッテリで店舗が
稼動できるような仕組みを構築し、
その方法をしっかりとマニュアル化していたという
危機管理、予防管理、減災の姿勢と、その観点、
そして何よりも実行できた、ということは
秀逸なことであると思います。

阪神・淡路大震災のときには、とあるコンビニで
停電の中無償で商品を配っていたという話や、
今回の北海道胆振東部地震の際、札幌の風俗店で
お風呂の無償開放がされたという話など、
災害の中にあって、心冷える気持ちになる中で
こういう心温まる話には、非常に感動や感激を
してしまいますが、そこに留まることなく、
コンビニに限らず、より多くのお店で、
こういう危機管理、予防管理、減災の取り組みが
進んでほしいものだと思います。

我が国が災害大国であるという認識が
もしかしたらまだまだ必要なのかもしれません。
posted by まろん at 12:27| 東京 🌁| Comment(0) | 北海道胆振東部地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表の世界が制するか、裏の世界が制するか、、、

まろんブログではあまり政治的な記事は
書かないのですが、今月は主要な選挙が
あることから、ちょっと書いてみようと思います。

さて、その主要な選挙というのは
9/20に実施される、もはや消化試合となっている
自由民主党総裁選
もうひとつは昨年47都道府県踏破を達成した
最後の都道府県となった沖縄県知事選挙

前者については先月末の記事で書いたことが
ほぼすべてですが、その対抗馬となっている候補は
そのときからまた拍車をかけて、
惨めな存在へと転落していっているようで、
どれだけ自らを冷静に、客観的に、俯瞰して
見れていないかの典型例ともいえます。

ただ、こういう政治家が、他国からの過大な
干渉がある中で、戦後の我が国の負の側面を
作り出してきたのであって、
それが現代に至り、ようやく転換しつつ
あるというのは、「希望」ともいえるのかも
しれません。
こういう存在はしっかりと淘汰し、
本来歩むべき正道、王道を歩むことが
何よりも重要であり、かつ必須でもあります。

一方で後者の沖縄県知事選挙は、
沖縄県内での与党(革新系)としては
前知事の死去に伴う後継者選択および、
弔い合戦的な戦いとイメージが作りだし、
野党(保守系)としては、保守政権の奪還を
目指した戦いということになっています。

沖縄県知事選挙については、両陣営とも、
候補者の選定に当たり、様々な紆余曲折がありました。

保守系は有力な候補者が辞退したことによって
保守一本化に成功しましたが、
革新系はもはや治外法権化している
過激派の圧力によって、
辺野古への普天間基地移設の承認を
撤回したことによるごたごたや、
昔は有力だったものの今は惨め過ぎる存在へと
落ちぶれてしまった有力政治家の介入、
前県知事の後継指名の不明瞭ないきさつ、
自称「オール沖縄」内の対立などにより、
候補者の一本化には相当ないきさつがあったようです。

まあ、革新系のこういういきさつというのは、
戦後の学生運動、連合赤軍、共産党などの
左翼思想、朝鮮思想、反日思想に染まった
人々の間ではよくある話なので、
それほどびっくりしませんが、
最終的に候補者になった人物が、
有名人ということで、簡単に保守系が勝てる
という状況にもなっていません。


かつて選挙といえば、新聞、テレビ、雑誌などの
表の世界の情報を元に、ある意味ではそれだけを
元ネタにして、判断せざるを得ませんでした。

そのため例えば表の世界で行われている
様々なからくりがある世論調査、その結果などを踏まえて、
選挙の帰趨が決まってしまうことも多々ありました。

まろん自身、2009年の民主党政権が誕生したときは
当時の自由民主党は今以上に腐りきっていたという
根本的な事情があったものの、
表の世界で煽動的に湧き上がっていた現状打開と
その期待感に期待をこめて、
民主党に1票を投じたことがありました。

しかし、当時のまろんがかすかなに接ししていた
裏の世界の情報では、民主党が選挙の
キャッチフレーズとしていたことが、
すべてまったく裏づけのないことが
語られていましたが、まろんはそれを
軽視してしまっていました。

そのときから10年近くが経過し、裏の世界の情報は、
その根拠に至るまで、しっかりと調べることができ、
その信頼性も格段に向上しているのが実情です。

というよりは裏の世界の情報を適切に取捨選択すれば、
我々がかつて絶対にたどり着けなかった「真実」が
自らの手中に収めることができるようになってきているのです。

一方で既得権益にあぐらをかき、裏の世界の存在を
軽視し続けた表の世界では、その存在感を失い、
業界の斜陽化も加速し、取材力も失い、
取材さえしない情報、捏造と虚偽に満ちた情報だけを
たらし続け、「真実」を報じることさえ放棄してしまいました。

その上、表の世界でもたらされる情報は、常に監視され、
精査され、誤りやごまかし、嘘、捏造、虚偽は
またたくまに暴かれ、裏の世界で蔓延して、
糾弾され、表の世界はますます加速して喪失しつつあるのです

現政権が表の世界で、あれだけの捏造と虚偽の報道を
1年半にもわかる無駄な時間をかけて、
実施したにもかかわらず、支持率を維持しているのは、
まさにこういう裏の世界の存在があったからであり、
裏の世界が表の世界を凌駕し、
「真実」を導き出せる存在になったからことの
まさに証左となっているのです。


さて、今回の2つの選挙戦
自由民主党総裁選と沖縄県知事選挙は
まさにこの裏の世界と表の世界の戦いであり、
「真実」に近い裏の世界の情報に近い人が
多く投票するか、
虚偽、捏造の情報に近い表の世界の情報に
近い人が多く投票するか、
そのどちらかによって結果が左右される
選挙になっているともいえます。

そして、この傾向は今後すべての選挙において、
引き続いていくことでしょう。
ちなみに、既にこの傾向は沖縄県下の
ここ2年ほどの選挙でも現れはじめています。

いずれの選挙も我が国のこれからを左右する
ことになっていきますので、我がごとのように
注目しています。
posted by まろん at 00:26| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

ついに復活、、、

昨日の記事に書いたとおり
今日から土日祝日恒例のトレーニングを
再会しました。

前回最後にトレーニングをしたのが、
8/15だったため、ちょうど1ヶ月ぶりの
再会、復活となりました。

大学生のとき、いずれバセドウ病と発覚する
体調の異状により、最大1年程度トレーニングを
中止していたことがありますが、
昨年10月に沖縄に行く前、右足親指の激痛で
1ヶ月程度トレーニングを中止したことに
引き続いての長期中止でした

これだけ長期間トレーニングができないと、
トレーニングができたことの喜び、
トレーニングができることの喜び、
自由に走れたり、鍛えられたりすることの喜び、
というものを感じてしまいます。

正直夏季休暇前は、メニューが過酷なこともあり、
トレーニングすることに少々疲れ?みたいなものを
感じていましたが、この休止期間のおかげで、
改めてトレーニングの楽しさや喜びを
感じることができたので、
まあ、結果的にはいい休止期間だったと
いえるのかもしれません。

ちなみに当然のことながら今日はフルメニューの
半分程度で、今のところ身体に異状はないようです。

とりあえず、ここまでに行き着いたことで、
ほっとしている、というところでしょうか。
posted by まろん at 21:55| 東京 ☁| Comment(0) | 習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

今年の秋刀魚は美味しい、、、

甚大な被害をもたらした台風21号が去った後、
いよいよ本格的な秋へと突入したようで、
朝晩はかなり涼しくなりましたし、
昼間も大人しくしていれば、それほど
汗をかくようなこともなくなってきました。

さて、秋といえば食欲の秋、
そして、名前に秋がつく魚の秋刀魚です。

ところで、我が国の水産業は、
巨大な海の資源に恵まれているという
漠然とした安心感を背景に、
戦後の大量消費時代にできあがってしまい、
その後連綿と続いている体質、既得権から
全く抜け出すことができず、
過剰な水揚げによる過剰供給、
過剰な店頭への陳列、
そして売れ残りによる過剰廃棄という
負の連鎖を止めることができない状態が
続いており、近隣諸国を含めた諸外国と
比較しても、群を抜いて漁獲量が
減ってきているという事実があります。

この漁獲量が減ってきているというのは、
消費にあわせて減らしている、とか、
水産業の担い手が少なくなったので減っているとか、
そういうことではなく、
漁獲できる物理的な量が減ってきていると
いうことであって、
我が国の食産業と密接に関わる重大かつ
緊急性がある問題でもあります。

昨年などはあまりにも漁獲量が維持できないため、
稚魚の段階のまぐろや、さば、秋刀魚なども
漁獲していたという、深刻な事態にまで発展し、
その上そんな稚魚までも取ってしまったので、
今年はもっと漁獲量が減っているということに
つながってしまっています。

そのため、遅ればせながら我が国においても、
有識者や、危機感を抱いた方々の尽力により、
徐々に対策が立てられはじめているようですが、
民間企業を含めた既得権の抵抗などもあって、
なかなか先に進んでいかない状況のようです。

国家全体、「過去」→「現在」→「未来」を
冷静、客観的、俯瞰的に捉え、考えた上で、
変化を恐れず、または変化によって生じる
様々な可能性を想定した上で、
適切な改善、改良ができないという、
国民性がこういうところにも如実に
あらわれてしまっています。

もちろん、対応策のメインとしては、
稚魚を適切に成長させるために、
一定期間ルールを決めて漁獲をしない、
ということになるのですが、
そうなると消費者側というよりは、
生産者側の生活の糧が一定期間なくなってしまうわけで、
当然のことながら、大きな抵抗になってしまいます。

ただ、今それをしなければ、二度と永久に
生活の糧を得ることができないのであって、
そのことを冷静に、客観的に向き合って、
対峙するしか他に方法はありません。

ちなみに、このような対策は隣国の韓国や
北欧諸国などでは既に実施済みで、
相当な改善と、経済的な収入増などにも
なっているようです。

さて、話が相当ずれてしまいましたが、
今日葛西駅近くのスーパーで今年初の
秋刀魚を買って、晩御飯に塩焼きにして、
食べましたが、これが昨年と比べると
雲泥の差というぐらい、脂ものっていて、
すごく美味しかったです。

昨年は大きさもこぶりで、脂ものっておらず、
ほとんど秋刀魚を食べなかったのですが、
今年は料理の選択肢に入れることができそうです。
晩御飯のメニューが増えるのは、
一人暮らしにとっては、うれしいことです(笑)
posted by まろん at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | 「まろん」の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに痛みから解放された休日、、、

9/15
先日の記事のとおり、帯状疱疹との戦いも
ほぼ終わりが見えてきた3連休初日のこの日

身体の内部の神経組織が冒されているのが
手に取るようにわかる耐え難い痛み、
それが治りかけてからのジンジンとした痛み、
そして初期段階と同様にぴりぴりとした痛み、
のいずれからもほぼ解放され、
今は時折かゆみがある程度にまで、
快復してきました

やはり身体に痛みなどといった違和感を感じる
生活というのは、気にしない、
気になっていないはずだとは思いつつも、
やはり意識しているし、気になっているようで、
それがなくなってきたというのは、
かなり解放感を感じます。

この病気に関しては再発ということは
なさそうなのですが、慎重に様子を見る意味で、
今日からはじめる予定だった土日祝日恒例の
トレーニングは、明日からはじめることにしました。

とはいえ、最初からフルメニューというわけには
いきませんので、徐々にペースをあげて、
ということになるかと思います。

ふ~、やっとここまできました、、、
posted by まろん at 18:45| 東京 ☔| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする